【比較】foodpanda(フードパンダ)はUber Eats(ウーバーイーツ)と何が違う?メリット・デメリット解説【配達員向け記事】

かたぴ

みなさんこんにちは。この記事を書いたかたぴです。現役でfoodpandaの配達ライダー(フードパンダの配達員)をやっております(累計配達回数は850回以上)

「foodpanda(フードパンダ)で配達を始めてみようか迷っている」
「foodpandaはUber Eatsと何が違うの?」
この記事ではこのような方の疑問にお答えします。

(注文者向けの比較記事は以下になります)


結論から言うと、Uber Eatsと比較したfoodpandaでの配達は報酬は高いが色々と難ありといったところです。

Uber Eatsもサクサク配達をこなしたり雨クエをクリアしたりすれば報酬はそれなりに美味しいのですが、やはり配達1件あたりの単価を比較するとUber Eatsはfoodpandaには到底勝てません。

ただ、報酬が高いとは言っても、foodpandaは誰にでもオススメできるフードデリバリーではありません。
かなり人を選ぶ仕事であることは間違いないです。

そこでこの記事では、Uber Eatsとfoodpandaの両方とも配達してきた自分が、Uber Eatsと比較した『foodpandaで配達するメリットとデメリット』を徹底的に解説します!

かなり長い記事になってしまい恐縮ですが、ぜひとも参考にしてもらえれば幸いです!

Uber Eatsと比較した、foodpandaで配達するメリット

まずはメリットから。
結論から書くと、以下の7点です。

  • 報酬が高すぎるくらいに高い
  • ピック時の距離料金も発生する
  • 鳴った時点でピックアップ先やドロップ先が分かる
  • 配達員の顔写真と名前は注文者に表示されない
  • 時給保証をやっている都市もある
  • 完全シフト制なので配達員の供給過多になる可能性は低い
  • 商品の準備ができたら通知をくれる店もある

ひとつひとつ見ていきましょう。

報酬が高すぎるくらいに高い

配達回数は少ないのに報酬が高い

上記画像はとある1週間の自分の配達の実績です。
詳細は以下の通り。

  • 2021年2月15日(月)〜2021年2月21日(日)の1週間のうち6日間稼働
  • 配達エリアは埼玉(2021年1月21日にサービス開始)
  • 配達車両には125ccの原付バイクを使用
  • 1週間の稼働時間は約30時間
  • 1週間の配達件数は66回
  • 1週間の報酬は79,585円
  • 報酬を稼働時間で割ると稼働1時間あたり2,670円
  • 報酬を配達件数で割ると配達1件あたり1,205円

純粋な配達単価だけを比較するとfoodpandaの配達単価はUber Eatsの2〜3倍くらいはあります。

Uber Eatsと比較したfoodpandaのメリット6点といいましたが、報酬がメリットの9割を占めていると言っても過言じゃないですね。

全然配達件数をこなしていないのに「もう10,000円いったの!?」みたいな。
Uber Eatsでの配達経験が多い人ほど驚くと思います。

かたぴ

ただ、明らかに報酬が高すぎるので、将来的に報酬が下がる未来は避けられません。世界各国のfoodpandaでも報酬が下がってますしね。お得に配達ができるのは報酬が高い最初のうちだけですよ。

ピック時の距離料金も発生する

foodpandaはピックアップに向かうときの走行距離も報酬に影響します。
そのため、ロングピックならそれだけ報酬も増えることに。

一方のUber Eatsはピックアップに向かうときの走行距離は報酬に影響しません。
Uber Eatsではロングピックになればなるほど損をするということになります。

Uber Eatsでロングピックだったら拒否する人が大半でしょうが、foodpandaだったらロングピックでも配達依頼を受けるメリットは十分にありますね。

鳴った時点でピックアップ先やドロップ先が分かる

ピック先とドロップ先を見た上で配達を担当するか決める

foodpandaは上記画像のように、鳴ったときの画面上にピックアップ先の店名とドロップ先の位置と住所が表示されています。

そのため、Uber Eatsのように鳴ったときのピンの位置でどの店なのかを見極める必要もないですし、ドロップ先がどの辺りになるのかを心配することもありません。

ピックアップ先の店名やドロップ先の方面を見て、嫌ならば拒否をすることもできますし。

かたぴ

Uber Eatsのようにドロップ先を見て「マジかよ…遠すぎ…」とガッカリすることもありません。

配達員の顔写真と名前は注文者に表示されない

foodpandaは注文用アプリから見たときに配達員の顔写真と名前が表示されません。

この点は特に女性の方が安心できるかもしれませんね。
Uber Eatsだと注文者の中には、配達員が女性と分かってスクショを撮って顔写真を保存したり、まれにお届け時にセクハラまがいの言動をする人もいるからです。

配達員もピンキリなので、顔写真が見えたほうが正直なところ注文者としては安心するのですが、この辺は難しいですね。

かたぴ

余談ですが、foodpandaにはUber Eatsのように評価のパーセンテージも無いので、低評価を恐れて必要以上に敏感になる必要もありません。

時給保証をやっている都市もある

foodpandaではキャンペーンとして時給保証もやっています(一部都市のみ)

時給保証の対象都市なら、どんなに鳴らなくても1時間あたり最低1,000円は保証してくれますよ。

ただし、時給保証を受けるためには、その日の応答率が90%以上である必要があります。

応答率とは、鳴りに対してどのくらい配達を完了したかの割合のこと。
例えばその日に10回鳴って2件拒否(8件は配達完了)した場合は応答率は80%となります。

Uber Eatsだと鳴らなきゃ0円なので、その点は安心できる要素がありますよね。

かたぴ

ただ、先ほどの高すぎる報酬ということもあってちょっと配達するだけで時給保証の金額を超えてしまうので、foodpandaが始まったばかりの都市でもない限り現実的には時給保証にお世話になる機会はなかなか無いかもしれません。

完全シフト制なので配達員の供給過多になる可能性は低い

foodpandaの配達員の仕事は完全シフト制です。
つまり、シフトを入れていないと一切稼働することができません。

これは言い換えると、その時間帯は決まった人数しか稼働できないということになります。

Uber Eatsは好きな時間に稼働できるので、配達員が街にあふれると注文の取り合いになってしまうため、配達員一人あたりの鳴りが減ってしまう恐れがあります。

かたぴ

foodpandaであれば配達員が過剰に街にあふれることはありません。

商品の準備ができたら通知をくれる店もある

foodpandaでは商品の準備ができたら飲食店が配達員に通知する仕組みがあります。

車両の盗難や駐禁を切られるリスクがあるような店へのピックアップの場合、ギリギリまで店の外で待機できるので重宝するんですよね。

ただ、foodpandaの周知が足りないからなのか、通知してくれない飲食店のほうがまだまだ多いという。
そのため、この店は通知してくれるけど、この店は通知してくれないから自分で確認するみたいに、配達経験が物を言う状態になってしまっています。

かたぴ

もしこの記事をfoodpandaの加盟店の方が見ていたらぜひ準備完了操作をお願いします…!
スポンサーリンク

Uber Eatsと比較した、foodpandaで配達するデメリット

次に、デメリットを解説していきます。
こちらも結論から書くと以下の9点です。

  • 時間的自由さは失われる
  • 店での待ち時間が長い
  • 配達アプリが使いづらい
  • 休業してる店が鳴ることがある
  • 鳴りを拒否できるが拒否しづらい
  • 現金払いの配達は任意ではなく必須
  • 軽貨物での配達はできない
  • チップ機能がない
  • 全体的にイライラする要素が多い

ひとつひとつ見ていきましょう。

時間的自由さは失われる

Uber Eatsみたいに好きな時間にオンラインにして好きな時間にオフラインにするといった時間的自由な働き方はfoodpandaではできません。

繰り返しになりますが、foodpandaの仕事は完全シフト制です。
事前にシフトを入れないと一切稼働できません。

稼働がどうしても難しくなった場合はシフトを交換に出しましょう。
他の配達員の誰かが引き取ってくれればその時間帯は稼働しなくて良くなります(ペナルティーもありません)

ただし、シフトの引き取り手が最後まで現れなかった場合は、責任を持って稼働しないといけません。
どうしても稼働できない場合は欠勤となり、みなさんのアカウントに傷が付きます。

欠勤を繰り返すとアカウント停止になってしまうかも・・・?
安易にシフトを入れまくるのは禁物です。

かたぴ

気楽に仕事したい人にはfoodpandaは間違いなく向きません。

店での待ち時間が長い

Uber Eatsでも店で待たされることは度々ありますが、foodpandaだと更に待たされる傾向にあります。

foodpandaで待たされがちな理由は以下の2点。

  • 店が商品ごとに調理時間が設定できない
  • 飲食店へ注文が入ったタイミングで配達員にも配達リクエストが入ってしまう

こういった仕様なので店もfoodpandaのシステムには困っているとのこと。
くれぐれも、待たされても店を責めないように。

鳴ってからすぐに向かったのではまず待たされます。
経験上、foodpandaでは待たされない店のほうが珍しいと思ってください。

配達員としてはピックアップに向かい始める時間を調整したり、読書などで待ち時間を有意義に過ごしたりなどして、工夫する必要があります。

かたぴ

時間通りに商品が出てくると「おおっ!」って感動してしまうレベル。

配達アプリが使いづらい

Uber Eatsと比較するとfoodpandaのほうが配達アプリが使いづらいです。

以下の二つが特にツラいですね。
それぞれ解説します。

  • メッセージを返信しないとチャット画面を閉じれない
  • 地図がオートスケールしない

メッセージを返信しないとチャット画面を閉じれない

返信しないとエラー画面が出る

まず、お客さん(注文者)からメッセージが届くと、強制的にチャット画面が開くだけでなく、何かしら返信しない限りチャット画面を閉じれなくなります。

チャット画面が閉じれないと、お届け先の住所や地図が見られなくなってしまうんですよ。
走っているときにメッセージが来たら、一度立ち止まって返信しないとお届け先が分からなくなってしまいます。

お客さんから「ありがとうございます」「よろしくお願いします」など、それ以上やり取りは不要な一言だけのメッセージが来たときですら返信が必要です。

実際にやってみると結構イライラすると思います。
「なぜこんな仕様にしたんだ?」って思うこと間違いなし。

地図がオートスケールしない

Uber Eatsだとピックアップ先やドロップ先との距離に応じて地図がオートスケール(自動で拡大縮小)しますが、foodpandaだと地図がオートスケールされません。

例えばロングピックやロングドロップだと地図がかなり縮小されてる状態から走り出すので、ピックアップ先やドロップ先に近づいたときにそのままの縮尺では詳細な位置が分かりません。

そのため、ピックアップ先やドロップ先に近づく度に、手動で現在地ボタンを押して地図の縮尺を更新する必要があります。
これが非常に面倒なんですよね。

かたぴ

アプリの使いやすさに関してはUber Eatsがダントツで一番だと思います。

休業してる店が鳴ることがある

店が休業中なのでサポートに連絡中

にわかに信じられないことですが、foodpandaではまれに休業中(営業時間外)の店が鳴ってしまうことがあります。

休業中なので当然ピックアップに向かっても商品は受け取れないので配達できません。
到着後にサポートに休業していると連絡すると注文自体がキャンセルになります。

店に到着していればキャンセルになってもピックアップ時の距離料金だけはもらえますが、向かい損であることに変わりはないので「せっかく来たのに!なんだよ!」って思うこと間違いなし。

一方のUber Eatsで休業している店が鳴ってしまうのは、年末年始といった通常と営業時間が異なる日に店が営業時間の設定変更し忘れたときくらいで、通常であればまず起こりません。

かたぴ

何より注文したお客さんが可哀想ですよね。お腹をすかせて心待ちにしていたのに店が休業でキャンセルされたなんて笑えません。信用を失っていることをfoodpandaは認識しているのでしょうか?

鳴りを拒否できるが拒否しづらい

foodpandaも鳴ったときに行きたくない店だったら拒否することはできるのですが、拒否すると承諾率(応答率)が下がり、ランクが下がってしまいます。
そのため、拒否はできるけど拒否しづらいというのが率直なところ。

foodpandaでは配達員一人ひとりにランク制が導入されており、上位ランクほど次週に恩恵が受けられる仕組みです。

もし最上位ランクであるランク1を狙おうと思ったら拒否なんてできたもんじゃありません。
一度でも拒否したら次週のランク1は無理です。

現金払いの配達は任意ではなく必須

現金払いのお客さんだったときの画面

Uber Eatsでの現金払いの配達は任意でしたが、foodpandaでは必須となります。

Uber Eatsでいつも現金払いの配達をやっている人はfoodpandaでも難なくできるでしょう。
現金ケースも特に指定はないので、Uber Eatsと同じものをそのまま使えます。

逆に、Uber Eatsで現金払いの配達をいつもオフにしていた人は大変。
現金払いの配達は絶対にやらないと決めている人はfoodpandaでの配達はできません。

ちなみに、foodpandaではUber Eatsのように現金払いのリクエストを受け付けるのON/OFF切り替えボタンがないので、お釣りが切れてしまったら配達中だろうが補充しないといけません。

かたぴ

Uber Eatsで現金払いの配達に慣れてからfoodpandaでやってみるのも悪くないですよ。

軽貨物での配達はできない

札幌の冬季限定を除き、foodpandaでは軽貨物での配達は一切認められていません。

そのため、Uber Eatsの配達を軽貨物でやっている人は、以下の車両のいずれかを用意しないとfoodpandaでは配達できません。

  • 自転車
  • 125cc以下の原付バイク
  • 緑ナンバーのバイク

雨の日や寒い日は軽貨物での恩恵が大きいだけに、ひとつ残念なポイントになります。

かたぴ

該当する人はかなり限られるとは思いますが、軽貨物の方は要注意。

チップ機能がない

foodpandaにはUber Eatsとは違ってチップ機能がありません。

Uber Eatsもチップ機能はコロナ以前まではなかったんですよ。
もはや当たり前になった感もありますけどね。

Uber Eatsでの経験上、現金払いのときに現金でチップをいただくことがあるので、foodpandaでのチップは現金払いの配達に期待しましょう。

かたぴ

まぁ報酬が高いので、チップがなくてもUber Eatsよりはもらえているとは思いますけどね(笑)

全体的にイライラする要素が多い

ここまで挙げてきた通りfoodpandaというのは、待ち時間が長かったり、使いづらいアプリだったり、休業してる店が鳴ったりと、問題が多々あります。

「メンタルが不安定な人や、怒りっぽい人にfoodpandaはオススメできないなぁ」というのが率直なところ。

「foodpandaの報酬はイライラの対価」と言う人がいるのもうなづけてしまいます。

イライラしたあまり無茶な運転をして、事故に遭ったり事故を起こしたりしたのでは話になりません。

かたぴ

イライラしたとしても冷静になって自分を自分でコントロールできる人じゃないとfoodpandaでの配達は務まらないでしょう。

まとめ

Uber Eatsと比較した、foodpandaで配達するメリット・デメリット
  • メリット
    • 報酬が高すぎるくらいに高い
    • ピック時の距離料金も発生する
    • 鳴った時点でピックアップ先やドロップ先が分かる
    • 配達員の顔写真と名前は注文者に表示されない
    • 時給保証をやっている都市もある
    • 完全シフト制なので配達員の供給過多になる可能性は低い
    • 商品の準備ができたら通知をくれる店もある
  • デメリット
    • 時間的自由さは失われる
    • 店での待ち時間が長い
    • 配達アプリが使いづらい
    • 休業してる店が鳴ることがある
    • 鳴りを拒否できるが拒否しづらい
    • 現金払いの配達は任意ではなく必須
    • 軽貨物での配達はできない
    • チップ機能がない
    • 全体的にイライラする要素が多い

以上、Uber Eatsとfoodpandaの両方の配達を経験してきた自分が思う、Uber Eatsと比較したfoodpandaのメリット・デメリットでした。

正直なところ誰にでもオススメできるようなフードデリバリーではありません。
報酬のために色々なものを犠牲にしてしまう感があるので。

また、報酬も高すぎるので、いずれ報酬が下がることは間違いありません。
投資フェーズだから金額が高いだけで、今の金額のままでは運営は大赤字です。

ちなみに先日Twitterでアンケートを取ってみましたが、もしfoodpandaの報酬が競合他社と同じまで下がったら、大半の配達員は辞めてしまいそうな傾向が見て取れました。

それくらい報酬だけのためのフードデリバリーになってしまっているとも言えます。
本当にそれでいいのかfoodpandaよ…

そのため、報酬が高い最初のうちだけ稼働して、競合他社と同じくらいの水準まで報酬が下がってきたら他社に移るというのが現実的で賢いやり方な気がしますね。

かたぴ

報酬が下がるまでに報酬以外で他社を超えるようなサービスに進化すれば話は別ですが…どうなることやら。高い報酬という甘い蜜を吸いたいならどうぞお早めに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA