【Uber Eats】今までの出前とどう違う?大きな三つの違いとは【現役配達パートナーが解説】

2021年9月27日(月) 当サイト限定の最新クーポン掲載中!

まだ一度もUber Eats で注文したことがない方限定!
下記のプロモーションコードをUber Eats のアプリ上で入力いただくと、1,500円以上の注文が1,800円引きになります!

今すぐお得に使えるプロモーションコード
eats-hgikhh

通常は1,200円引きなのですが、只今増額キャンペーン開催中につき1,800円引きに!

大幅値引きでUber Eats の注文を試せるチャンスです!
このチャンスをお見逃しなく!😄

プロモーションコードの入力方法は下記の記事にて画像つきで解説しているので、ぜひ参考にしてくださいね。


かたぴ

みなさんこんにちは。この記事を書いたかたぴです。現役でUber Eatsの配達パートナー(ウーバーイーツの配達員)をやっており、プライベートでもUber Eatsで500回以上の注文経験があります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)とは、2016年に日本でも始まった、アメリカ発のフードデリバリーサービスです。

スマホのアプリ上で簡単にいろいろな飲食店の料理やドリンクやデザートが注文できて、自宅や会社などに配達してもらえちゃうんです。

そんなUber Eatsが既存の出前とどう違うのか?
結論から言うと、大きな違いは3個あります。

そこでこの記事では、Uber Eatsの現役の配達パートナーである自分が、どんな違いがあるのか解説します。

違い①お店の店員ではなく一般人が配達しに来る

これはUber Eatsならではの最大の特徴。

Uber Eatsでは、今までの出前のように、注文したお店の店員が配達に来てくれるのではありません。

配達しに行くのは配達パートナーと呼ばれる一般人(厳密に言えば、店から業務委託を受けた人)なんです。

配達パートナーはお店の店員でもなければUberの従業員でもありません。
そのため、配達パートナーには以下のような特徴があります。

  • 注文したお店の商品について詳しいわけではない
  • 注文したお店に行っても配達パートナーは居ない
  • お店が用意した商品を注文者のところにただ運ぶだけの存在
  • 特に配達や接客の教育を受けてるわけではないので、人によって配達スキルはまちまち
  • 配達の最低限のルールはあるものの、モラルは異なるので当たりハズレがある

かたぴ

Uber Eatsは今流行りのシェアリング・エコノミーを活用したサービスです。
「いろいろな飲食店で配達員をシェアしよう」という考えによってサービスが成り立っているというわけですね。
スポンサーリンク

違い②ひとつのアプリだけでたくさんの飲食店から注文できる

スマホも普及し、昔のように電話せずともスマホ上のアプリだけで注文できるよう出前も進化してきました。

それでもほとんどの出前のサービスは、ひとつのアプリにつき注文できる飲食店はひとつのみ。

ピザのデリバリーなんかまさにそうですよね。
例えばドミノ・ピザのアプリならドミノ・ピザだけ、ピザハットのアプリならピザハットだけしか注文できません。

つまり、いろいろな店で注文したければ、それだけたくさんのアプリをインストールしておかないといけません。
たくさんアプリを入れたらスマホの容量も喰ってしまいます。

その点Uber Eatsはアプリ1個だけでたくさんの飲食店から注文できます。
チェーン店はもちろん、小規模な個人経営の飲食店まで。

かたぴ

アプリが1個だけで完結するからこそ、会員登録・お届け先の住所の入力・支払い情報(クレカなど)の入力も一度で済むというメリットも。

違い③最低注文金額がない

出前のサービスの多くは最低注文金額というのがあります。
例えば、1,500円以上じゃないと配達してくれない、のように。

その点、Uber Eatsは最低注文金額がありません。
マックのハンバーガー1個だけでもポテト1個だけでも配達してもらえます(もちろん配送手数料は別にかかりますが)

最低注文金額がない良さって一人でも気軽に注文できるようになることだと思うんです。

Uber Eats以外の出前で最低注文金額を満たそうと思ったら、
「こんなに一人じゃ食べ切れない!」
「配達してもらいたいけど一食にそんな金額をかけたくない!」
ってことがあるかもしれませんし。

かたぴ

小腹がすいたので何か軽く食べたい、だけど外には出たくないし何か作る気力もない、そんなときにUber Eatsは便利です。
スポンサーリンク

まとめ

  • お店の店員ではなく一般人が配達しに来る
  • ひとつのアプリだけでたくさんの飲食店から注文できる
  • 最低注文金額がない

以上、今までの出前とUber Eats(ウーバーイーツ)の違いについて解説してきました。

Uber Eatsを利用すると、1品から気軽に料理・ドリンク・デザートを指定した場所まで配達してくれます。
テクノロジーを活用した新しい形のフードデリバリーサービスです。

飲食店まで行く手間や料理を作る手間を減らし、浮いた時間を有効に活用しちゃいましょう!


2021年9月27日(月) 当サイト限定の最新クーポン掲載中!

まだ一度もUber Eats で注文したことがない方限定!
下記のプロモーションコードをUber Eats のアプリ上で入力いただくと、1,500円以上の注文が1,800円引きになります!

今すぐお得に使えるプロモーションコード
eats-hgikhh

通常は1,200円引きなのですが、只今増額キャンペーン開催中につき1,800円引きに!

大幅値引きでUber Eats の注文を試せるチャンスです!
このチャンスをお見逃しなく!😄

プロモーションコードの入力方法は下記の記事にて画像つきで解説しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA