【Woltの報酬解説】距離料金とは?ピック料金とドロップ料金がある

当サイト限定 紹介者コード掲載中
2022年5月18日(水)更新
8MVTQ
コードをコピーする
  

Woltの配達員の方でも、上記コードをWoltの配達員登録時に入力いただくと注文が3回まで600円引き(計1800円引き)になります!(初めて注文される方に限る)

入力前に一度でも注文してしまうと上記コードは使えなくなってしまうため、少しでも損しないよう入力はお忘れなく!

かたぴ
みなさんこんにちは、かたぴです。現役でWoltの配達パートナー(ウォルトの配達員)をやっております(累計配達回数は1380回以上

「Woltの報酬の距離料金って何?」
「自分の配達エリアの距離料金は今いくら?」

こんな悩みをお持ちではありませんか?

Woltの距離料金とはWoltの配達報酬のひとつであり、以下の特徴があります。

  • 配達1件の報酬=基本料金+距離料金
  • 距離料金=ピック料金+ドロップ料金
  • ピック料金とは現在地から店までの距離に応じて発生する報酬のこと
  • ドロップ料金とは店からお届け先までの距離に応じて発生する報酬のこと
  • ピック料金とドロップ料金は実走行距離ではなく直線距離で算出される
  • ピック料金やドロップ料金はみなさんが配達するエリアによって異なる

要するに配達で走れば走るほど報酬が高くなるって感じです。

各都市の距離料金一覧

2022年5月16日現在のWoltの都市別の距離料金(ピック料金とドロップ料金)は以下の通りです。

ピック料金一覧

都道府県 都市 ピック料金
北海道 札幌 ピック距離が最初の1,000m以降、100mごとに10円加算(最大5kmまで)
旭川 なし
函館 なし
帯広 なし
千歳恵庭 なし
青森県 青森 なし
八戸 なし
弘前 なし
秋田県 秋田 なし
山形県 山形 なし
岩手県 盛岡 ピック距離が最初の1,000m以降、100mごとに10円加算(最大5kmまで)
宮城県 仙台 なし
福島県 福島 なし
郡山 なし
いわき なし
東京都 東京 ピック距離が最初の1,000m以降、100mごとに10円加算(最大5kmまで)
神奈川県 川崎 ピック距離が最初の100m以降、100mごとに10円加算(最大5kmまで)
横浜 ピック距離が最初の100m以降、100mごとに10円加算(最大5kmまで)
湘南 ピック距離が最初の1,000m以降、100mごとに20円加算(最大5kmまで)
新潟県 新潟 なし
長岡 ピック距離が最初の100m以降100mごとに10円(最大4kmまで)
静岡県 静岡 なし
浜松 なし
愛知県 名古屋 ピック距離が最初の100m以降、100mごとに10円加算(最大5kmまで)
大阪府 大阪 ピック距離が最初の100m以降、100mごとに10円加算(最大5kmまで)
岡山県 岡山 ピック距離が最初の100m以降、100mごとに10円加算(最大5kmまで)
倉敷 ピック距離が最初の100m以降100mごとに10円(最大4kmまで)
広島県 広島 なし
なし
徳島県 徳島 ピック距離が最初の100m以降100mごとに10円(最大4kmまで)
香川県 高松 ピック距離が最初の100m以降、100mごとに10円加算(最大5kmまで)
愛媛県 松山 なし
福岡県 福岡 ピック距離が最初の100m以降、100mごとに10円加算(最大5kmまで)
北九州 ピック距離が最初の100m以降、100mごとに10円加算(最大5kmまで)
熊本県 熊本 ピック距離が最初の100m以降、100mごとに10円加算(最大5kmまで)
宮崎県 宮崎 なし
鹿児島県 鹿児島 なし
沖縄県 沖縄 なし

ドロップ料金一覧

都道府県 都市 ドロップ料金
北海道 札幌 ドロップ距離が最初の100m以降、100mごとに10円加算
旭川 ドロップ距離が最初の100m以降、100mごとに10円加算
函館 ドロップ距離が最初の100m以降、100mごとに10円加算
帯広 ドロップ距離が最初の100m以降、100mごとに10円加算
千歳恵庭 ドロップ距離が最初の100m以降、100mごとに10円加算
青森県 青森 ドロップ距離が最初の100m以降、100mごとに10円加算
八戸 ドロップ距離が最初の100m以降、100mごとに10円加算
弘前 ドロップ距離が最初の100m以降、100mごとに10円加算
秋田県 秋田 ドロップ距離が最初の100m以降、100mごとに10円加算
山形県 山形 ドロップ距離が最初の100m以降、100mごとに10円加算
岩手県 盛岡 ドロップ距離が最初の100m以降、100mごとに10円加算
宮城県 仙台 ドロップ距離が最初の100m以降、100mごとに10円加算
福島県 福島 ドロップ距離が最初の100m以降、100mごとに10円加算
郡山 ドロップ距離が最初の100m以降、100mごとに10円加算
いわき なし
東京都 東京 ドロップ距離が最初の100m以降、100mごとに10円加算
神奈川県 川崎 ドロップ距離が最初の100m以降、100mごとに10円加算
横浜 ドロップ距離が最初の100m以降、100mごとに10円加算
湘南 ドロップ距離が最初の100m以降、100mごとに10円加算
新潟県 新潟 ドロップ距離が最初の100m以降、100mごとに10円加算
長岡 ドロップ距離が最初の100m以降、100mごとに10円加算
静岡県 静岡 なし
浜松 なし
愛知県 名古屋 ドロップ距離が最初の100m以降、100mごとに10円加算
大阪府 大阪 ドロップ距離が最初の100m以降、100mごとに10円加算
岡山県 岡山 ドロップ距離が最初の100m以降、100mごとに10円加算
倉敷 ドロップ距離が最初の100m以降、100mごとに10円加算
広島県 広島 ドロップ距離が最初の100m以降、100mごとに10円加算
ドロップ距離が最初の100m以降、100mごとに10円加算
徳島県 徳島 ドロップ距離が最初の100m以降、100mごとに10円加算
香川県 高松 ドロップ距離が最初の100m以降、100mごとに10円加算
愛媛県 松山 ドロップ距離が最初の100m以降、100mごとに10円加算
福岡県 福岡 ドロップ距離が最初の100m以降、100mごとに10円加算
北九州 ドロップ距離が最初の100m以降、100mごとに10円加算
熊本県 熊本 ドロップ距離が最初の100m以降、100mごとに10円加算
宮崎県 宮崎 ドロップ距離が最初の100m以降、100mごとに10円加算
鹿児島県 鹿児島 ドロップ距離が最初の100m以降、100mごとに10円加算
沖縄県 沖縄 ドロップ距離が最初の100m以降、100mごとに10円加算
かたぴ
ピック料金とドロップ料金の表はWoltから新たに発表があり次第、随時更新しています。

距離料金の例

以下の条件の都市であると仮定し、Woltのピック料金とドロップ料金の例をそれぞれ示します。

  • ピック距離が最初の1,000m以降、100mごとに10円加算
  • ドロップ距離が最初の100m以降、100mごとに10円加算

ピック料金の例

例1: 現在地から店までの直線距離が1,050m

ピック料金は10円になります。

例2: 現在地から店までの直線距離2,420m

ピック料金は150円になります。

例3: 現在地から店までの直線距離が800m

1,000m未満なのでピック料金は出ません。

ドロップ料金の例

例1: 店からお届け先までの直線距離が1,920m

ドロップ料金は190円になります。

例2: 店からお届け先までの直線距離が3,680m

ドロップ料金は360円になります。

例3: 店からお届け先までの直線距離が70m

100m未満なのでドロップ料金は出ません。

かたぴ
繰り返しになりますが、Woltは直線距離でピック料金とドロップ料金が算出されます。

距離料金の特徴

Woltの距離料金の特徴は以下の通りです。

  • 距離は直線距離で算出される
  • ピック料金はまだ一部都市限定である
  • 長距離の同時配達だと距離料金が美味しい

以下でひとつひとつ見ていきましょう。

距離は直線距離で算出される

Woltのピック料金やドロップ料金の元となる距離は実走行距離ではなく直線距離で算出されます。

これ、結構重要ですよ。

直線距離ということはどんな道を走っても距離料金は同じということになります(店とお届け先の位置が決まっている以上、直線距離は一意に決まるため)

そのため、ルート次第では直線距離に対して実走行距離がだいぶ長くなることも?

うねうねした道だったり、大きく回り道しなければいけなかったりするほど、算出された距離よりもだいぶ長い距離を走ることになりますから。

ピック料金はまだ一部都市限定である

先ほどのピック料金の表を見て「ピック料金なんてほとんど設定されていないじゃないか!」と思った方もいることでしょう。

というのも、ピック料金って2021年の終わり頃に始まったばかりなんですよね。

Woltが日本で始まって長らく距離料金はドロップ料金だけだったんです。

ただ、配達員からロングピックに対する不満の声が増えてきたので一部都市で試験的にピック料金が導入されたという経緯があります。

ピック料金が導入されていないエリアでは、残念ながらどんなに遠くの店まで商品を取りに行っても報酬には反映されません。

走らされ損にならないためにもなるべく近い店に取りに行くのがオススメ。

今後報酬が改定されればみなさんがお住まいのエリアでもピック料金が導入されるかもしれないので期待して待ちましょう!

長距離の同時配達だと距離料金が美味しい

P=ピックアップ先、D=ドロップ先

Woltで大きく稼ぐには長距離の配達を2件以上同時に行うことです。

ここでは日本国内のフードデリバリーの王者的存在であるUber Eats(ウーバーイーツ)と距離料金の仕組みの違いを見ていきましょう。

Uber Eatsの距離料金は実走行距離で計算されるので、ダブル(2件同時配達)の場合は『P→D1』と『D1→D2』の走行距離の合算が距離料金の対象になります。

一方のWoltは同時配達だろうとそれぞれのP→Dの直線距離がドロップ料金としてカウントされる仕組みです。

つまり、Woltのダブルの場合は『P→D1』と『P→D2』の直線距離がドロップ料金の対象となるわけです。

これが非常に美味しいんですよね!

上記はダブルの場合の例ですが、トリプル(3件同時)やクアドラプル(4件同時)の配達の場合も同様です。

トリプルやクアドラプルで全部長距離だったときには…ワクワクが止まりません。

かたぴ
まぁ同時配達になるかどうかは運次第なので必ずしも毎回同時配達できるわけじゃないんですけどね。同時配達が引けたときはラッキー!

まとめ

Woltの距離料金とは配達報酬のひとつであり、以下の特徴があります。

  • 配達1件の報酬=基本料金+距離料金
  • 距離料金=ピック料金+ドロップ料金
  • ピック料金とは現在地から店までの距離に応じて発生する報酬のこと
  • ドロップ料金とは店からお届け先までの距離に応じて発生する報酬のこと
  • ピック料金とドロップ料金は実走行距離ではなく直線距離で算出される
  • ピック料金やドロップ料金はみなさんが配達するエリアによって異なる

すべての配達において距離料金が直線距離でカウントされるという仕様上、長距離の配達も割り振られるバイクと軽貨物は報酬面でも有利と言えるでしょう。

Woltの報酬は基本料金と距離料金を積み重ねていくことになるので、基本料金と距離料金は必ず抑えておいてくださいね!

当サイト限定 紹介者コード掲載中
2022年5月18日(水)更新
8MVTQ
コードをコピーする
  

Woltの配達員の方でも、上記コードをWoltの配達員登録時に入力いただくと注文が3回まで600円引き(計1800円引き)になります!(初めて注文される方に限る)

入力前に一度でも注文してしまうと上記コードは使えなくなってしまうため、少しでも損しないよう入力はお忘れなく!


次の記事はこちら。

【Woltの報酬解説】ウィークリーボーナスとは?1週間の配達回数に応じてもらえるボーナスのこと

Woltの配達員向け解説トップページに戻るにはこちら。

【2022年最新】Woltで配達したい方向け解説トップページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA