【Wolt】現金払いの配達をやるメリット・デメリット【面倒だが鳴りの候補は増える】

当サイト限定 紹介者コード掲載中
2022年5月18日(水)更新
8MVTQ
コードをコピーする
  

Woltの配達員の方でも、上記コードをWoltの配達員登録時に入力いただくと注文が3回まで600円引き(計1800円引き)になります!(初めて注文される方に限る)

入力前に一度でも注文してしまうと上記コードは使えなくなってしまうため、少しでも損しないよう入力はお忘れなく!

かたぴ
みなさんこんにちは、かたぴです。現役でWoltの配達パートナー(ウォルトの配達員)をやっております(累計配達回数は1380回以上

「Woltの現金払いの配達をやるかどうか迷っている」
「実際にWoltの現金払いの配達ってどうなの?」

このような悩みをお持ちではありませんか?

Woltで現金払いの配達をやると確かに面倒ではありますが収入アップのチャンスでもあります。

Woltに限った話じゃありませんが、現金払いの配達は一長一短というのが率直なところ。

かなり人によって現金払いの配達をやりたいかやりたくないかは分かれますね。

Woltでは現金払いの配達ON/OFFを切り替える機能はありませんが、鳴ったときに拒否すれば一応現金払いの配達はやらなくて済みます(詳細は 【Wolt】現金払いの配達が嫌なら鳴ったときに拒否しよう【鳴り自体のOFFは不可】の記事で解説しています)

ぜひともこの記事をWoltの現金払いの配達をやるかどうかの判断材料にしてくださいね!

現金払いの配達をやるメリット

Woltで現金払いの配達をやるメリットは以下の通りです。

  • 配達依頼の候補が増える
  • 同時配達の可能性が上がる
  • 一時的に手元に現金を置いておける

ひとつひとつ見ていきましょう。

配達依頼の候補が増える

現金払いの配達に対応しているエリアであれば電子決済(クレジットカードやPayPay等)ができないお客さんも注文できるようになるので、注文の絶対数は間違いなく増えます。

注文数が増えればそれだけ配達員一人あたりへの配達依頼の候補が増えることにつながります。

配達依頼の候補が増えれば一日の配達件数も増えますよね。

報酬が増えるのはもちろん、ウィークリーボーナスがある都市であればより上位のボーナスを狙いやすくもなり、収入アップのチャンス!

同時配達の可能性が上がる

先ほどの配達依頼の候補が増えることに関連するのですが、現金払いのお客さんが注文することで同時配達になる可能性も上がります。

Woltの報酬のうちの基本料金距離料金の仕組み上、同時配達がWoltで稼ぐ上では非常に重要になります。

現金払いの配達をやるからには積極的に同時配達をこなしていきたいところですね。

一時的に手元に現金を置いておける

Woltの報酬の振込は月に2回となっていますが、現金払いの配達をやることで一時的に手元に現金を置いておくことができます。

振込日を待たずとも手元に現金があるというのはキャッシュフローの観点から考えても安心感につながりますね。

ちなみになぜ一時的にと書いたのかというと、Woltでは受け取った現金が報酬と相殺されない仕組みなので、受け取った現金は期限までに全額Woltに送金しないといけないからです。

ちなみにWoltに送金する期限は以下の通り。

  • 基本は毎日の営業終了時までに当日の預り金を送金
  • 上記が難しい場合は「木曜日までの預り金の合計」を毎週金曜日に送金
  • ただし預り金が20,000円を超えた場合はその時点で送金

まぁ手元に現金を置いておけるのはせいぜい1週間ですかね。

預り金がある状態であまり長いこと放置しているとWoltから催促される可能性もあるので程々に。

現金払いの配達をやるデメリット

Woltで現金払いの配達をやるデメリットは以下の通りです。

  • Kyashに登録しないといけない
  • 同時配達モードでの稼働がやりづらくなる
  • お客さんと対面する時間が増える
  • 受け取った現金の入金と送金の手間がある
  • お釣りを渡し過ぎると自腹になる
  • 常に大量の現金を持ち歩くリスクがある

ひとつひとつ見ていきましょう。

Kyashに登録しないといけない

Woltの現金払いの配達で受け取った現金はKyash(キャッシュ)というアプリを使って送金することになっています。

KyashとはWoltとは全然違う会社がやっているサービスであり、言ってしまえばPayPayみたいな個人間送金サービスみたいなものですね。

もしWoltで現金払いの配達をやるならばKyashに登録しないといけません。

Kyashの導入方法については下記のWoltのヘルプセンターで解説されているのでそちらをどうぞ。

同時配達モードでの稼働がやりづらくなる

これは現金払いの配達をやりたくない方にとってのデメリットになりますね。

Uber Eats のようにWoltでは現金払いの配達のON/OFFを切り替える機能がないため、現金払いの配達に対応しているエリアであればすべての配達員に現金払いの配達が鳴る可能性があります。

幸いなことにWoltでは鳴ったときの画面に現金払いかどうかが書かれているので判別はできるんですよね。

ただ、2つの配達モードのうち同時配達モードを選んでいると鳴ったときにすぐに拒否ができないため現金払いの配達が鳴る度に足止めを食らってしまい、配達効率が下がってしまいます。

そのため現金払いの配達がやりたくない方が現実的に取り得る選択肢は以下の3つのどれかと言えるでしょう。

  • 同時配達モードではなく1件配達モードで配達する
  • 配達効率が下がるのを覚悟で同時配達モードで配達を続ける
  • 諦めて現金払いの配達をやる

お客さんと対面する時間が増える

現金払いの配達になるとお客さんと現金のやり取りをする必要があるため、必然的にお客さんと対面する時間が増えます。

Woltの注文アプリでも支払い方法に現金を指定するとコンタクトレス配達(置き配)が指定できないようになっていますからね。

Uber Eats などの他社と比較するとWoltは元々置き配が非常に多いため、現金払いの配達をやることでその特徴は大きく薄れます。

なるべくお客さんと対面したくないと思っている方であれば現金払いの配達はマイナスの印象が強くなることでしょう。

受け取った現金の入金と送金の手間がある

デメリットの冒頭でWoltに送金するためにはKyash(キャッシュ)を使うと書きました。

KyashからWoltに送金するためには原資となるお金が必要であり、そのためにまずKyashに入金しないといけません。

入金の手段はいくつかありますが、ここでは銀行口座からの入金を例に挙げたいと思います。

もし銀行口座からKyashに入金するのであればそれだけの残高が銀行口座にないといけませんよね。

つまり、現金払いの配達をやると必然的に銀行やATMで現金を預金する頻度が増えます。

銀行やATMまで出向く頻度も増えますし、預金手数料を避けたいのであれば時間帯を意識して預金しなければいけません。

このように現金払いの配達をやると色々と手間が増えるというのが実情です。

お釣りを渡し過ぎると自腹になる

現金払いの配達をやるのであれば、お客さんから過不足なく確実に現金を受け取るようにして下さい。

もしお客さんに対してお釣りを渡し過ぎてしまうとWoltは補填してくれません。

つまり、渡し過ぎたお釣りの分だけ配達員の自腹になってしまいます。

いくら現金を受け取ればいいのかは配達アプリ上に表示されるのでお釣りの計算はしっかりやりましょう!

現金払いの配達のときの画面

常に大量の現金を持ち歩くリスクがある

現金払いの配達ではどんなお釣りにも応えられるよう硬貨や紙幣(1万円札以外)を準備しておく必要があります。

つまり、現金払いの配達をやるということはたくさんの現金を持ち歩くことに他なりません。

紛失はもちろんのこと盗難や強奪にも注意が必要です。

現金を紛失しても送金の義務が無くなるわけではないので十分に気をつけて!

まとめ

この記事ではWoltの現金払いの配達のメリットとデメリットを解説してきました。

まず、Woltの現金払いの配達のメリットは以下の通りです。


  • 配達依頼の候補が増える
  • 同時配達の可能性が上がる
  • 一時的に手元に現金を置いておける

また、Woltの現金払いの配達のデメリットは以下の通りです。

  • Kyashに登録しないといけない
  • 同時配達モードでの稼働がやりづらくなる
  • お客さんと対面する時間が増える
  • 受け取った現金の入金と送金の手間がある
  • お釣りを渡し過ぎると自腹になる
  • 常に大量の現金を持ち歩くリスクがある

残念ながら現金払いの配達のON/OFF機能がない以上、現金払いの配達をどうしてもやりたくない方にとっては以前よりWoltの稼働がやりづらくなったのは間違いありません。

Woltの現金払いの配達をやることで稼ぐチャンスがより増えますがそれと同時に手間も増えます。

どっちが良い悪いとかではありません。

かたぴ
みなさんはWoltでどんな配達をしたいですか?すべては一人ひとり次第と言えますね。
当サイト限定 紹介者コード掲載中
2022年5月18日(水)更新
8MVTQ
コードをコピーする
  

Woltの配達員の方でも、上記コードをWoltの配達員登録時に入力いただくと注文が3回まで600円引き(計1800円引き)になります!(初めて注文される方に限る)

入力前に一度でも注文してしまうと上記コードは使えなくなってしまうため、少しでも損しないよう入力はお忘れなく!


Woltの配達員向け解説トップページに戻るにはこちら。

【2022年最新】Woltで配達したい方向け解説トップページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA