Wolt(ウォルト)で予約して稼働すると時給保証が得られる!オンライン時間保証の仕組み・金額・予約稼働の注意点【現役のWolt配達員が解説】

2022年1月22日(土) 当サイト限定の紹介者コード更新!

これからWolt(ウォルト)の配達員として登録される方限定!
Woltの配達員のアカウント登録時に、下記の紹介者コード(Referral code)を入力いただくとWoltでの注文が3回まで300円引きになります!

配達員登録時に入力するとWoltでの注文が3回まで300円引きになる紹介コード
8MVTQ
(8・エム・ブイ・ティー・キュー)

かたぴ
みなさんこんにちは。この記事を書いたかたぴです。現役でWoltの配達パートナー(ウォルトの配達員)をやっております(累計配達回数は1170回以上

「Woltの予約やオンライン時間保証って何?」
「どういう人は予約したほうがいいの?」
「予約して稼働するときの注意点はある?」
この記事はこういった悩みを持つWolt配達員に向けた記事になります。

Woltでは事前に稼働を予約(この日のこの時間帯に必ずオンラインにするという宣言)した上で配達することで、オンライン時間保証(時給保証)を得た状態で仕事することもできるという仕組みがあります。

オンライン時間保証があればどんな鳴りだろうとも最低限の報酬が約束されるため、鳴らなくても安心です。

そこでこの記事では、

  • 予約とオンライン時間保証の仕組み
  • 予約とキャンセルのやり方
  • 予約はこういう方にオススメ
  • 予約稼働時の注意点

について解説します。この記事を最後までお読みいただき、Woltでの配達にぜひ役立ててくださいね!

Woltの予約とオンライン時間保証の仕組み

まずはWoltの予約とオンライン時間保証の仕組みについて解説します。

  • 予約稼働とは?
  • オンライン時間保証とは?
  • オンライン時間保証の付与例

競合他社にはない仕組みですからぜひ覚えておきましょう。

Woltの予約稼働とは?

Woltの予約とは「この日のこの時間帯は必ずオンラインにして、Woltの配達員としての仕事に専念するよ」という宣言のことを指します。

WoltはUber Eatsのように、自分の好きな時間にオンラインにして好きな時間にオフラインにするという自由な働き方ができます。一方で、そのような自由な働き方に加え、予約して稼働するというシフト制みたいな仕事にすることも可能です。

シフト制、すなわち時間的に拘束されるからこそ、その対価としてオンライン時間保証が得られるというワケですね。

Woltのオンライン時間保証とは?

オンライン時間保証とは、予約した時間内に配達で得た報酬が『1時間あたりの規定の金額×予約時間分』を下回ったら不足分も支給してくれるという仕組みのことを指します。

オンライン時間保証の1時間あたりの規定の金額は以下のように都市によって異なります。また、オンライン時間保証が既に終了している都市もあります。

都市オンライン時間保証
広島なし(2021年5月9日をもって終了)
札幌なし(2021年5月30日をもって終了)
仙台なし(2021年7月11日をもって終了)
1,000円/h(全日全時間帯)
東京1,300円/h(全日全時間帯)
盛岡なし(2021年7月11日をもって終了)
旭川なし(2021年8月22日をもって終了)
岡山900円/h(全日全時間帯)
福岡なし(2021年8月8日をもって終了)
熊本900円/h(全日全時間帯)
大阪1,100円/h(全日全時間帯)
倉敷900円/h(全日全時間帯)
川崎1,000円/h(全日全時間帯)
鹿児島900円/h(全日全時間帯)
函館なし(2021年9月26日をもって終了)
福島900円/h(全日全時間帯)
北九州900円/h(全日全時間帯)
青森900円/h(全日全時間帯)
郡山900円/h(全日全時間帯)
静岡1,000円/h(全日全時間帯)
八戸900円/h(全日全時間帯)
高松900円/h(全日全時間帯)
秋田900円/h(全日全時間帯)
新潟900円/h(全日全時間帯)
浜松1,000円/h(全日全時間帯)
松山900円/h(全日全時間帯)
山形900円/h(全日全時間帯)
長岡900円/h(全日全時間帯)
湘南1,000円/h(全日全時間帯)
千歳1,000円/h(全日全時間帯)
帯広1,000円/h(全日全時間帯)
弘前900円/h(全日全時間帯)
横浜なし(サービス開始時から設定されていない)
宮崎1,000円/h(全日全時間帯)
徳島1,000円/h(全日全時間帯)
いわき1,000円/h(全日全時間帯)
沖縄1,000円/h(全日全時間帯)

オンライン時間保証の付与例

例①1時間あたり1,000円の都市で4時間の予約をした場合

オンライン時間保証は4,000円(1,000円×4時間)。もし、4時間の配達で得た報酬が3,500円に終わってしまった場合、不足分の500円も支給されます。

例②1時間あたり1,000円の都市で6時間の予約をした場合

オンライン時間保証は6,000円(1,000円×6時間)。もし、6時間の配達で得た報酬が4,700円に終わってしまった場合、不足分の1,300円も支給されます。

例③1時間あたり1,000円の都市で3時間の予約をした場合

オンライン時間保証は3,000円(1,000円×3時間)。もし、3時間の配達で得た報酬が4,000円だった場合、オンライン時間保証の3,000円を超えているため、追加で支給される金額はありません。

かたぴ
あくまでも保険という感じ。予約時間内にオンライン時間保証以上の報酬を得ることができればその分はすべて自分のものになります。オンライン時間保証があれば鳴らなくても安心というのが分かっていただけたでしょうか?
スポンサーリンク

予約とキャンセルのやり方

ここでは実際の画面を元に予約とキャンセルのやり方を解説します。

STEP.1
メインメニューから予約時間を選択

Woltの配達アプリのメインメニュー

STEP.2
予約したい日付を選択

登録都市の予約画面

STEP.3
予約したい時間帯を選択

空いている枠があれば予約できる

STEP.4
予約完了!

予約完了

STEP.5
もし予約を取り消すならキャンセルボタンを押す

稼働開始24時間前までなら自分でキャンセル可能


かたぴ
予約するための手順はたったこれだけ!簡単でしょ?

予約はこういう方にオススメ

ここまで読んでWoltの予約稼働はどんなものかご理解いただけたでしょうか?

それではここからは予約稼働がオススメな人について解説していきます。

  • 収入に安定が欲しい方
  • 始まったばかりの都市で配達する方
  • 地方都市でバイト代わりにしたい方
  • Wolt以外のフードデリバリーはやらない方
  • ダラダラしない環境を作りたい方

収入に安定が欲しい方

予約すると時間単価に予約時間をかけた分の収入は保証されるので、収入の見通しが立ちやすくなります。「個人事業主の仕事に安定した収入なんか求めるな!」という意見はもちろんなのですが、それでもどうしても安定が欲しい方にはWoltはピッタリでしょう。

始まったばかりの都市で配達する方

Woltが始まったばかりの都市だと知名度がとにかく低いので、全然注文が入らないということも多々あります。そういったときこそ時給保証があると安泰ですよね。

地方都市でバイト代わりにしたい方

2021年9月28日現在、Woltの時給保証は1時間あたり1,000円の都市がほとんどですが、地方都市で考えると結構優秀な単価とも言えるのではないでしょうか?

例えば地方都市でコンビニや飲食店のバイトをしても1時間あたり1000円もらえることってなかなか無いはず。加えて、配達の依頼が入ってこなければ待機中はスマホでゲームしようが家で寝てようが構わないわけですから、仕事せずにお金をもらえる環境も作れてしまいます。

Wolt以外のフードデリバリーはやってない方

時給保証を受けるための条件として「予約時間内はWoltの配達に専念する」というものがあります。要するに、予約した時間内は他社で配達はせずWoltの配達依頼が入ったらいつでも配達できるように備えておくべしということ。

まぁ時給保証をもらう以上はそりゃそうだよなって話ですよね。フードデリバリーの配達員をやる方の中にはWolt以外の他社との同時オンラインをして鳴り待ちをする方もいるでしょうが、稼働予約してしまうとその時間内にWolt以外で配達するのはアウト。Woltだけしかやってない方やWoltメインの方なら予約は使いやすいでしょうね。

ダラダラしない環境を作りたい方

Woltを始めとしたフードデリバリーでは配達員は仕事の時間を自分で決められます。自分で決められるからこそ、自分に厳しくないとダラダラと過ごしてしまっていつまでも仕事しないということにもなりかねません。

予約によってこの時間帯は仕事しないといけないという強制感を自ら作り出すこともできますね。

かたぴ
予約をどう活用するか?もみなさん次第。
スポンサーリンク

予約稼働時の注意点

最後に、Woltの予約稼働時の注意点を解説して終わりにしたいと思います。

  • 予約キャンセルは稼働開始24時間前まで
  • 配達エリアと時給保証対象エリアが異なることがある
  • 他社との同時オンラインは不可
  • 1件配達モードでの配達は不可

予約キャンセルは稼働開始24時間前まで

配達アプリの予約画面から自分でキャンセルできるのは稼働開始時間の24時間前までです。そのため、稼働開始時間の24時間前を過ぎるとサポートに連絡しないとキャンセルできなくなります。

自分で予約した以上は、万が一のキャンセルにもちゃんと自分で責任を持つこと。予約したのに無断欠勤はアカウントに傷が付きますから絶対にやめましょう!!

配達エリアと時給保証対象エリアが異なることがある

都市によっては配達エリアと時給保証対象エリアが異なることも?

もし時給保証対象エリア外がお届け先だった場合は配達完了後に速やかに時給保証対象エリア内に戻る必要があります。くれぐれも故意に時給保証対象じゃないエリアへ移動して待機したりしないように。GPSで現在地を取っている以上必ずバレますよ。

配達エリアと時給保証対象エリアが異なる場合はヘルプセンターの都市別のページに地図が載っていますのでそちらを参考にしてくださいね(参考として、2021年9月28日現在、配達エリアと時給保証対象エリアが異なるWolt東京のページを下記に貼っておきます)

参考 東京Woltヘルプセンター

他社との同時オンラインは不可

繰り返しになりますが、Woltの予約とは「この日のこの時間帯は必ずオンラインにして、Woltの配達員としての仕事に専念するよ」という宣言のことを指します。

特定の時間帯にWoltに対して労働力の提供を確約するからこそ、その対価としてWoltがオンライン時間保証を与えてくれるわけです。つまり、予約時間中に他社の配達をしてWoltの配達をすっぽかしたり配達遅延を故意に引き起こしたりなどしたら約束を守っていないと言われても仕方ないですよね。

Woltで予約した時間帯は他社との同時オンラインはできなくなります。それが嫌なら予約はせずフリーで稼働しましょうね。

1件配達モードでの配達は不可

Woltでオンライン時間保証を得るには配達モードを必ず同時配達モードにして稼働しなければいけません。1件配達モードでの配達はオンライン時間保証の対象外となります。

つまり、悪い言い方をすれば、予約したときは同時配達ありで割り振られた配達をひたすらこなしていくロボットのようになる必要があるということですね。

かたぴ
サポートチーム曰く、あまりにも直前の予約キャンセルが多かったり、無断欠勤や配達エリア外での待機を繰り返したりすると、以後予約できなくなるペナルティーもあるそうですよ。予約するならちゃんと自分で責任も持ちましょうね!

まとめ

Woltの予約とオンライン時間保証の特徴は以下の通りです。

  • Woltは好きな時間に仕事できるフリー稼働だけでなく予約して稼働することもできる
  • Woltの予約とは「この日のこの時間帯は必ずオンラインにして、Woltの配達員としての仕事に専念するよ」という宣言のこと
  • 予約した上で配達することでオンライン時間保証(時給保証)が受けられる
  • 予約のキャンセルは稼働開始時間の24時間前まで
  • 予約した時間内は他社との同時オンラインや1件配達モードは不可
かたぴ
どうしても時間に縛られるので予約稼働が万人受けするものではないのは確か。ご自身がどのようにフードデリバリーをやりたいか、ぜひ考えてみてくださいね!

2022年1月22日(土) 当サイト限定の紹介者コード更新!

これからWolt(ウォルト)の配達員として登録される方限定!
Woltの配達員のアカウント登録時に、下記の紹介者コード(Referral code)を入力いただくとWoltでの注文が3回まで300円引きになります!

配達員登録時に入力するとWoltでの注文が3回まで300円引きになる紹介コード
8MVTQ
(8・エム・ブイ・ティー・キュー)

かたぴが書いたWolt(ウォルト)の配達員向けの他の記事はこちらにまとめています。

Wolt(ウォルト)の配達員向け記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA