「まずはやってみよう!」
時間を大切にして、のびのびと健康に生きるための情報発信ブログ

お金目的で会いに来るのは悲しい。その人そのものを目的に会いに行こうよ。

みなさんこんにちは。かたぴ(@katapi1103)です。

自分の性格の一つに「優しい」があります。
周りに優しくできる自分は好きですし、これからも優しい存在でいたいと思っています。

でも、時に優しくしすぎてしまうことも。
その結果、その優しさを逆に利用されてしまってるなぁと思うことがあります。

具体的には、おごってもらうことを目的に会いに来る人がいることです。

「あなたがおごってくれるなら行く」
こんな感じですね。

でも、それってとても悲しいんですよね。

「なんだ、金しか見ていないのか」
って気持ちになるからです。

お金じゃなくて、その人そのものを目的に会いに行きましょうよ。

お金のコンプレックス

貧乏学生時代

学生時代の俺は貧乏学生でした。

バイトもしてたけど、そこまでバイトがメインな生活はしてこなかったので、月10万なんてまず稼いでなかった。
よくて月6,7万とか。

正直な話をしましょう。
学生時代、年下の彼女にお金を借りることもおごってもらうこともしばしばありました。

もうね、全くもって情けないじゃないですか。

時代もありますからあまり言いたくはないですが、やはり男としてある程度の稼ぎは必要かと。

彼女より少し多めに出すとか、スマートな会計とか。
そういうこと学生時代はあまりできなかったんですよ。

普通にコンプレックスですよね。
金を稼げていない自分に対して。

社会人になってからいろいろ始めた

社会人になって月20万以上稼ぐようになってから、先のコンプレックスは多少マシになりました。

でも、やっぱりお金のゆとりはまだまだ足りない。
もっともっと上を目指したい。

そういった思いが原動力となり、ブログ始めたり、転職したり、筋トレしたりいろいろ始めるようになったんですよね。

会社だけの収入に頼るのではなく、自分自身でも稼ぐ術も身につける。
いろいろなことにチャレンジし続けて自分の市場価値を高めたいから。

金目的は神経を逆なでされるように感じる

俺の場合はそういった経緯があるので、金を目的に来られるとなおさら良い気はしないです。

「こんなに頑張ってやってきている自分に対して、軽々しくやってくるお前はなんだ?」
って思っちゃうんですよね。

神経を逆なでされるような感じです。

スポンサーリンク

いつも奢りたいほど人間関係には困っていない

その人そのものは固有の存在

お金というモノはその人固有のものではありません。
お金持ちだけで比較したら上には上がいて、更に複数人いるので他の人でも代わりになるからです。

でも、その人そのものは固有ですよね。
能力だけでなく、見た目、性格、経歴、人柄などは一人ひとり違う。

なので、お金を目的に会いに来られても、正直なところ
「他にお金を持っている人のところへ行ったらいいんじゃない?」
って思うんですよ。

「あなたのお金が目当てで会いに来ました」って言われるより、「あなたという人と話したいから会いに来ました」って言ってくれるほうが遥かに嬉しいじゃないですか。

奢られるだけの価値があるのか?

お金を目的にやってくる人は、奢られるだけの価値を相手に提供できているのかどうか、考えてみたほうがいいと思います。
クレクレ君には差し出すお金はおろか時間もないですし、そういう人に俺は興味ありません。

誰かと会う予定がなくても、筋トレするなりブログ書くなり自分の好きなことに時間とお金を割くだけ。

少なくとも、俺自身、お金を出してでも人に会わないと寂しいだとか暇だとかいうほど人間関係には困ってないのですよ。
むしろ時間が足りなくて困ってるくらいですし。

終わりに

お金ではなく純粋に、
「あなたと話したいから」
「君に興味があるから」
と言って、連絡をくれたり会いに来てくれたりする人がいます。

そういった人たちを大切にしたいですよね。


いつだって人に優しい存在であり続けたい。
そのために普段意識していることをまとめたトップページはこちら。

いつだって人を思いやる存在であるために 〜人間関係トップページ〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA