「まずはやってみよう!」
時間を大切にして、のびのびと健康に生きるための情報発信ブログ

個人事業主としての独立に合わせて、渋谷からさいたま市へ引っ越した5個の理由を語ろう

みなさんこんにちは。かたぴです。
個人事業主としての独立に合わせて、渋谷からさいたま市へ引っ越しました。

なぜさいたま市なのか?
先日、以下のようなツイートをしました。

【渋谷からさいたま市に引っ越した理由】
・固定費を下げるため
・好みの賃貸物件があったため
・Uber Eatsの配達対象エリアであるため
・都内へのアクセスが楽なため
・少しのんびりした街に行きたかったため

今日は上記についてお話していきましょう。
独立へのハードルを下げるのはもちろん、いろいろやれる可能性を残しておきたかったというのが大きいかな。

理由①固定費を下げるため

結論から言うと、渋谷からさいたま市に引っ越したことで、家賃総額はなんと4分の1になりました。

引っ越し前(渋谷) 引っ越し後(さいたま市)
家賃総額 142,000円 32,200円

固定費が高いと新しい仕事にチャレンジするハードルが高くなってしまいます。
なぜなら収入が下がると固定費が払えなくなってしまう恐れがあるから。

ましてや個人事業主。
会社に勤めていれば成果はどうだろうがとりあえず収入はありますが、個人事業主はそういうわけにはいきません。

俺の生活の中で固定費の大きな割合を占めていたのは家賃。
これを削れば独立しやすくなると思いました。

とにかくキャッシュアウトせずに個人事業主として走り続ける、これが何よりの目的。

かたぴ

会社員としてやっていく分には、家賃が高くても職住近接は大いにアリ。
通勤電車に乗らないというのはとてつもなくストレスフリーでしたから。
スポンサーリンク

理由②好みの賃貸物件があったため

決め手となったのは、それだけ家賃が安いのに更にインターネット無料だったことですね。
固定費を下げるという意味でも家の毎月のネット代がかからないのは大きい!

なにげに建物自体も2017年築。
しかも2年近く未入居だったらしく、その部屋に住むのは俺が第1号!

ちなみに、個人的にどこ行っても絶対欲しい設備というのはこんな感じ。

  • 室内洗濯機置き場あり
  • ウォシュレット付き
  • バス、トイレ別

住む場所というのは毎日過ごす場所であり、生活の拠点であり、身体を健康に保つための場所でもあります。
そんな場所だからこそ、好みの設備が整っている物件を探すことが個人的には第一。

かたぴ

ドラム式の洗濯乾燥機を使っているので室内洗濯機置き場は何が何でも欠かせません!
高いけど、まだ使ってない方は買ってみるといいと思うぞ。マジで生活変わるから。

理由③Uber Eatsの配達対象エリアであるため

当然引っ越し先を選ぶ上ではUber Eatsの配達ができるかどうかは意識しています。
直近のメイン収益ですから。

とはいえ、まだ日本全国で配達できるわけじゃありません。
東京や人口の多い地方都市限定。

以下の理由から、さいたま市を選びました。

  • 街の人口が多い
  • 配達エリアの規模が広い
  • 東京と同じ収益の計算式が適用される

かたぴ

Uber Eatsの配達は好きなときに仕事が始められて、好きなときに仕事が終えられるという、自由度の高い仕事です。
スポンサーリンク

理由④都内へのアクセスが楽なため

今回の引っ越し先の最寄りは埼京線沿いです。
池袋も、新宿も、渋谷も乗換なしで一本で行けちゃいます。

さいたま市に引っ越したとはいえ、東京へ全然行かなくなるということはありません。

東京にはかつての仕事仲間もたくさんいるし、実家もあるし。
都内に自転車と配達バッグも携行すれば、現地でもUber Eatsの配達もできますから。

そうなると、なるべく都内へ行きやすいほうがありがたいんですよ。
移動のハードルを上げすぎてしまうとできることも限られちゃいますから。

かたぴ

時間帯も上手く狙えば電車も座れちゃいますしな。

理由⑤少しのんびりした街に行きたかったため

渋谷に1年間住んでみて少し都会から離れたいな〜って思ったんです。

将来的には田舎に行きたいんですけどね(田舎出身じゃないけど)
のどかな自然の中でのんびりしたい。

とはいえ、いきなりど田舎へ行って生活できる道筋は正直まだ見えない。
なので少しのんびりできる場所へ行きたいなって。

渋谷の街は人が多い。
夜も明るいし、ガヤガヤするし。

家を出るとどこかから男と女がよろしくやってる声とかが聞こえたことも…w
住所が円山町だから仕方ないね。

まぁそれも醍醐味なんだけど。

かたぴ

さいたま市に引っ越してきてまだ1週間ですが、家の周りのThe 住宅街感がたまらんです。
渋谷に慣れすぎたせいか、夜は街灯があっても若干暗い。

まとめ

渋谷からさいたま市へ引っ越した5個の理由

  • 固定費を下げるため
  • 好みの賃貸物件があったため
  • Uber Eatsの配達対象エリアであるため
  • 都内へのアクセスが楽なため
  • 少しのんびりした街に行きたかったため

固定費を下げることで、独立へのハードルを下げる。
仕事にはUber Eatsの配達とブログを選んだことで、時間に縛られない生活をできるように。

この生活でどこまで行けるのか?
不安定な収入になっても時間に自由が効くと、毎日の生活やストレスはどうなるのか?

分からないことばかり。
でも、だからこそやってみたいんですよね。
やってみなきゃ分からないですから。

挑戦はまだまだ続きます。


現状を変えたい思うなら環境を変えてみませんか?
特に引っ越し転職は大きく効きますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA