【比較】menuでの配達の仕事はUber Eatsと何が違う?現役の配達員がmenuのメリットとデメリットを解説します【長距離の配達の報酬が美味しい】

2021年4月11日(日) 当サイト限定の招待コード更新!

まだ一度もmenuの配達員として登録したことがない方限定!
下記の招待コードをmenuの配達員登録時に入力いただくと、一定回数(※)の配達完了時に特別報酬10,000円がもらえます!

※みなさんが登録する都道府県によって必要な配達回数は異なります

当サイト限定の招待コード
RMS852
(アール・エム・エス・8・5・2)

上記の特別報酬は、達成時にみなさんの配達アカウントに直接付与されるので紹介者への連絡の必要ナシ!

「これからも有益な情報を提供してくれ!」と応援してくださる方は上記の招待コードを使ってもらえると嬉しいです😊


かたぴ

みなさんこんにちは。かたぴです。
現役でmenuの配達クルー(メニューの配達員)をやっております。

「menuで配達を始めてみようか迷っている」
「menuはUber Eatsと何が違うの?」
この記事ではこのような方の疑問にお答えします。

結論から言うと、menuでの配達はUber Eatsと似ているところが多いが、長距離の配達の報酬はUber Eatsよりも美味しいといったところです。

さて、自分はこれまでに以下の四社でフードデリバリーを経験してきました。

  • Uber Eats(ウーバーイーツ)
  • Wolt(ウォルト)
  • foodpanda(フードパンダ)
  • menu(メニュー)

各サービスを比較して思ったのは、「menuはUber Eatsのデザインをパクったのか?」と思うレベルに似ているところが多いんですよね(笑)

ただ、報酬体系に関してはかなり違いがあります。
そのへんも含めてぜひお伝えしたい。

そこでこの記事では、実際にmenuとUber Eatsでの配達を経験してきた自分が、Uber Eatsと比較して思うmenuでの配達の仕事のメリット・デメリットをひとつひとつ解説していきます!

Uber Eatsと比較した、menuで配達するメリット

まずはメリットから。
結論から書くと、以下の4点です。

  • 長距離の配達の報酬が美味しい
  • ベテラン配達員ほど報酬が優遇される
  • 同時配達(ダブル)がない
  • サービス手数料がない

ひとつひとつ見ていきましょう。

メリット①長距離の配達の報酬が美味しい

menuでの配達においてはロングピックやロングドロップは報酬的に大変美味しいです。

menuにも配達の走行距離によって変動する報酬があります。
それが、下記の計算式で表される移動距離料金です。

menuの移動距離料金の計算式
移動距離料金 = 距離(km) × 距離(km) × 20円
距離(km) = 現在地から飲食店までの距離(km) + 飲食店からお届け先までの距離(km)

飲食店からお届け先までの距離(ドロップ先までの距離)だけでなく、現在地から飲食店までの距離(ピックアップの距離)も含まれるのは大きいですよね。

また、移動距離料金が距離の二乗で計算されるというのも大きなポイント。
理系だったり数学が好きだったりする人はピンと来た方もいるのではないでしょうか。

二乗なので距離が長くなればなるほど移動距離料金がドカンと跳ね上がります。
距離が2.0kmなら2.0の二乗で4.0、3.0kmなら3.0の二乗で9.0、5.0kmなら5.0の二乗で25.0といった感じ。

なので、配達に際して走れば走るほど報酬が美味しくなるという、シンプルにしてありがたい仕組みとなっています。
逆にショートピック&ショートドロップ過ぎると距離料金がかなり少なくなるという特徴もありますけどね😂

MEMO
この移動距離料金に以下の金額を加えたものが一回の配達の報酬となります。
  • 配達料金260円
  • ランクボーナス(後述)
  • ブースト(出ていれば)

メリット②ベテラン配達員ほど報酬が優遇される

配達完了後に表示される報酬確認画面

menuは配達回数を重ねたベテランの配達員ほど報酬的に優遇される仕組みとなっています。

menuでは配達完了ごとにEXP(経験値)がもらえ、EXPが一定値貯まるとランクアップ!
ランクが上がると配達一件ごとにランクボーナスが付与されて報酬が増えます。

初めのうちは微々たる金額ではありますが、あなどることなかれ。
チリも積もれば山となるという言葉がまさに当てはまります。

なんだかまるでゲームみたいですよね。
Uber Eatsを含め、競合他社にはない面白い仕組みだと思ってます。

メリット③同時配達(ダブル)がない

menuには同時配達(ダブル)がありません。

1件商品を受け取ったら、すぐにその商品をお届け先へ配達!
ひたすらそれの繰り返しになります。

なので、Uber Eatsのように同時配達の際に商品を取り違えてしまう恐れもないですし、お客さん(注文者)としても2件目になってしまって待たされるということもありません。

Uber Eatsで配達をやっていると2件目のお客さんからまれに苦情を言われることがあるので、menuなら嫌な気分になる可能性を減らせますよ。

メリット④サービス手数料がない

menuは現在、期間限定でサービス手数料が0%となっています。

Uber Eatsだと配達の報酬から10%がサービス手数料として引かれていますよね。
配達1件1件のサービス手数料は微々たる金額ではありますが、配達回数を重ねたら結構バカにできない金額です。

期間限定なのでいつかはサービス手数料がかかるようになるとは思いますけどね(ただ、いつになるかはmenuから現時点で明言されていない)

かたぴ

menuで配達やるならサービス手数料0%の今がチャンス。

Uber Eatsと比較した、menuで配達するデメリット

次に、デメリットを解説していきます。
こちらも結論から書くと以下の3点です。

  • 地図が使いづらい
  • 鳴りは早押しである
  • 現金払いの配達がない

ひとつひとつ見ていきましょう。

デメリット①地図が使いづらい

Uber Eats・Wolt・foodpandaとmenuの4社で配達を経験してきた自分からすると、menuの配達アプリの地図はこの4社の中で一番使いづらいと感じています。

自分が思うmenuのダントツで一番のデメリットです!

自分が使いづらいと考える理由は以下の4点。

  • 地図をノースアップ(※)にすると現在位置に合わせて地図がスクロールしなくなる
  • 現在地とピックアップ先(ドロップ先)の位置に応じて地図がオートスケールしない
  • 画面をダブルタップしても地図が拡大できない
  • ブーストの表示で現在地アイコンなどが見えにくくなってしまう
MEMO
※ノースアップとは『方角の北が常に上になるように地図を表示すること』を指します。一方で、『進行方向が常に上になるように地図を表示すること』をヘディングアップといいます。

menuの配達アプリはヘディングアップを好む配達員向きとなっています。

土地勘のあるベテラン配達員ほどノースアップでの地図表示を好む傾向があるので、menuはベテラン配達員に優しくない配達アプリと言えます。

配達アプリ上の地図は配達員にとって大事な仕事道具のひとつ。
どのフードデリバリーの会社にも言えますが、地図が使いづらい会社は配達員に敬遠されてしまうでしょう。

かたぴ

ちなみに先程の4社の中で一番地図が使いやすいのはダントツにUber Eatsです!

デメリット②鳴りは早押しである

他の配達員に取られてしまった

menuの注文(配達依頼)は一人ずつ鳴るのではなく早押しです。

そのため、早押しに負けるとその配達依頼は他の配達員に取られてしまいます。
Uber Eatsみたいに、鳴ったら必ずその配達を担当できるわけじゃありません。

その鳴りを受諾しようかどうか迷っていると、その間に他の配達員に取られてしまうかも?
どの店なのか瞬時に把握して、すぐに判断するスキルが求められますね。

デメリット③現金払いの配達がない

menuには現金払いの配達はありません。

そのため、報酬をすぐに現金として受け取ることはできませんし、現金払いの配達によって鳴る可能性を増やすこともできません。

Uber Eatsのように、現金払いの配達の有無によって配達員間で鳴りを差別化できないのです。

かたぴ

Uber Eatsで現金払いの配達をいつもオフにしてる人にはデメリットにならないかもしれませんね。

まとめ

Uber Eatsと比較した、menuで配達するメリット
  • 長距離の配達の報酬が美味しい
  • ベテラン配達員ほど報酬が優遇される
  • 同時配達(ダブル)がない
  • サービス手数料がない
Uber Eatsと比較した、menuで配達するデメリット
  • 地図が使いづらい
  • 鳴りは早押しである
  • 現金払いの配達がない

以上、Uber Eatsとmenuの両方の配達を経験してきた自分が思う、Uber Eatsと比較したmenuのメリット・デメリットでした。

Uber Eatsではロングピックやロングドロップなどの長距離が配達効率的にどうしても嫌われる傾向にあるので、長距離の配達ほど報酬を高くしているmenuはとても素晴らしいと思っています。

また、EXP(経験値)によるランク制というのもmenuならではの面白い仕組み。
ベテラン配達員ほど毎回の配達の報酬がどんどん高くなるので、menuでの配達を続ける理由にもなりますね。

一方で、快適に配達をするためには地図の使いやすさ改善が必須。
現状の地図のままでは非常にツラいものがあります。

かたぴ

もし地図が改善されたらかなり化けるだろうと思っているサービスでもあります。今後に期待。気になる方はぜひ登録してみてね!招待コードもあるよ!

2021年4月11日(日) 当サイト限定の招待コード更新!

まだ一度もmenuの配達員として登録したことがない方限定!
下記の招待コードをmenuの配達員登録時に入力いただくと、一定回数(※)の配達完了時に特別報酬10,000円がもらえます!

※みなさんが登録する都道府県によって必要な配達回数は異なります

当サイト限定の招待コード
RMS852
(アール・エム・エス・8・5・2)

上記の特別報酬は、達成時にみなさんの配達アカウントに直接付与されるので紹介者への連絡の必要ナシ!

「この記事が役に立ったよ!」という方は応援も兼ねて上記の招待コードを使ってもらえると嬉しいです😊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA