「まずはやってみよう!」
チャレンジし続ける会社員を応援する『かたぴ』のブログ

ブログを1年以上を続けてきて分かった『情報発信することの大切さ』を3個語ろう

みなさんこんにちは。かたぴ(@katapi1103)です。

仕事の片手間でブログを書き始めてもう1年以上経ちました。
収入だけで見たらまだまだちょっとしたお小遣い程度にしかなっていないですがw

でも今では、収入以上に情報発信することの大切さを感じています。

勘違いしてほしくないので先に言っておくと、ブログは目的ではなく情報発信するための手段のひとつであるということ。
目的はネット上の情報発信によりあなたが誰かに貢献することです。

ブログ以外にもSNSもあるしYouTubeもあります。
あなたが情報発信しやすい媒体を選んでくれればそれでOK。

「仕事が終わったら毎日メシ食って寝るだけの生活だよ」
「ネット上で情報発信なんてやったことないよ」
「自分はそんな発信できるほど優れた人間じゃないよ」

そう思っている人にこの記事を読んでほしい。
こんな個人が簡単に情報発信できる時代なのに情報発信しないなんてもったいない。

情報発信することの大切さ3個

先に大切さを3個書いておきましょう。

  • あなたの情報発信が誰かの助けになる
  • 情報発信したことは記憶に残りやすい
  • 情報発信が自分自身のブランディングにもつながる

以下でひとつひとつ説明していきます。

その1 あなたの情報発信が誰かの助けになる

ブログを始めるまでの俺はインプットすることに満足してしまっていました。

ここでいうインプットというのは勉強ばかりじゃありませんよ。
日常のあらゆる経験がインプットになります。

例えば以下のようにね。

  • 行った飲食店
  • 出かけた旅先
  • 自分の趣味
  • 友達の関わり方
  • 成功体験や失敗談

そこで経験したことはあなたの人生の糧になったことは言うまでもありません。
ここで言いたいのは友達や家族といった身近な人だけでなく、広く世の中にその経験を伝えようよということ。
すなわちあなたの経験を情報発信しようよということ。

例えばあなたが旅行に行きたいと思ったとき、どこから情報を集めますか?

本屋で観光雑誌を買うというのは定番でしょう。
おすすめな観光地やお散歩ルートがギッシリ載っていて、そこに価値を感じるからみなさんは観光雑誌を買うはず。

でも今の時代ならネットで調べるという人も多いのではないでしょうか?
ネットでは企業はもちろん、個人までが情報発信しています。

ネットで調べて、誰かが経験した旅先の情報を得て、自分の旅行の参考にする。
もうこれだけで情報発信した人はあなたに貢献してるんですよね。

もしその人が情報発信してなかったら、あなたはその情報を得られなかったかもしれません。
旅先のおすすめスポットや、旅先で注意しておくべきことを知ることができなかったかもしれません。

あなたの人生経験を情報発信すれば、その情報を欲している誰かのためになり得る。
ぜひあなたなりの視点や着眼点で情報発信してほしい。

かたぴ

ネットのすごいところは、これまで企業でしかできなかった情報発信が個人でもできるようになったこと。
ブログはもちろん、SNSもそうだし、YouTubeだってそう。大物YouTuberとか芸能人以上にすごい注目を集めてますよね。

その2 情報発信したことは記憶に残りやすい

エビングハウスの忘却曲線というものをご存知ですか?

みなさんの中にも聞いたことがある人もいるかもしれませんね。
どのくらい時間経つと記憶したこと(インプットしたこと)をどのくらい忘れてしまうのかを、時間と記憶量を軸に曲線で表したものです。

この実験から、20分後に42%、1時間後に56%、1日後に74%、1週間後77%、1ケ月後79%が忘れてしまうという結果が出ました。

この結果からわかったことは、
1、記憶は、覚えた直後に、どっと(半分近く)忘れてしまう。
2、残った記憶は、ゆっくり忘れていき、長く保持される。

引用:http://free-academy.jp/junior/index.php?%E3%82%A8%E3%83%93%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%81%AE%E5%BF%98%E5%8D%B4%E6%9B%B2%E7%B7%9A

エビングハウスの実験から分かることは、記憶したことも1日経てば74%も忘れてしまうということです。

つまり、たとえどんなにお金をかけて勉強したり、本を読んだり、著名人の講演を聴いたりしても、脳に定着させなければ無かったことになってしまいます。
言ってしまえば、誰かの作ったコンテンツを消費しただけに他ならない。

消費が目的でないなら、インプットすることだけに満足してはダメです。

そこでインプットしたことを情報発信しましょう!
例えばブログで情報発信するときの流れは以下の通り。

  1. 一度インプットしたことを自分なりに理解する
  2. 理解したことを言葉に変換する
  3. 言葉を文章として書き起こす

ブログに書くと不思議と書いたことが頭に残るんですよね。
関連記事として自分が過去に書いた記事を引用したい時にそういえばあんな記事書いてたなぁとか。
誰かと話をするときにもブログに書いたことをそのまま伝えたりとか。

インプットしたことを情報発信することでより脳に定着させることができたと感じています。

かたぴ

学んだことを誰かに教えると自分も勉強になるとよく言われますよね。
あれも学んだこと(インプット)を自分なりに理解して他人に伝えるから、より頭に定着させることができます。

その3 情報発信が自分自身のブランディングにもつながる

あなたがネットを通じて情報発信するということは、自分という人間がこの世の中に存在していることを世界中に示すことになります。

もしあなたがあることについてひたすら情報発信し続けたらどうなるでしょうか?

情報発信すれば、それはあなたのブランディングにつながります。
きっと周りの人はあなたのことを○○の人○○について詳しい人だと思うはずです。

あなたが好きだ、得意だと感じていることやものは、他人から見たら何歩も秀でているのですよ。

もちろんその世界の中ではまだ上には上がいるでしょうが、上位に入っているのは間違いありません。
これほど多様化した世の中なのですから。

あなたの存在がブランディングとして確立されれば、会社の名刺が無くなったって大丈夫ですよ。
要するに仕事を辞めたってブランディングを武器に世の中に価値を提供していけばいいんです。

かたぴ

あなたが、これは好きだ、これは得意だと思うことはぜひ情報発信してください!
必ずその情報を欲している人がいます。
スポンサーリンク

まとめ

情報発信することの大切さ3個

  • 誰かの助けになる
  • 記憶に残りやすい
  • 自分自身のブランディングにもつながる

ネットが普及したことで誰でも気軽に情報発信ができる時代です。
気軽にというのは、どこでも情報発信できるし、情報発信するのにたくさんお金もかからない、という意味ですね。

もはや誰にでも情報発信できるチャンスは転がっているのですよ。
あとはやるかどうか、それだけです。

せっかく便利な時代に生まれたんですから、情報発信を通じてあなたの生きた証を残しませんか?
情報発信を通じて多くの人に貢献できたら幸せじゃないですか。