「まずはやってみよう!」
チャレンジし続ける会社員を応援する『かたぴ』のブログ

防災行政無線で毎日流れる『夕焼け小焼け』がエモい

みなさんこんにちは。かたぴ(@katapi1103)です。

たまには雑記でも。

どこの自治体も防災行政無線ってありますよね。
あれ、夕方になると音楽が流れませんか?

ほら、子どもに対して「お家に帰りましょう」的なやつです。

自治体によって流れる音楽とかバリエーションが色々なんですよね。

2018年、俺は和光市→板橋区→渋谷区と3拠点を渡り歩いてきたのですが、すべて流れる音楽が違います。
渋谷区は夕焼け小焼けなんですが・・・これが実にエモい。

渋谷区の夕焼け小焼け

はい、これです。
Youtubeに上がってました。

いやーもう・・・エモい(しつこい)

歌詞の「からすといっしょに かえりましょ」の「からすといっしょに」のあたりの低音が哀愁感ただよっててほんとすき。

仕事しているときは聞こえないんですけど、土日に家にいるとめっちゃ聞こえるんですよね。
近所に防災行政無線のスピーカーが立ってるもんだからなおさらw

スポンサーリンク

ちなみに他の自治体

和光市

俺が2018年4月まで住んでいた埼玉県和光市。
流れるのは『靴が鳴る』という楽曲。

アナウンスで音楽はほとんど聞けないというw
2年間住んでいたので聞き慣れたもんです。

練馬区

俺の実家がある東京都練馬区。
流れるのは渋谷区と同じ『夕焼け小焼け』

こちらは古いバージョン。
自分が実家に住んでいた頃はずっとこっちだったので、俺としてはこちらのほうが馴染みがあります。

まとめ

夕焼け小焼けが流れる自治体って多いですけど、バージョンが色々あるんですよね。
個人的には渋谷区のバージョンが好きです。

渋谷区のバージョンはナレーションがないので音楽に集中できます。
なおさら哀愁感が漂いますね。

また今日という日が終わる。
そして今日の自分やってきたことが明日の自分を作る。

未来の自分は今日という一日一日の積み重ねです。

全然関係ないけど、旅先で夕日が沈む海を眺めながら夕焼け小焼けが聞けたら最高な気分になりそう。
ハァァン・・・旅に出たいぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA