【Uber Eats】稼ぐための基本!『ブースト』について解説します!【配達パートナー向け記事】

2020年11月11日(水) 当サイト限定の最新クーポン更新!

まだ一度もUber Eatsで注文したことがない方限定!
下記のプロモーションコードをUber Eatsのアプリ上で入力いただくと、1,500円以上の注文が1,800円引きになります!(2020/11/11時点)

今すぐお得に使えるプロモーションコード
eats-hgikhh

2020年10月29日(木)まで1,200円引きだったのですが、キャンペーンにより期間限定で1,800円引きに…!
注文金額と配送手数料次第では、無料でUber Eatsの注文を試せる大チャンスです!😄

プロモーションコードの入力方法は下記の記事にて画像つきで解説しているので、ぜひ参考にしてくださいね。


かたぴ

みなさんこんにちは。かたぴです。
2019年2月にUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして登録し、自転車で約1,200回配達しました。その後、2019年10月にバイクでの配達に切り替えて今に至ります(累計配達回数は6,600回以上)

この記事は、Uber Eatsの配達を始めたばかりで
「ブーストって何なのかよく分からない」
という方向けの記事です。

結論から言うと、Uber Eatsのブーストとは特定の時間帯やエリアで基本料金が1.1倍以上に増える仕組みのことです。

簡単に言えば、ブーストのおかげで配達1回あたりの報酬が増えるわけですが、さすがにこれだと分からない方もいますよね。

ぜひ最後まで読んでもらえたら幸いです。

基本料金とは?

ブーストの詳細を話す前に、ブーストによって増える基本料金について解説します。

基本料金とはUber Eatsの配達の報酬の基本であり、以下の三つの料金の合算で決まります。

  • 受け取り料金
  • 受け渡し料金
  • 距離料金

基本料金の三要素

受け取り料金

店で商品を受け取ったときに得られる報酬のこと。
配達1回あたりの受け取り料金の金額は固定です(エリアによって異なる)

受け渡し料金

お客さんに商品を渡したときに得られる報酬のこと。
配達1回あたりの受け渡し料金の金額は固定です(エリアによって異なる)

距離料金

店からお客さんの所までの走行距離に応じて得られる報酬のこと。
距離料金は実走1kmあたりの金額として定められており、基本料金の中では唯一変動する料金になります(エリアによって異なる)

配達1回あたりの報酬

以下の計算式で報酬が決まります。

配達1回あたりの報酬の計算式
報酬 = 基本料金 × ブースト ー 基本料金 × サービス手数料(%)

例えば、基本料金が500円、ブーストなし(1.0倍)、サービス手数料が10%だとすると
500(円) × 1.0 ー 500(円) × 10(%)
となり、その配達の報酬は450円になります。

一方で、ブーストが1.2倍で他は同じ条件だとすると
500(円) × 1.2 ー 500(円) × 10(%)
となり、その配達の報酬は550円になります。

このように、ブーストが掛かると報酬が増えるようになるのです。

かたぴ

ブーストは最低1.1倍以上なので、時間帯やエリアによっては1.2倍や1.3倍になることもあれば、それ以上になることもあります。
参考 お支払についてUber
スポンサーリンク

ブーストの確認方法

「どの時間帯に、どのエリアでブーストが掛かっているか知りたい!」
という方にブーストの確認方法を紹介します。

画面ではiPhoneを例に紹介しますが、Androidでも確認方法は同じです。

まずはUberのドライバー用アプリを開き、画面下の白い部分をタップしましょう。


次に今後のプロモーションを見るをタップ。


日にちごとにブーストが表示されるので、見たい時間帯の部分をタップ。


地図とともに、その時間帯にブーストが発動するエリアと倍率が表示されます。
青色の線で囲まれたエリア内の店で商品をピックアップするとブーストの対象になりますよ!

ブーストは定期的に変更される

ブーストはずっと同じ時間帯に同じ倍率に設定されているわけではありません。
そのエリアの注文の多さと配達パートナーの数によって定期的に変更されます。

つまり、需要と供給のバランスによって変わるということ。

ブーストが発動するということは報酬が増えるわけです。
報酬が増えるということは、多くの配達パートナーがその時間帯にそのエリアへやってくる可能性が高くなります。

すなわち、配達パートナーが不足しがちなエリアや時間帯にブーストが発動すると考えられます。
需要(注文数)に対して供給(配達パートナー数)が追いついていない状態ですからね。

Uber Eatsはシェアリングエコノミーというサービスの特性上、多くの店で配達パートナーをシェアすることでサービスが成り立っています。
つまり、配達パートナーがいないとサービスが成り立ちません。

そのような背景もあり、ブーストは定期的に見直されます。
需要と供給は時間とともに変わっていきますから。

かたぴ

ただ、ブーストの倍率が高いからといって必ずしも鳴る(ピックアップ依頼が入ってくる)わけではないので注意。供給が増え過ぎれば取り合いになりますし、車両や配達経験の違いによって鳴りが特定の配達パートナーに偏ることもあります。
スポンサーリンク

まとめ

  • ブーストが発動すると特定のエリア&特定の時間帯で基本料金が1.1倍以上になる
  • ブーストの有無はUberのドライバー用アプリ上から確認できる
  • ブーストは需要と供給のバランスによって定期的に見直される

以上、ブーストについての解説でした。

ブーストによって1回あたりの配達で増える金額は微々たるものですが、たくさん配達すると結構大きな金額の違いになります。
塵も積もれば山となるですね。

ちなみに、高倍率のブーストが出現すると多くの配達パートナーがやって来やすくなるので、あえて低倍率だったりそもそもブーストが出てないエリアで稼働する配達パートナーもいます。
なぜかというと、配達1回あたりの金額は少なくても鳴りが良いということもあるから。

ここがUber Eats配達の仕事の難しいところでもあり、面白いところでもあります。
配達パートナー同士の読み合いといいますか。

ぜひブーストを活用してみてくださいね。


2020年11月11日(水) 当サイト限定の最新クーポン更新!

まだ一度もUber Eatsで注文したことがない方限定!
下記のプロモーションコードをUber Eatsのアプリ上で入力いただくと、1,500円以上の注文が1,800円引きになります!(2020/11/11時点)

今すぐお得に使えるプロモーションコード
eats-hgikhh

2020年10月29日(木)まで1,200円引きだったのですが、キャンペーンにより期間限定で1,800円引きに…!
注文金額と配送手数料次第では、無料でUber Eatsの注文を試せる大チャンスです!😄

プロモーションコードの入力方法は下記の記事にて画像つきで解説しているので、ぜひ参考にしてくださいね。


Uber Eatsの配達パートナー向け記事のトップページはこちら。

Uber Eatsの配達パートナー解説トップページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA