「まずはやってみよう!」
時間を大切にして、のびのびと健康に生きるための情報発信ブログ

【Uber Eats】一流配達パートナーの証『ゴールドパートナー』を目指そう!

みなさんこんにちは。かたぴです。

東京や埼玉でUber Eatsの配達を専業としてやっており、配達回数は累計で1,500回を超えました。
また、2019年10月1日よりゴールドパートナーの称号も拝命しております。

自分で言うのもなんですが、ゴールドパートナーはUber Eatsの配達パートナーの一流の証です。
特定の条件を満たした人じゃないとなれないですからね〜。

そこでこの記事では、ゴールドパートナーになるための条件ゴールドパートナーになることのメリットについて書いていきますよ。

Uber Eatsの配達を頑張る人はぜひ目指してほしいです!

ゴールドパートナーとは

Uber Eatsを運営するUberによると、ゴールドパートナーとは以下のように定義されています。

Uber Eats では、配達回数や評価などに基づき、実績の高い配達パートナーをゴールドパートナーとして認定し、限定特典をご用意しています。

そう、誰でもなれるわけではないのです。
Uber Eatsの配達に精通し、プロフェッショナルとして認められた人だけがなることができるのです。

参考 ゴールドパートナープログラムUber
スポンサーリンク

ゴールドパートナーになるための条件

「じゃあ何したらゴールドパートナーになれるんだよ?」
とお思いの方も多いハズ。

以下の4個の条件を満たすとゴールドパートナーになることができますよ。

  • 過去3ヶ月間の合計配達回数が500回以上であること
  • 過去3ヶ月間に行った配達に関する注文者およびレストランパートナーからの評価平均が98%以上であること
  • 過去3ヶ月間に、料理のピックアップ後に自己都合でキャンセルをした回数が5回以内であること
  • コミュニティガイドラインを遵守していること

配達回数500回以上

これが一番高いハードルでしょう。

3ヶ月間(約90日)で500回ですから、1日あたり6回は配達しないといけません。
1週間で42回ペースですね。

俺の実体験から言うと、6回という配達回数は都内のピーク時間帯(11:00〜14:00、18:00〜21:00)であれば2時間で達成できます。

まぁこのペースは会社員だと結構大変なんですよね。
会社員しながらゴールドパートナーを目指そうと思うと、仕事終わりと土日の時間は配達だけして終わってしまうかもしれません。

評価平均98%以上

Uber Eatsではお客様、配達パートナー、レストランパートナーが相互に評価し合う仕組みを導入しています。

なので我々配達パートナーはお客様とレストランパートナーから評価を受けるわけです。
それぞれの評価観点としてはおおよそ以下のものになります。

お客様からの評価観点

  • 料理をこぼさずに運んでくれたか
  • 配達時間がひどく遅くならなかったか
  • 丁寧な受け答えをしてくれたか
  • 配達メモに書かれたことを守ってくれたか
  • プロフィール写真と同じ人が配達してくれたかどうか

レストランからの評価観点

  • レストランへの到着時間がひどく遅くならなかったか
  • 丁寧な受け答えをしてくれたか
  • レストランからの注意事項(配達バッグを店内に持ち込まないで等)を守ってくれたか
  • プロフィール写真と同じ人が料理を取りに来てくれたか

料理のピックアップ後のキャンセルが5回以内

つまり、レストランで料理をピックアップしてお客様に届ける前にキャンセルすることです。
言ってしまえば人が頼んだ料理を自分がもらってしまうような状況。

なので料理をピックアップする前のキャンセルであればこの条件には当たりません。

考えてもらえれば分かると思いますが、普通に配達してたらまずないですよ。
モラル的にもやらないですよね。

配達中に事故ったとか、自転車やバイクを盗まれたとかで、物理的に配達できないなどのトラブったときは別でしょうけれども。

コミュニティガイドラインの遵守

この条件だけ定量的ではないですが…
要するに人としての常識守って配達しましょうね、くらいの認識で問題ありません。

  • 配達したお客様の家にプライベートで行かない
  • お客様やレストランパートナーに不必要な身体接触をしない
  • お客様やレストランパートナーに罵詈雑言を吐かない
  • 飲酒運転をしない
  • 運んでいる料理をつまみ食いしない

まぁこれは一例ですけども。
普通にやらないですよねそんなこと笑

黙々と真面目に配達していればまず大丈夫です。

コミュニティガイドラインの全文は以下に定義されてますので、気になる方は読んでみてください。

参考 Uber Eats コミュニティガイドラインUber

ゴールドパートナーは四半期ごとに見直される

ゴールドパートナーは四半期ごとの実績に基づいて1年に4回更新されます。
つまり、以下の期間がそれぞれ評価対象になります。

  • 第1四半期(4月〜6月)
  • 第2四半期(7月〜9月)
  • 第3四半期(10月〜12月)
  • 第4四半期(1月〜3月)

例えば、第2四半期(7月〜9月)でゴールドパートナーになる条件を満たせば10月1日からゴールドパートナーになれる、というわけです。

ただし、ゴールドパートナーになっていても次の第3四半期(10月〜12月)でゴールドパートナーの条件を満たさなかった場合、翌年1月1日からゴールドパートナーの称号は剥奪されてしまいます。

スポンサーリンク

ゴールドパートナーになるメリット

ゴールドパートナーになると以下3個の特典が得られます。

  • キャンペーンの優先案内
  • Uber Eatsで使える10,000円分のプロモーションコード
  • レストラン優待

キャンペーンの優先案内

配達パートナー向けのイベントやキャンペーンに優先的に呼んでいただけるそうです。
(2019年10月1日にゴールドパートナーになったばかりなので、2019年10月17日現在、俺自身まだ参加したことないですが)

なんかゴールドパートナーだけの公式オフ会的なやつもあるみたいですよ。

配達パートナーは各々が個人事業主として独立しているだけに、Twitterなどで独自にコミュニティが形成されています。
そんな人達同士が一斉に集まるとより仲間意識が生まれそうですね。

プロモーションコード

これが一番嬉しいやつですね〜!
Uber Eatsで使える1,000円分のプロモーションコードが10回分付いてきます。

つまり、10回は1,000円引きでUber Eatsで食事を注文できるということです。
注文金額次第ではタダ飯もできちゃいますね。

レストラン優待

一部レストランパートナーの店舗で優待が受けられます。

割引になったり、トッピングが無料で付いてきたり。
レストランパートナーによって内容は異なります。

まぁこれは正直そこまで利用しないかもな〜って印象です。

まとめ

ゴールドパートナーとは

  • ゴールドパートナーとはUber Eatsの実績の高い配達パートナーのこと
  • ゴールドパートナーになるためには配達回数や評価値などの基準を満たす必要がある
  • ゴールドパートナーは四半期ごとに見直される
  • ゴールドパートナーになるとUber Eatsで使えるプロモーションコードなど特典が得られる

ゴールドパートナーという称号は配達パートナーとしての誇りの一つです。

地道に配達回数を重ね、お客様とレストランパートナーから信頼を得られなければなれませんからね。
ゴールドパートナーになった人は自信を持っていいと思いますよ。

ゴールドパートナーになるためにはある程度の時間と体力が必要です。

会社員には難しいかもしれません。
でも、時間がある人にはぜひ目指して欲しい。

やるからにはやってやりましょ!


Uber Eatsの配達パートナー向け記事のトップページはこちら。

Uber Eatsの配達パートナー解説トップページ

この記事を書いた現役配達パートナーであるかたぴもオススメ!

会社員しながらでも土日限定など限られた時間で副業ができちゃいますよ😆
時間的自由な新しい仕事、始めてみませんか?

↓Uber Eatsの配達パートナーの登録はコチラからできます↓

【a】Uber Eats 配達パートナー募集

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA