「まずはやってみよう!」
チャレンジし続ける会社員を応援する『かたぴ』のブログ

自転車でUber Eatsの配達を昼から夜までぶっ通しでやるとどうなるか?

みなさんこんにちは。かたぴ(@katapi1103)です。

今までUber Eatsの配達をするときは昼のピーク時間帯と夜のピーク時間帯だけやっていました。
つまり11:00〜14:00と18:00〜21:00の2回配達ですね。

ただ、一度は昼から夜までずっと配達をやってみたいという思いもありました。
やってみないと分からないですからね

そこで今回、昼から夜までぶっ通しで配達をやってみました。
時間にして11:00〜21:00の10時間!

東京都内で自転車で昼から夜までぶっ通しで配達するとどうなるのか、書きたいと思います。

ぶっ通しで走った結果

配達件数は23件

11:00〜21:00までで配達の件数は23件でした。
10時間なので平均すると1時間につき約2.3件でしたね。

これが多いのかどうかと言われると、ピーク時間帯だけを見ると少なく見えます。
ピーク時間帯は1時間で4件くらい行くときもありますから。

アイドルタイムの注文数が少ない

やはり、昼のピーク時間帯から夜のピーク時間帯は注文数が少なかったです。

いわゆるアイドルタイム。
時間にすると14:00〜17:00ですね。

確かにおやつの時間帯だからか、ドリンク系やデザート系の注文がよく入ります。
ただ、ランチの時間帯ほどは注文は入りません。

1時間によくて2件くらいでした。
ちょっと暇な時間ができてしまいますね。

75kmも走った

10時間で75kmも走りました。
行った場所は渋谷、表参道、四谷、乃木坂、六本木、品川、五反田、目黒、恵比寿、中目黒。

都内のいたるところを走り続けましたよ。
いやー我ながらよく走った・・・。

今日の消費カロリーはどれくらいだろう。
運動という意味ではいいですね。

スポンサーリンク

結論、さすがに疲れる

さすがに10時間も配達し続けるのは疲れました・・・。
いくら途中で食事休憩の時間をはさんだとはいえ、ね。

これなら昼と夜のピーク時間帯だけ配達したほうがいいかなぁと感じてます。
自分でやってみたからこそ身にしみて分かったことですね。

来週以降はアイドルタイムの配達はお休みします。
ピーク時間帯だけ集中的にやるほうが効率的と感じたので。

参考にしていただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA