「まずはやってみよう!」
チャレンジし続ける会社員を応援する『かたぴ』のブログ

Uber Eatsの配達をやってみて思った5個のメリット

この記事の対象者
  • 何か新しく副業を始めようと思っている会社員
  • 自転車でUber Eatsの配達をやってみようか迷っている人
  • スキマ時間で副業したい人

みなさんこんにちは。かたぴ(@katapi1103)です。

やはり何事も実体験ですよ。
やらずして物事は語れない。

実際にやってみると経験が自分の血となり肉となります。
人としての幅が増えた感はありますね。

自転車でのUber Eatsの配達を始めたのですよ。
始めるまでは不安も多いですが、やり始めたら結構楽しいじゃん!って

そこでこの記事では、俺がUber Eatsの配達をやってみて思った5個のメリットを紹介します。

メリット①運動する機会が増えた

これは自転車での配達ならではですね。

飲食店までの集荷もそうだし、お客さんの家に届けるまでもそう。
ひたすら自転車のペダルを漕ぎ続けるわけです。

これ、なかなかいい運動になりますよ?
足は鍛えられるし、カロリーも消費するからお腹引っ込めるのにも役立ちます。

元々自転車は好きなほうなのですが、最近あまりにも乗らない日々が続いていました。
寒いと尚更おっくうになりますよね。

でも、Uber Eatsの配達という目的があると、自転車に乗るきっかけが生まれます。
運動を始めるハードルが下がるんですよ。

スポンサーリンク

メリット②会社員でも気楽に副業できる

金銭的なゆとりは心のゆとりにもつながる。
やはり、お金に縛られてしまうことは多いわけで。

「月に数万でも増えれば生活はだいぶ楽になる!」
という人も多いのではないでしょうか。

Uber Eatsの配達は1時間でも2時間でもOK。
ちょっとした空いた時間があれば副収入を得ることができます。

何がいいって、シフトが自由なんですよ。
好きなときに働いて、好きな時間だけ働いて、好きなときに帰っていい。
時間的な制約がとても少ないのです。

収入を増やして、更に経験を積むために金を使ったりインプットのために自己投資したり。
この流れは今の俺がとても意識しているところです。

かたぴ

インプットしたことをブログなりでアウトプットして誰かに価値を与えていく。

メリット③休日に家でダラダラする時間が減った

割と休みの日は、家でダラダラしてしまうことが多い俺。

もちろん休みの日だからこそゆっくりと生活しようよ、という意見もあるでしょう。
それも大いに認めます。

ただ、ダラダラというレベルまで行くと、俺にとって結構無為な時間を過ごしてしまったなぁという感じは強いのです。
どうせならもっと生産的なことに時間を使いたい。

その点Uber Eatsの配達はいいですね。
運動にもなるし、副収入にもなるしで

かたぴ

ブログ書いて、Uber Eatsの配達して、ジムに行ってという休日。
なかなかに充実感高いんですよ、これ。
生きてる感じもするし、やるべきことがあって忙しいのは幸せなことです。
スポンサーリンク

メリット④地図が広がった

元々は地図を読むのは得意で土地勘もあるほうなのですが、Uber Eatsの配達を始めてから更に強化されましたね。
より、道順に詳しくなったわけです。

あの駅に向かうなら、この通りを進んで、この交差点を曲がって、この分岐を右で、のようにね。
自分の頭の中の地図がどんどん拡張されていくイメージ。

道の覚えはいいほうなので、地図やカーナビが無くても行ける場所が増えました。

メリット⑤知らない飲食店を知れた

いかに、自分が知っているまたは行ったことのある飲食店が少なかったかを思い知らされます。

たま〜に個人経営や地元に根ざした飲食店へ集荷に行くことがあるわけで。
もちろん割合的にはチェーン店のほうが高いんですけどね。

Uber Eatsの配達をしていて
「こんなところにこんなお店が・・・!」
というのは配達しているとよくあること。

それだけいろいろなお店が登録されています。
都心部だと特にね。

よく通る場所だけど意識的に見てないと飲食店を見過ごしてしまうわけです。
そんな飲食店にフォーカスが当たるいい仕事だと感じますね。

かたぴ

今度友達や彼女と行ってみたいな」と思うお店も多いんですよね。
出かけ先のバリエーションが広がります。

まとめ

Uber Eatsの配達を始めてみて良かったこと

  • 運動する機会が増えた
  • 空いた時間で副収入が得られるようになった
  • 休日に家でダラダラする時間が減った
  • 地図が広がった
  • 知らない飲食店を知れた

以上、Uber Eatsをやってみて思った5個のメリットでした。

これからの時代、もっと時間が大切になってくる。
そうなると時間に縛られず柔軟に働けるほうが、より効率的です。

そんな仕事がこれからもっと増えてくるといいですね。
自分も身をもって時代に合った働き方を経験して、それを少しでも皆さんに情報提供できるよう努めていきたいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA