【Uber Eats】現金払いの配達のメリットとデメリットを解説!【配達パートナー向け記事】

同じ内容をYouTubeでも公開しています。
動画で見たい方はこちら



かたぴ

みなさんこんにちは。かたぴです。
2019年2月にUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして登録し、自転車で約1,200回配達しました。その後、2019年10月にバイクでの配達に切り替えて今に至ります(累計配達回数は6,500回以上)

さて、先日、以下のようなツイートをしました。

【現金ONでの配達のメリット・デメリット】
メリット
・鳴る可能性が増える
・報酬が即日手に入る
・お釣りをもらえる可能性
デメリット
・現金を大量に持ち歩く手間とリスク
・お釣りを間違えて渡すと損失
・不衛生さが増す

自分自身、これまでに現金ONでの配達を数千回以上こなしてきました。
なので現金ONでの配達の特徴は熟知しているつもりです。

そこでこの記事では現金ONでの配達のメリット・デメリットについて深堀りしていきます。

「現金ONでの配達しようか迷っているけど、実際どうよ?」
って方はぜひ参考にしてもらえれば幸いです。

MEMO
現金払いの配達を受け付けるかどうかは任意です。
現金払いのON/OFFは配達用アプリ上で簡単に切り替えられますよ。
なので、一度ONにしたらずっとONにしないといけないとか、切り替えるのにパートナーセンターに出向くとかは無いので安心してください。

現金ONでの配達のメリット

鳴る可能性が増える

Uber Eats配達はどんなに知識があっても配達スキルがあっても、鳴らなきゃまったくの意味無し!
鳴ることが大前提のゲームなんです。

少なくとも確実に言えるのは、現金OFFの人には現金払いの注文は回りません。
そのため、現金ONにすることで鳴る可能性が増えるのは大きなメリットです。

ただ、気をつけないといけないのは、鳴る可能性が増えるだけであって、そのままでは配達件数の増加に直結するわけではないということ。

結局はどの店にピックアップに行くかなんですよ。
鳴ったところでピックアップが面倒な店や待たされがちな店ばかり引いていたら、配達件数はさほど変わらないということもあり得ます。

現金ONにして鳴りを増やした上で、効率の良い店を狙ってピックアップしていくことが配達件数を増やすためのカギです。

報酬が即日手に入る

Uber Eatsの配達の報酬は基本的に週払いですが、現金ONにすると日払いにできます。
というか日払いよりも即現金化といったほうがいいかな?

お客さんから現金をもらうとき、大半の場合で本来の報酬よりも多くの額を受け取ります。

例えば、ある配達の報酬は500円だけど、お客さんの注文代金が2,000円だったとしましょう。
この2,000円は一時的に配達パートナー(みなさん)が全額受け取ることになるわけです。

もちろんもらい過ぎていますよね(この場合は1,500円多くもらっている)。
なので、登録したクレジットカードやデビットカードで後々清算する必要があります。

ただ、配達した日によっては口座からの引き落としは1ヶ月以上先ということもあるでしょう。
良いか悪いかは置いておいて、すぐには返す必要がない現金と考えれば、一時的に報酬以上の現金を手元に残せることになるわけです。

正直消費者金融とかでキャッシングをするよりもはるかにマシだと思っちゃいますね。
もらいすぎた分はそのままの金額で清算するだけなので、無利子で多くの現金を受け取ったことになります。

ちなみに清算する金額が多ければ多いほど、クレジットカードによるポイントやマイルも貯まりやすくなるというメリットも。

かたぴ

かと言って手元に増えた現金を浪費するのだけは気をつけて。引き落とし日になって清算に必要な現金が残ってないなんてことにならないように。

お釣りがもらえる可能性

数十円くらいのお釣りをお客さんに渡す必要があるとき、たまに
「お釣りはいらないです」
と申し出てくれるお客さんがいます。

  • お釣りをもらうまでの時間が惜しい
  • 他の誰かが触れた現金を受取りたくない
  • 配達パートナーへのチップ

上記のいずれかですかね。

お釣りだと大半が数円〜数十円くらい。
とはいえ、現金でのチップはUberも認めているので、お客さんの善意はありがたくいただきましょう。

かたぴ

ちなみに2020年春のコロナウィルス騒動中にUber公式によるチップ機能が登場したので、現金払いならではのお釣りがもらえる可能性というメリットは良くも悪くも薄れました。
スポンサーリンク

現金ONでの配達のデメリット

現金を大量に持ち歩く手間とリスク

現金払いの一番の面倒さは小銭のやり取りです。

注文次第では1円単位の注文もあるので、1円玉から500円玉まですべて揃えておく必要があります。
どれくらい持ち運ぶかにもよりますが、小銭は枚数が増えると結構重たくなるんですよね。

また、商品を受け渡すのにも少し時間がかかります。
クレカなどの電子決済なら商品渡してハイ終わりですが、現金払いだと金額の確認やらお釣りの受け渡しなどの時間が必要です。

あと、もらった現金はくれぐれも無くさないように…!

現金ケースは常に携行してください。
もし無くしたら自己責任。

かたぴ

現金ケースを無くしたり盗まれたりしたら大変ですよ。手元に金はないのにUberから請求だけが来ますからね。

お釣りを間違えて渡すと損失

スムーズなお釣りの受け渡しのために、お釣りがいくらなのか瞬時に計算する必要があります。
暗算力が試される瞬間ですね。

ただ、誤った金額のお釣りを渡さないよう注意。
少なく渡してしまって後で発覚すると低評価リスクになるし、多く渡してしまったら自分の損失になります。

過去に一度だけ、間違えて500円お客さんに多く渡して後になって気づいたことがあります…一回分の配達を無償でやってしまったことに😭

お釣りをもらえるメリットと対になるリスクとも言えますね。

かたぴ

暗算に自信がない人は素直にスマホの電卓アプリを使うほうがいいです。

不衛生さが増す

今に始まった話じゃないですが、現金とは不特定多数の人が触りに触った汚いものでもあります。

自分は潔癖じゃないので全然気にならないですが、気にする人は気にするというのが現金というもの。
現金ONにしている限り、不衛生さが増してしまう現実からは逃れられません。

かたぴ

特に今はコロナウィルス騒動で過敏になっているといいますかね(まぁ現金の不衛生さが気になる方はそもそも現金払いで注文はしないとは思いますが)

自分が実際に使っている現金ケース

このケースを使っています。
1円玉から500円玉がそれぞれ50枚ずつ入りますよ。

あえて大きめのケースを使っている理由は、小銭の不足とあふれを防ぐためです。

お客さんにお釣りを渡そうと思ったら小銭が無いという状態を防ぎたい。
加えて、小銭が足りなくてどこかへ補充しに行く手間を減らしたいという思いもあります。

また、自分はUber Eatsの配達を専業でやっているということもあり、朝から晩まで配達していると1日だけで小銭が結構な枚数に増えます。
1日配達しても小銭があふれないように収納できるケースが欲しかったというところ。

かたぴ

小銭の種類ごとに並べているのでお釣りの受け渡しもスムーズです。どの小銭がどれくらい残っているのかひと目で分かるというメリットもありますよ。
スポンサーリンク

まとめ

  • メリット①鳴る可能性が増える
  • メリット②報酬が即日手に入る
  • メリット③お釣りがもらえる可能性
  • デメリット①現金を大量に持ち歩く手間とリスク
  • デメリット②お釣りを間違えて渡すと損失
  • デメリット③不衛生さが増す

以上、現金ONの配達のメリット・デメリットでした。

場所によって現金払いのお客さんの割合というのは大きく変わります。
それは自分の目で確かめてみるしかないですね。

あと雨の日は現金払いの配達をOFFにするのもいいでしょう。
雨の日ならそもそも注文も多いし、何より雨が降る中で現金ケースを取り出したりお釣りのやり取りはかなり面倒です。

正直、現金ONの配達は好みが分かれると思います。

でもどっちが良い悪いとかじゃないんですよ。
「Uber Eatsの配達でどうしていきたいのか?」という自分の目的のために現金ONという手段を採用するかどうか、というだけの話です。

鳴る可能性を増やしてガッツリUber Eatsの配達をやりたいなら現金ONもよし。
重たい小銭やリスクも背負わずに気楽にやりたいなら現金OFFもよし。

自由な仕事だからこそどのように立ち回るのかの責任も自分で持つ。
そのへんの判断まで委ねられているのがUber Eatsの配達パートナーという仕事です。


2020年10月2日(金) 当サイト限定の最新クーポン更新!

初めてUber Eatsを利用される方限定!
下記のプロモーションコードをUber Eatsのアプリ上で入力いただくと、1,500円以上の注文が1,000円引きになります!(2020/10/2時点)

今すぐお得に使えるプロモーションコード
interjpq2206jh3z

大幅値引きでUber Eatsの注文を気軽に試せるチャンスです!😄

プロモーションコードの入力方法は下記の記事にて画像つきで解説しているので、ぜひ参考にしてくださいね。


Uber Eatsの配達パートナー向け記事のトップページはこちら。

Uber Eatsの配達パートナー解説トップページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA