【Uber Eats】現金払いで注文するメリット・デメリットを配達パートナー目線で解説するよ

2020年8月5日(水) 当サイト限定の最新クーポン更新!

初めてUber Eatsを利用される方限定!
下記のプロモーションコードをUber Eatsのアプリ上で入力いただくと、初回の注文が1,000円引きになります!(2020/8/5時点)

今すぐお得に使えるプロモーションコード
interjpq2206jh3z

注文金額を1,000円以内に抑えればUber Eatsでの注文を無料で試せるチャンスです!😄

プロモーションコードの入力方法は下記の記事にて画像つきで解説しているので、ぜひ参考にしてくださいね。


かたぴ

みなさんこんにちは。かたぴです。
2019年2月にUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナー(配達員)として登録し、今もなお現役で配達しております(累計配達回数は6,400回以上)

さて、Uber Eatsの支払いは基本的には電子決済です。
具体的にはクレジットカードやLINE Payですね。

とはいえ、電子決済ではなく現金で払うことも可能です(※)

決済手段が多様なのは確かに便利。
ただ、結論から言うと、Uber Eatsの利用においては現金払いはデメリットのほうが大きいと思っています。

それはなぜか?

そこでこの記事では、Uber Eatsにおける現金払いで注文するメリットとデメリットを、配達パートナー目線で解説していきます。

注意
※現金払いは、現金払いに対応しているエリアでないとできません。また、注文前に現金払いを指定する必要があります。

現金払いのメリット

まずはUber Eatsを現金払いで利用することのメリットから解説します。
正直、お客さんからしたら他のサービスにも言えるようなことくらいしかメリットはないんですよね。

メリット①電子決済できない人でもUber Eatsを利用できる

  • クレジットカードを持っていない人
  • クレジットカードが作れない人
  • LINE Payが使えない人
  • LINE Payを使いこなすのが難しい人

現金払いによって、こういった方々でもUber Eatsを利用できるようになります。

利用する敷居が下がりますよね。

かたぴ

Uber Eatsのお客さんが増えることで、サービスの継続新規エリアの拡大にもつながるし、我々配達パートナーにとっても仕事が生まれます。

メリット②ネットで電子決済することの不安を払拭できる

ネットとクレジットカードの組み合わせのサービスが生まれてからもう20年近くになるでしょうか。

とはいえ、
「流出したり勝手に決済されることなんて、そうそう無いよ!」
と言っても、なかなか難しいのがクレジットカードというもの。

可能性はゼロではないですからね〜。

かたぴ

手間がかかっても現金払いだと安心、という方にはオススメです。

現金払いのデメリット

どちらかと言えばこの記事の本編はここからです。
Uber Eatsならではのデメリットがありますよ。

デメリット①配達が遅くなる可能性が上がる

正直、現金払いについてはこれが一番大きなデメリット。
なぜかというと、現金払いにすると配達パートナーが決まりづらくなるから。

なぜ決まりづらくなるのかというと現金払いに対応していない配達パートナーがいるためです。

そう、配達パートナー全員が現金払いに対応しているわけじゃないんです。
これはUber Eatsの仕様。

現金払いでの注文は現金払いに対応できる配達パートナーしか配達できません。
つまり、配達できる候補が減ってしまうということになります。

よく晴れた日や駅の近くのお店などであれば現金払いでも問題ないのですが、雨の日や深夜などの配達パートナーが少ない時間帯だと、本来なら20分近くで届くはずの注文が1時間過ぎてしまう、なんてことも実際にあります。

かたぴ

対応できる配達パートナーが限られてしまうというのは、結婚相手の理想の条件を付ければ付けるほど候補が限られてしまうのと同じです。

デメリット②配達パートナーと対面する時間が増える

現金払いなので、商品の受け渡しだけではなく金銭のやり取りが必要です。
ピッタリの支払いだと早いですが、お釣りが必要な場合もありますし。

時間を無駄にしたくない方には現金払いはオススメしません。

クレジットカードやLINE Payといった電子決済なら、商品を受け取ってハイ終わり。
対面するのも一瞬で済みます。

かたぴ

ちなみに電子決済なら、配達パートナーとまったく対面しない配達オプションである『玄関先に置く』も気軽に利用できるようになります。

デメリット③現金に触れるので不衛生さが増えてしまう

この記事を書いている今、世の中はコロナウイルスで騒ぎになっています。

コンビニやスーパーなどでも現金を使わずに電子決済をしている方も増えたのではないでしょうか?

やはり、現金というのは誰が触れたのかも分からないモノ。
不特定多数の人が触れているのだから、どうしても不衛生さが増えてしまいます。

かたぴ

現金払いにしないというのはコロナウイルス感染予防にもつながります。

まとめ

  • メリット①電子決済できない人でもUber Eatsを利用できる
  • メリット②ネットで電子決済することの不安を払拭できる
  • デメリット①配達が遅くなる可能性が上がる
  • デメリット②配達パートナーと対面する時間が増える
  • デメリット③現金に触れるので不衛生さが増えてしまう

以上、配達パートナー目線で見た、Uber Eatsを現金払いで注文するメリットとデメリットでした。

特段の事情がない限り、クレジットカードやLINE Payといった電子決済で支払うことをオススメします。
コロナウイルスによる影響もありますから尚更と言ったところですね。

お腹が空いたのに、注文した商品がなかなか届かないというのは悲しいじゃないですか。
少しでも早く届くに越したことはないですよね。

参考になりましたら幸いです。


2020年8月5日(水) 当サイト限定の最新クーポン更新!

初めてUber Eatsを利用される方限定!
下記のプロモーションコードをUber Eatsのアプリ上で入力いただくと、初回の注文が1,000円引きになります!(2020/8/5時点)

今すぐお得に使えるプロモーションコード
interjpq2206jh3z

注文金額を1,000円以内に抑えればUber Eatsでの注文を無料で試せるチャンスです!😄

プロモーションコードの入力方法は下記の記事にて画像つきで解説しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA