【解説】Wolt(ウォルト)の配達員の仕事ってどんな感じ?配達中の実際の画面を元に、仕事の流れ7ステップを教えます!【紹介者コード: 8MVTQ】

2021年4月11日(日) 当サイト限定の紹介者コード更新!

これからWolt(ウォルト)の配達員として登録される方限定!
Woltの配達員のアカウント登録時に、下記の紹介者コード(Referral code)を入力いただくと初回の注文を含む3回目までの注文が500円引きになります!

今すぐお得に使える紹介者コード
8MVTQ
(8・エム・ブイ・ティー・キュー)

2021年2月17日(水)まで合計1,200円引きでしたが、キャンペーンにより期間限定で合計1,500円引きに…!
とてもお得にWoltの注文を試せるのは今だけ!😄


かたぴ

みなさんこんにちは。かたぴです。
現役でWoltの配達パートナー(ウォルトの配達員)をやっております(累計配達回数は420回以上)

「Woltの配達員への登録を検討しているので配達がどんな感じなのか知りたい」
「いよいよWoltの配達員としてデビューだけど上手く配達できるか不安…」
この記事ではこのような疑問にお答えします。

結論から言うと、Woltの配達員の仕事の流れはざっくり分けて以下の7ステップあります。

Woltの配達員の仕事の流れ7ステップ
  1. 配達アプリを起動する
  2. 配達モードを選択する
  3. オンラインにする
  4. 配達の依頼が来る
  5. 商品を店まで受け取りに行く(ピックアップ)
  6. 商品をお届け先まで届ける(ドロップオフ)
  7. オフラインにする

基本的に配達中は上の4〜6を繰り返すものと思ってください。

それでは、次からひとつひとつ解説していきます!

配達アプリを起動する

Woltの配達アプリ「Wolt Partner」

Woltの配達はスマホの専用アプリを通じて行います。

Wolt Partnerというアプリがあるので、iPhoneの方はApp Storeから、Androidの方はGoogle Playから各自インストールしましょう。

MEMO
もちろんインストールするだけで今すぐ誰でも配達ができるわけじゃありません。Woltの配達の仕事をするためには配達員として登録を済ませ、配達員アカウントが有効化されている必要があります。Woltの配達員の登録手順については下記の記事で解説しているので併せてどうぞ。

配達モードを選択する

配達アプリの設定画面

配達を始める前にまずは配達モードを選んでおきましょう。

初期設定だと同時配達あり(ダブル以上の配達あり)の複数同時配達モードが選択されていますが、Woltで気楽に配達をやりたい方は1件配達モードで配達してみるのもオススメです。

「1件配達モードって何?」という方は以下の記事もどうぞ。

オンラインにする

右スワイプでオンラインにできる

オフライン状態(配達の依頼を受け付けていない状態)だと、配達アプリの画面下部にオンラインにするボタンが表示されています。

このボタンを右にスワイプするとオンライン状態(配達の依頼を受け付ける状態)にすることができますよ。


現在地アイコンが青ければオンライン状態

現在地アイコンが青く表示されていればオンライン状態になっています。
あとは配達の依頼が来るのを待つだけ。

配達の依頼が来る

青い画面はピックアップを表す

配達の依頼が入ってくると「チンチンチン!」というベルのような音と共に青い画面が表示されます。
Woltにおいて青い画面はピックアップ(商品の受け取り)を表すので覚えておきましょう。

ちなみに、最初に複数同時配達モードと1件配達モードのどちらを選択したかで配達の依頼が来たときの画面が異なるので、それぞれのパターンで解説します。

複数同時配達モードを選択した場合

複数同時配達モードの場合

複数同時配達モードでは配達の依頼は原則拒否できません(※)
そのため、基本的には鳴ったら開始ボタンを押して配達をスタートすることになります。

注意
(※)複数同時配達モードで拒否できるのは『これ以上配達バッグに入り切らない』とか『駐禁リスクがある』とか『タイヤがパンクして走れなくなった』とかのように合理的な理由があるときのみです。ただし、拒否するにしてもサポートに依頼をしないといけないので、自分だけでは拒否できません。

1件配達モードの場合

1件配達モードの場合

1件配達モードの場合は配達の依頼を拒否することもできます。
ピックアップ先の店名やドロップ先の住所を見て、その配達を担当するかどうか決めましょう。

店まで商品を受け取りに行く(ピックアップ)

地図の見方

ピックアップに向かうときの地図画面

安全運転第一はもちろんですが、寄り道せず迅速に。
速やかにピックアップ先の店舗へ移動しましょう。

注意
Woltの配達アプリでは地図を回転させることはできません。常に方角の北が上になる地図(ノースアップ)で表示されます。

店舗からの注意事項(メモ)を確認する

入店前に注意事項がないか要確認

店舗によっては以下のようなピックアップ時の注意点(メモ)が書かれていることがあります。

  • 店舗の特徴や目印
  • 車両を停める場所の指定
  • 配達バッグの持ち込み可否
  • 入館手順(商業施設内の店舗の場合)
  • 商品の運搬の際の注意点

初めて行く店舗の場合は何か書かれてないか特に要チェック。

『料理の準備ができました』の表示を確認して入店

店舗が準備完了の操作をすると配達員に通知される

Woltは商品の準備ができると画面上に『料理の準備ができました』と表示される仕組みになっています。
この表示を確認したらそのタイミングで初めて入店しましょう。

注意
もし、お店に到着しても『料理の準備ができました』が表示されておらず、先に『料理が遅延していたらチェック』という赤いボタンが表示されたらその時点で入店してください。店員さんにあと何分かかるのか聞く必要があるためです。

注文番号を伝えて商品を受け取る

3桁の注文番号を店員さんに伝えよう

店内に入ったら店員さんに「こんにちは、Woltです!」などのように声をかけます。

店員さんから「番号をお願いします」と聞かれたら、配達アプリ上に表示されている3桁の注文番号を伝えましょう。
注文番号に合致する商品を店員さんが渡してくれるはずです。

受け取った商品すべてにチェック

受け取った商品すべてにチェックする

商品を受け取ったら商品ひとつひとつにチェックを付けます。
ピックアップするすべての商品にチェックを付けないとこの後のピックアップ完了操作ができません。

MEMO
本来であれば店員さんと商品ひとつひとつ確認するという取り決めになっており説明会でもそのように伝えられますが、実際の配達としては注文番号を伝えたらそのまま商品一式渡されて商品ひとつひとつ確認まではしないことが大半です。

右スワイプでピックアップ完了

最後にボタンを右スワイプしよう

商品すべてにチェックを付けるとピックアップ完了ボタンが操作できるようになります。
ボタンを右スワイプしてピックアップ完了!

かたぴ

複数同時配達モードの場合、ピックアップ完了後に別のピックアップが続くときがあります。これがWoltの同時配達です。違う店のピックアップが大半ですが、たまに同じ店でもう1件ピックアップすることも。

商品をお届け先まで届ける(ドロップオフ)

緑の画面はドロップオフを表す

Woltでは商品をお届けすることをドロップオフと言います。

ピックアップは青い画面でしたが、ドロップオフは緑の画面です。
緑の画面が表示されたら「あ、これから届けに行くんだ」と直感的に分かりますね。

ちなみにドロップオフの場合は、配達モードが複数同時配達モードだろうが1件配達モードだろうが、画面の見た目に変わりはありません。

地図の見方

ドロップオフに向かうときの地図画面

ピックアップのときの地図画面と基本的には同じ。

唯一違うのはピンの色が青ではなく緑で表示されています。
先ほどの繰り返しにはなりますが、ドロップオフの色は緑だからですね。

コンタクトレス配達(置き配)

コンタクトレス配達の表示

コンタクトレス配達とはいわゆる置き配のことです。
聞き慣れない言葉ではありますが、Woltでは置き配のことをコンタクトレス配達と言うので覚えておきましょう。

注文者がコンタクトレス配達を指定した場合、上記画像のようにドロップオフの詳細画面にコンタクトレス配達と目立つように表示されます。

コンタクトレス配達と表示されていたら、商品のお渡しは玄関先への置き配でOK。
また、オートロックを開けてもらうときを除き、商品を置いた後にインターフォンを鳴らす必要はありません。

注意
ただし、注文者からのメモで置き配に関する注意事項(ドアノブに商品の袋をかけてほしいとか、商品を置いたらインターフォンを鳴らしてほしいとか)が書かれていたらメモの内容を優先してください。

住所と注文番号を要チェック

誤配のないように!

お届け先に到着したら、あとは確実に商品の受け渡しを完了させるだけです。

建物名(表札名)・部屋番号・注文番号が合っていることを確認し、誤配したり違う部屋のインターフォンを鳴らしたりしないように気をつけて!

MEMO
Woltに限った話じゃありませんが、オートロックを開けてもらうときのインターフォンや対面での受け渡し時の挨拶はしっかりね!また次回も注文したいと思ってもらえるように。

注文者への電話のかけ方

いざというとき注文者に電話もできる

住所不備が少ないWoltではありますが、もし受け渡しが正常に完了できない以下のようなトラブルに遭遇したら、まずは注文者に電話しましょう。

  • 部屋番号が書かれていない
  • 注文者の名前に合致する表札が出ていない
  • 似た建物が並んでいるが建物名が書かれておらず判別できない
  • 屋外での受け渡しだが注文者が指定した場所に居ない

もし電話しても注文者が出ない場合はサポートにチャットして指示を仰ぎましょう。

注意
Woltでは配達員が注文者にメッセージを送ることはできません。

右スワイプで配達完了

最後にボタンを右スワイプしよう

注文者へ無事に商品をお届けしたら、最後に画面下部のボタンを右スワイプして配達完了!

Woltの配達は、ここまで解説してきたピックアップとドロップオフをひたすら繰り返すのが仕事となります。

かたぴ

配達お疲れさまでした!

オフラインにする

配達の仕事を終了したい場合はオフラインにする必要があります。
そうしないとずっと配達の依頼が入ってきてしまうので。

オフラインにするための手順は、配達していないときと配達中でやり方が変わります。
それぞれのやり方を見ていきましょう。

配達していないとき(待機中)

右スワイプするだけでオフラインに

配達していないとき(待機中)のオフラインのやり方は至ってシンプル。
オフラインボタンを右スワイプするだけでOKです。

配達中のとき

配達中のときは先ほどのようにオフラインボタンが出ていないので、まずはオフライン画面を開かないといけません。

オフライン画面でのオフラインのやり方は2パターン。
どちらか好きなやり方でオフラインにしてもらえればと思います。

パターン①時間を指定してオフライン

時間を指定してオフライン

「この後予定があるので、この時間以降に配達の依頼が入ってきては困る!」という方はこちらを。
オフラインになる時間をあらかじめ指定することができます。

パターン②現在の配達完了後にオフライン

現在の配達完了後にオフライン

「この後特に予定はないけど、とりあえず今やってる配達でラストにしようかな」という方はこちらを。
今やっている配達が終わり次第、自動でオフラインにできます(同時配達の場合は全部お届けした後にオフラインになります)

かたぴ

個人的にはこのパターン②のオフライン操作をすることが多いです。

まとめ

Woltの配達員の仕事の流れ7ステップ
  1. 配達アプリを起動する
  2. 配達モードを選択する
  3. オンラインにする
  4. 配達の依頼が来る
  5. 商品を店まで受け取りに行く(ピックアップ)
  6. 商品をお届け先まで届ける(ドロップオフ)
  7. オフラインにする

以上、Woltの配達員の仕事の流れについて解説してきました。

繰り返しになりますが、配達の仕事のメインはピックアップとドロップオフです。

配達は迅速・丁寧・確実に。
それが配達員に課せられた使命です。

ちなみに自分が書いた『Woltの報酬の仕組み』や『Uber Eatsと比較したメリット・デメリット』の記事もあります。
Woltの配達員になろうと思っている方はぜひ参考にしてもらえれば😊

かたぴ

みなさんもWolt(ウォルト)の配達員、一緒にやってみませんか?

2021年4月11日(日) 当サイト限定の紹介者コード更新!

これからWolt(ウォルト)の配達員として登録される方限定!
Woltの配達員のアカウント登録時に、下記の紹介者コード(Referral code)を入力いただくと初回の注文を含む3回目までの注文が500円引きになります!

今すぐお得に使える紹介者コード
8MVTQ
(8・エム・ブイ・ティー・キュー)

2021年2月17日(水)まで合計1,200円引きでしたが、キャンペーンにより期間限定で合計1,500円引きに…!
とてもお得にWoltの注文を試せるのは今だけ!😄


かたぴが書いたWolt(ウォルト)の配達員向けの他の記事はこちらにまとめています。

Wolt(ウォルト)の配達員向け記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA