Uber Eats で現金払いはオススメしない3つの理由

Uber Eats には様々な支払い方法が用意されていますが、以下の理由から現金払いでの注文はなるべくやめておいたほうが良いです。

  • 配達遅延になるリスクが増えるから
  • 置き配で注文できなくなるから
  • 一度の注文金額に上限があるから

確かに現金払いだと気軽に注文できるのはメリットですが、現金払いならではのデメリットが大きすぎるんですよね。

そこでこの記事では、Uber Eats で現金払いでの注文をオススメしない理由について解説します。

「現金払いで注文するとどうなるのか?」を知っておくことで今後Uber Eats を賢く利用できるようになるので、ぜひ知っておいてください。

かたぴ
かたぴ

みなさんこんにちは、この記事を書いたかたぴです。現役のUber Eats の配達パートナー(ウーバーイーツの配達員)として累計10,000回以上配達しており、プライベートでもUber Eats で累計1,000回以上の注文経験があります。

当サイト限定 計3400円引きクーポン配布中!

2024年4月18日(木)更新

↓↓↓ 当サイト限定プロモコード ↓↓↓

eats-hgikhh

■クーポン詳細
・Uber Eats で2400円以上の注文が2回まで1700円引きになります!(計3400円引き)

■クーポン適用条件
・初めてUber Eats を利用する方
・上記のプロモコードをUber Eats のアプリ上で入力すること

理由①配達遅延になるリスクが増えるから

現金払いで注文すると配達遅延しやすくなります(必ず遅延するわけではありません)

どういうことなのかというと、Uber Eats では配達パートナーの一人ひとりが「現金払いの配達依頼を受け付けるかどうか」を選べるんですよね。

例えば店の近くに配達パートナーが居たとしても、その配達パートナーが現金払いを受け付けていないと現金払いの注文は割り当てられません。

現金払いで注文することで「現金払いに対応した配達パートナーのみ」で配達担当者を探すことになってしまうため、現金払いだと配達パートナーが決まりづらくなってしまうんですよね。決まったとしても遠くの配達パートナーが割り当てられる可能性も上がりますし。

配達パートナーが決まらない限り注文した商品は配達されないため、配達遅延を防ぐためには少しでも配達パートナーが決まりやすいよう現金払いは避けたほうが良いというのが現実です。

特に雨の日なんかは現金払いだと配達パートナーが更に決まりづらくなります。街に出る配達パートナーの数がいつもより少ないのはもちろんのこと、普段は現金払いを受け付けていても「雨の日は面倒だから」と受け付けをやめてしまう配達パートナーもいるからです。雨の日にお届け予定時間から大幅遅延しているケースを何度も見てきました。

理由②置き配で注文できなくなるから

現金払いで注文すると置き配が利用できなくなります。

配達パートナーと対面して現金のやり取りをしなきゃいけませんからね。

置き配ができず配達パートナーと対面することで生じる以下のような点を問題に感じるお客さんもいらっしゃいます。

  • 身バレしてしまう恐れがある
  • 現金のやり取りで時間を取られる
  • 受け取るために服を着ないといけない
  • 在宅していないと商品を受け取れない(代金を支払わないと商品は渡してもらえない)

もしこのような問題が気になるのであれば、現金払いはやめて、クレジットカードやPayPayをはじめとしたオンライン決済を使用したほうが吉。

注意

現金払いでも置き配にしたいからといって現金を玄関先や地面にそのまま放置するのはやめてください。誰かに盗られたり風で飛んだりすると「現金を置いた・置いてない」というトラブルの元になります。

理由③一度の注文金額に上限があるから

現金払いで注文するとき配送料などの手数料込みで10,000円以上は一度に注文できないという制約があります。

大人数の食事を注文したり値段の高い商品を注文したりすると、いっぺんに注文ができずに複数の注文に分けなくちゃいけないかも?複数の注文に分けると、配送料もそれだけかかってしまいます。

一方のクレジットカードやPayPayなどのオンライン決済であれば注文金額の上限はありません。現金払いだけ上限があるんですよね。

まぁ正直そこまで高額な注文をする人はほとんど居ないでしょうが、一応知っておいていただければ。

まとめ

Uber Eats には様々な支払い方法が用意されていますが、以下の理由から現金払いでの注文はなるべくやめておいたほうが良いです。

  • 配達遅延になるリスクが増えるから
  • 置き配で注文できなくなるから
  • 一度の注文金額に上限があるから

もし「クレジットカードを持ってない!」「カード情報を入力するのはためらってしまう・・・」という方はせめてPayPayなどのオンライン決済を利用することをオススメします。

オンライン決済での注文であればすべての配達パートナーが対応できるので、現金払いと異なり配達パートナーが決まりやすくなり、配達遅延のリスクを下げることができますよ。

なお、現金払いだろうがオンライン決済だろうが、Uber Eats を初めて利用される方であれば以下のクーポンを使用していただくことでお得に注文できます。ぜひ試してみてくださいね!

当サイト限定 計3400円引きクーポン配布中!

2024年4月18日(木)更新

↓↓↓ 当サイト限定プロモコード ↓↓↓

eats-hgikhh

■クーポン詳細
・Uber Eats で2400円以上の注文が2回まで1700円引きになります!(計3400円引き)

■クーポン適用条件
・初めてUber Eats を利用する方
・上記のプロモコードをUber Eats のアプリ上で入力すること


Uber Eats で注文したい方向けの解説トップページはこちら。

【徹底解説】Uber Eats(ウーバーイーツ)の使い方【初心者必見】