絶対やめて!Uber Eats の住所入力でやってはいけないこと

  • 「Uber Eats の住所入力で失敗したくない!」
  • 「住所入力でこれやったらダメってことってあるの?」
  • 「過去に誤配されたり配達パートナーが自宅を探して迷ったりしていたことがある」

Uber Eats の住所入力にはコツがあり、やってはいけないことをやらないようにすることで、みなさんがUber Eats の利用時にトラブルに巻き込まれることがほぼ無くなります。

そんなUber Eats の住所入力で絶対にやってはいけないことは以下の4つです。

  • 郵便番号で住所検索する
  • ピンを正確にセットしない
  • 建物名や表札名を入力しない
  • メモに商品の要望を書く

そこでこの記事では「Uber Eats の住所入力でこれらはなぜやってはいけないのか?」を解説していきます。

ぜひ参考にしてくださいね。

かたぴ
かたぴ

みなさんこんにちは、この記事を書いたかたぴです。現役のUber Eats の配達パートナー(ウーバーイーツの配達員)として累計10,000回以上配達しており、プライベートでもUber Eats で累計1,000回以上の注文経験があります。

当サイト限定 計3400円引きクーポン配布中!

2024年6月15日(土)更新

↓↓↓ 当サイト限定プロモコード ↓↓↓

eats-hgikhh

■クーポン詳細
・Uber Eats で1800円以上の注文が2回まで1700円引きになります!(計3400円引き)

■クーポン適用条件
・初めてUber Eats を利用する方
・上記のプロモコードをUber Eats のアプリ上で入力すること

NG行動①郵便番号で住所検索する

Uber Eats の住所検索画面で郵便番号を入力して検索しないでください!

なぜかというと、お届け先を示すピン(後述)が大幅にズレてしまうからです。

郵便番号から住所を選択すると「郵便番号に紐づく町名の代表地点が選ばれてしまう」ため、ピンをセットする画面で自宅にピンがセットできないことがあります。

もしピンを自宅とは違う場所にセットしてしまったら誤配や配達遅延といったトラブルまっしぐら。

郵便番号で住所検索をするのは絶対にやめましょう!

NG行動②ピンを正確にセットしない

Uber Eats の住所設定時のピンをお届け先と違う場所にセットしないでください!

なぜかというと、誤配や配達遅延のリスクが増えるからです。

配達パートナーは「ピンのセットされている場所にお届け先がある」と思って店から配達にやってきます。なので、配達パートナーがピンのある場所に到着して指定のお届け先が見つからないと迷ってしまうんですよね。

迷ってしまえば当然ながら配達遅延につながります。たかだか数分間といえど、少しでも新鮮なまま商品が届いたほうが嬉しいじゃないですか。

最悪の場合、配達パートナーがお届け先を他の建物と勘違いして誤配になるかもしれません。そうなってしまうと商品を探す手間や返金申請といった面倒なことに巻き込まれてしまうかも・・・。

そういったトラブルを少しでも防ぐためにも、お届け先を示すピンのセットは正確に!

NG行動③建物名や表札名を入力しない

Uber Eats の住所詳細画面での「建物名(一軒家の場合は表札名)の未入力」はやめてください!

なぜかというと、誤配や配達遅延のリスクが増えるからです。

建物名(表札名)が未入力で、しかも先ほどのピンまでズレていると非常に危険!あたかも他の建物が正しいお届け先に勘違いされる恐れがあります。誤配や配達遅延待ったなしです。

お届け先を探して迷っている配達パートナーからメッセージや電話といった連絡が来る可能性も高く、みなさん自身も応対に手間取られてしまいますよ。

最初にちょっと建物名(表札名)を入力する手間だけで、誤配や配達遅延のリスクを減らせて、配達パートナーとの連絡に時間を割くのも減ると考えたら入力しない手はないと思いませんか?

建物名(表札名)は必ず入力するようにしてくださいね。

NG行動④メモに商品の要望を書く

Uber Eats の住所詳細画面の配達メモ欄に商品の要望(マヨネーズ不要、パクチー抜いてなど)は書かないでください!

なぜかというと、書かれても対応できないからです。配達メモ欄は「お届け先の建物の詳細」や「置き配などの受け渡し方法」について書く場所なので、商品の要望を記入する場所ではありません。

ちなみにメモに書かれた内容は配達パートナーしか確認できません。つまり、商品の要望を書いたところで店には一切伝わらないのです。

「メモが配達パートナーにしか表示されないなら、じゃあ店の人にメモの内容を代わりに伝えてよ」と思うかもしれませんが、そのメモは商品受け取り後じゃないと確認できません。

メモの内容をお店の人に伝えてから商品を準備しているのではなく、配達パートナーがお店に向かっている間に商品の準備が並行して進んでいるので時すでに遅し。

くれぐれも配達メモに商品の要望は書かないようお願いいたします。

まとめ

Uber Eats の住所入力で絶対にやってはいけないことは以下の4つです。

  • 郵便番号で住所検索する
  • ピンを正確にセットしない
  • 建物名や表札名を入力しない
  • メモに商品の要望を書く

これらをやらないようにするだけで、みなさんがUber Eats の利用時にトラブルに巻き込まれることは劇的に減ります。一度ちゃんと住所を設定しておけば、あとはずっとラクになる!

住所入力の詳しいやり方やコツについては以下の記事で解説しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

当サイト限定 計3400円引きクーポン配布中!

2024年6月15日(土)更新

↓↓↓ 当サイト限定プロモコード ↓↓↓

eats-hgikhh

■クーポン詳細
・Uber Eats で1800円以上の注文が2回まで1700円引きになります!(計3400円引き)

■クーポン適用条件
・初めてUber Eats を利用する方
・上記のプロモコードをUber Eats のアプリ上で入力すること


Uber Eats で注文したい方向けの解説トップページはこちら。

【徹底解説】Uber Eats(ウーバーイーツ)の使い方【初心者必見】