【利用者向け比較】WoltはUber Eatsと何が違う?【安心感は業界随一】

当サイト限定 計3000円引きクーポン配布中!

2023年1月27日(金)更新

↓↓↓ 当サイト限定プロモコード ↓↓↓

WJPAFI

■クーポン詳細
・Woltで5回まで600円引きで注文できます(計3000円)
・クーポンの有効期限はクーポンの入手から14日間

■クーポン適用条件
・初めてWoltを利用する方
・上記のプロモコードをWoltのページ上で入力すること
・以下のボタンからWoltのページを開くこと

今すぐお得に注文しよう

かたぴ

かたぴ

みなさんこんにちは、かたぴです。現役でWoltの配達パートナー(ウォルトの配達員)をやっており、プライベートでもWoltで300回以上の注文経験があります。

「Wolt(ウォルト)の評判はどうなの?」
「WoltはUber Eats(ウーバーイーツ)と何が違うの?」
「Woltの良いところ悪いところを知った上で利用するかどうか決めたいな」

こんな悩みをお持ちではありませんか?

Woltが誰にでもオススメできるフードデリバリーであるとは言いませんが、少なくとも安心感を求めたい方には刺さるんじゃないかなと。

対するUber Eats(ウーバーイーツ)とは日本国内のフードデリバリーサービスでは最も利用者が多く知名度もバツグンに高いです。

そこでこの記事ではWoltの利用を検討している方に向けて、WoltとUber Eatsの両方の配達員を現役でやっておりプライベートでも両方のサービスを頻繁に利用している私が、Uber Eatsと比較したWoltについて徹底解説!

ぜひWoltを利用するかどうかの参考にしていただけたら幸いです!

料金での比較

 WoltUber Eats
最低注文金額700円(東京と埼玉のみ1000円)700円未満の場合のみ150円加算
配送料お届け先までの距離によって変動お届け先までの距離によって変動
サービス料10%(上限300円)10%(上限350円)

※2022年7月14日現在

数百円程度の注文であればUber Eatsのほうが安く、3000円以上の注文であればWoltのほうが安くなる傾向があります。

1000円以上3000円未満の注文であれば正直なところ配送料次第なので金額はほとんど変わりません。

最低注文金額の違い

Woltでは最低注文金額を満たしていない商品だけでも配達はしてもらえますが、最低注文金額に満たない分も支払う必要があります。

例えば、Woltで最低注文金額が700円の都市で400円の商品1個だけを注文しようとすると、最低注文金額に対して300円が不足しているので300円追加で支払わなければなりません。

一方のUber Eatsでは700円未満の商品を選ぶと少額注文手数料として固定で150円が加算されます。そのため、数百円程度の商品だけであればUber Eatsのほうが安いことも。

配送料の違い

Woltではお店からお届け先までの直線距離だけで配送料が決まります。

Uber Eatsもお店からお届け先までの距離で配送料が決まりますが、Woltと違って具体的な基準や計算式は明らかにされておらず金額には不透明さがあります。

そのため、配送料に関してはWoltのほうが単純明快と言えるでしょう。

サービス料の違い

WoltもUber Eatsもサービス料は注文する商品代金に対してかかります。

例えば注文する商品代金が3000円だとすると、その10%の300円がサービス料として上乗せされます。

ただ、Woltのほうがサービス料の上限が低いため、1回の注文で3000円以上の商品を注文するのであれば、WoltのほうがUber Eatsより安く済む可能性がありますね。

かたぴ

かたぴ

Woltの料金について気になる方は【Wolt】料金の仕組み【最低注文金額/配送料/サービス料】の記事をどうぞ。

配達エリアでの比較

Woltがやっている都道府県(2023年1月17日現在)

Uber Eats がやっている都道府県(2022年7月14日現在)

配達エリアに関しては、正直Uber Eatsのほうが明らかに広いです。

Uber Eatsは2016年9月に初めて日本で始まったこともあり、その5年後である2021年9月28日で47都道府県すべてでサービス開始を達成しました。

一方のWoltは2020年3月に初めて日本で始まったので、まだまだ全国での開始には至っていません。

そのため、Uber Eatsは利用できてもWoltは配達エリア外のために利用できないという方は結構いますね。

逆にWoltが始まっていてUber Eatsが始まっていないというエリアは本当にごくわずかです。

かたぴ

かたぴ

Woltの配達エリア一覧については【Wolt】47都道府県の全配達エリア一覧【2023年最新】で解説しております。

注文できるチェーン店での比較

 WoltUber Eats
ファストフード系マクドナルド
モスバーガー
バーガーキング
ケンタッキー
ロッテリア
ウェンディーズ・ファーストキッチン
マクドナルド
モスバーガー
バーガーキング
ケンタッキー
ロッテリア
ウェンディーズ・ファーストキッチン
牛丼系吉野家吉野家
松屋
すき家
ファミレス系ジョイフルジョイフル
ガスト
ジョナサン
バーミヤン
藍屋
華屋与兵衛
デニーズ
ロイヤルホスト
サイゼリヤ
寿司系スシロー
かっぱ寿司
スシロー
かっぱ寿司
はま寿司
銚子丸
とんでん
魚屋路
うどん系はなまるうどんはなまるうどん
なか卯
丸亀製麺
カレー系ココイチ
ゴーゴーカレー
日乃屋カレー
ココイチ
ゴーゴーカレー
日乃屋カレー
ハンバーグ・ステーキ系びっくりドンキー
ココス
いきなり!ステーキ
びっくりドンキー
ココス
いきなり!ステーキ
ステーキガスト
ステーキ宮
ピザ系ピザハットピザハット
ドミノ・ピザ
ピザーラ
ナポリの窯+ストロベリーコーンズ
カフェ系スタバ
サンマルクカフェ
スタバ
サンマルクカフェ
コメダ珈琲
ドトールコーヒー
タリーズコーヒー

※2022年7月14日現在

正直書き切れないので一部しか載せられていませんが、チェーン店に関してもUber Eatsのほうが種類が圧倒的に豊富です。

Woltも昔に比べたらチェーン店もだいぶ増えてきましたが、Uber Eatsと比べるとどうしても見劣りしてしまうのが実情。

やはりUber Eatsのほうがサービスが始まってからの年数が長いだけはありますね。

かたぴ

かたぴ

Woltはその地域ならではの名店に焦点を当てていることもあり、Woltでは個人経営の店のほうがバリエーションが豊かです。

配達員での比較

 WoltUber Eats
年齢18歳以上18歳以上
適性テストありなし
専用の服装あり(着用は任意)なし
表示される配達員情報現在地、車種現在地、車種、名前、顔写真、ナンバープレート、評価値

配達員に関してはWoltのほうがよりしっかりしている人が多いです。

適性テストについて

Woltが実施する以下のような内容を問う適性テストに合格しないとWoltの配達員にはなれません。

  • 交通ルールや道路上の標識を理解しているか
  • 仕事中のホウレンソウ(報告・連絡・相談)
  • お客様(みなさん)への丁寧なやり取り
  • 配達でトラブルに遭遇したときの対応

つまり、Woltで注文したときに届けに来る配達員は全員例外なく適性テストを合格した人たちなんですよね。

年齢さえ満たしていればまず配達員になれるUber EatsよりはWoltのほうが配達員の質が高いと言えるでしょう。

服装について

Uber Eatsでは配達員の服装に指定はないため、どんな服装で配達するかは配達員によって様々です。

一方のWoltでは公式に水色のジャケットや配達バッグが用意されています。遠くからでもWoltの配達員とひと目で分かるのもWoltならでは。

ただWoltの服装の着用は義務ではなく任意なので、Woltの配達員全員が全員Woltの格好をしているとも限りません。つまり、Woltの格好じゃない人がWoltの配達に来ることもあります。

配達員の服装に関してはあくまでも参考程度に。

配達員情報

Woltで注文すると配達員の現在地と車種(自転車 or バイク or 軽貨物自動車)が地図上に表示されます。

一方のUber Eatsではそれらに加えて、配達員の名前、顔写真、車両のナンバープレート、評価値も表示されます。

つまり、配達員の情報に関してはUber Eatsのほうが表示される情報が多いです。

まぁ置き配希望であれば正直配達員の情報は特に気にならない方も多いことでしょう。

かたぴ

かたぴ

対面で受け取りたいときは、事前にどんな配達員が来るのか分かる(性別や表情が分かる)Uber Eatsのほうが安心できる人もいるかもしれません。

サポートでの比較

 WoltUber Eats
サポートとのやり取りチャットチャット、電話(Eatsパス年間契約者のみ)
返信スピード速い普通

Woltの代名詞とも言えるのが迅速対応なチャットサポートです。

サポートとのやり取り

Woltで注文して困ったときはアプリ内のチャット機能よりサポートとやり取りができます。万が一の注文トラブルの際にも迅速かつ的確な案内をしてもらえること間違いなし。

なお、Woltのサポート専用の電話番号はありません。そのためWoltでは電話でのサポートには対応していないのでご注意を。

一方のUber Eatsでも基本はアプリ内のチャットのみ。

ただ、Eatsパスという「1200円以上の注文で配送料が無料」になる有料課金の年間プラン(年3998円、2022年7月14日時点)を購入すると電話サポートも受けられるようになります。

Uber EatsでEatsパスの年間プランを契約する方はごく一部だとは思いますが、サポートへの連絡手段という点ではUber Eatsのほうが多いですね。

返信スピード

Woltのサポートの返信スピードの速さは業界随一と言ってもいいかもしれません。まず一時回答だけでも最初の送信から平均30秒ほどで返ってきます。Woltで「メッセージが届いているのかどうか心配」といった不安を感じることはありません。

かたぴ

かたぴ

Uber Eatsの返信スピードも決して悪くはないのですが、Woltと比べると遅さを感じますね。サポートの安心感でWoltに勝てる他社のフードデリバリーって多分ないんじゃないかなと。

まとめ

Uber Eatsと比較したWoltの特徴は以下の通りです。

  • 配送料次第でUber EatsよりWoltのほうが安くなる可能性がある
  • 配達エリアはUber Eatsのほうが圧倒的に広い
  • チェーン店の豊富さもUber Eatsのほうが圧倒的に上
  • 配達員はWoltのほうがしっかりした人が多い
  • Woltのサポートからの返信スピードは業界随一

やはりサービス開始してからの年数が長いこともあり、日本においてUber Eatsの存在感は圧倒的。

注文できるチェーン店の種類の豊富さと注文できる配達エリアの広さに関しては、残念ながらWoltは完敗です。

真正面から戦ってもなかなかUber Eatsには勝てないからこそ、フードデリバリーにおける安心感という別の側面から戦っているのがWoltと言えるでしょう。

もしこの記事を読んで「Woltを試してみたい!」と思った方がいらっしゃるのであれば、下記の当サイト限定のプロモコードをWoltのアプリ上で入力いただくことで少しでも安くWoltを利用することができます。

ぜひWoltの使い勝手をご自身でも試してみてくださいね!

当サイト限定 計3000円引きクーポン配布中!

2023年1月27日(金)更新

↓↓↓ 当サイト限定プロモコード ↓↓↓

WJPAFI

■クーポン詳細
・Woltで5回まで600円引きで注文できます(計3000円)
・クーポンの有効期限はクーポンの入手から14日間

■クーポン適用条件
・初めてWoltを利用する方
・上記のプロモコードをWoltのページ上で入力すること
・以下のボタンからWoltのページを開くこと

今すぐお得に注文しよう


Wolt(ウォルト)の注文者向けの解説トップページに戻るにはこちら。

【Wolt】注文者向け解説トップページ