「まずはやってみよう!」
時間を大切にして、のびのびと健康に生きるための情報発信ブログ

あなたの好きなことや得意なことを自分の中だけで眠らせないで! 〜情報発信して誰かのために役立てよう〜

みなさんこんにちは。かたぴ(@katapi1103)です。

情報発信していますか?
ここでいう情報発信とは、ネット上で何らかの情報を自分から発信することをいいます。

情報発信のいいところは気軽に誰かしらに貢献ができるところ。
インターネットが普及した現代だからこそできることです。

一方、情報発信をするとなったとき、こんな声をよく聞きます。

「自分にはそんな発信するほどのスキルはない」
「詳しい人なんて他にいくらでもいる」
「自分のレベルの低さをさらけ出すのは恥ずかしい」

そんな人にこの記事は読んでほしい。
あなたならではの情報発信を望んでいる人がいます。

特に好きなことや得意なことは大いに役立てるはずです。

なぜそんなことが言えるのかというと俺自身がそういう経験をしてきたから。
どうぞ最後までお付き合いくださいませ。

あなたも誰かの情報発信の恩恵を受けている

情報化社会である現代、ネット上にはいろいろと情報が転がっています。
インターネットのおかげで企業だけでなく個人でも十分気軽に情報発信ができる時代です。

この時代、暮らしていて誰かの情報発信の恩恵を受けない日はなかなかないんじゃないでしょうか?

例えば、分からないことや気になることがあればGoogle検索をする。
今何が話題になっているのか、TwitterInstagramで知る。
面白い動画や役立つ動画を求めてYoutubeを見る。

誰かしらが情報発信してくれたからこそ、あなたはそれを見て、知ったり学んだりすることができたわけです。

かたぴ

受け身にならず、自分から情報発信してみませんか?
スポンサーリンク

好きなこと・得意なことを発信しよう

「とは言ったものの、何を発信したらいいの・・・?」

そんな声が聞こえてきそうです。

でも何を発信するのか?
オススメしているのはあなたが好きなことや得意なことです!

好き・得意だけで既に秀でている

世の中にはいろいろなことがあるのですよ。
趣味から仕事、スポーツ、飲食、ゲームなどに至るまでそりゃもう数えきれないほどに。

大多数のことは興味がないか、名前だけ聞いたことあるか、そもそも存在すら知らないこともあるでしょう。
自分が普段関わってることなんてごく少数と言えます。

そう考えると、今あなたが好きなこと・得意なことってすごくないですか?
そのことに興味がない人や、あまり詳しくない人や、そもそも存在すら知らない人よりは間違いなく詳しいわけで。

かたぴ

好きなこと・得意なことというだけで、何千人に一人とか何万人に一人とかのレベルに既になれています。

あなたの好きなことや得意なことは何?

じゃあ好きなことや得意なことってなんだろう?

そりゃ俺にも分かりません。
あなたが好きなことや得意なことは、もちろんあなたが一番知っているわけで。

好きなことや得意なことを振り返るヒント。
以下の質問に答えてみてください。

  • あなたの日課は何ですか?
  • プライベートの時間では主に何をして過ごしてますか?
  • 面倒な気持ちにならず、ためらわずに出来ることは何ですか?
  • 一時期ドハマリしてやっていたことはありますか?
  • 仕事は何をしていますか?

特にあなたのこれまでやってきたことの中で時間をかけていることを考えれば自ずと好きなこと・得意なことは出てくるでしょう。

一方で、あなたが苦手なことや嫌いなことでも、それを好きだ得意だという人は世の中にいるものです。

そんな状況で好きだ得意だという人にはまず勝てません。
別に勝つ必要もないんですけど、やっててツライでしょうし続かない可能性大です。

情報発信は他人に決められるのではなく自分で自由に選べるのですから、選ぶなら好きなことや得意なことでやりましょ。

かたぴ

好きなことや得意なことはあなたのアイデンティティーにもなっているのではないでしょうか。
さっきの質問で出てきたこと、発信してみませんか?

何を発信するのかだけでなく誰が発信するのかも同様に大事

「好きなことや得意なことは分かった・・・けど、情報発信するほど自信が湧かない」

まだためらう人もいることでしょう。
分かりますよ、どうしたって世の中上には上がいますから。

でも考えてみてください。
皆が皆、上の人にお願いするわけじゃないんですよ。

友達や知り合いといった身近な人のほうが安心できる

相談したいことがあるとき、何か特定のものを買いたいとき、あるサービスを受けたいとき、いろいろあるでしょう。
もし、そんな状況であなたの友達とか知り合いがそれらに詳しかったらどうでしょうか?

見知らぬ人よりも、その友達や知り合いにお願いしたくなりませんか?
その友達や知り合いが信頼に値する人ならなおさら。

何が言いたいのかというと、能力が高ければいいというだけではないのですよ。
見知らぬ人に頼むよりも、身近な友達や知り合いのほうが気軽に頼めて安心できるからです。

やはり身近な人ならどんな人柄なのか分かっているというのは大きいですよね。
どうしても購入したりサービスを受けたときに失敗したくないですから「その人なら安心」と感じられるのは大きなメリットです。

かたぴ

何をやっているのかも大事だけど、誰がやっているのかも同様に大事ということ。

有料のnoteが売れた経験

俺自信もそのような経験があります。

noteという文章を売ることができるサービスを聞いたことがあるでしょうか。
俺もこのサービスでnoteを販売しているのですが、下のnoteは20部以上売れました(当時100円、今は300円)。

参考 【初心者向け】ブログ開設2ヶ月目でいきなり月間80,000PV達成!検索流入9割のブログでPV数を伸ばすために意識している3つのポイント【10,000字超え】note

俺がもう一つ運営しているフリーゲーム攻略ブログでの実績をもとに、自分がブログ運営や記事執筆でやっていたことをありのままに綴ったnoteです。

もちろん、目新しいことは何ひとつ書いていません。
紹介したテクニックや意識したことは、既にいろんなサイトやいろんな人から言われていることばかり。

世界初の試みをしたわけでも、特殊な技術やテクニックを使ったわけでもないんですよ?

それでも売れるんです。
当時所属していたオンラインサロンの仲間が買ってくれただけでなく、全くの見知らぬ人が買ってくれたこともありました(本当にありがたいことです)。

ブログの運営がうまい方は世の中にもっとたくさんいます。
そんな方と比べたら自分はまだまだなんですよ。

それでも、定量的なデータで根拠を示して嘘も誇張もせずありのままに伝えた結果、無名の俺でも信頼してくださって購入してくださる方が一定数現れたわけです。

かたぴ

とても貴重な経験でした。
自信になるし貢献感も高まります!
スポンサーリンク

今の時代、情報発信は誰でもほぼ無料でできる

「でも、そういうのってお金がかかるんでしょ?」
「スマホやPCに疎いから自分にはできない・・・」

そう思っていませんか?
でも今の時代は手軽に誰でも情報発信ができる時代なんですよー!

やらなきゃもったいないくらい。

かつて情報発信ができたのは一部の組織だけ

インターネットがまだ普及してなかった頃を思い出してみてください。
広く情報発信ができていたのはどのような人たちだったでしょうか?

そう、マスメディアや出版業界といった組織にいる人たちだけでした。
テレビ局・ラジオ・新聞や本の出版社といったところですね。

情報を発信するためには高価な機材が必要です。
また新聞や本であれば紙媒体ですから大量に印刷する必要もあります。
更にそれらをエンドユーザー(視聴者・読者)に届けるには配送コストもかかります。

上のような理由から、個人での情報発信は到底太刀打ちできませんでした。
個人ではマンパワー(人手)が足りないし、お金の問題もありますから。

かたぴ

情報発信は限られた組織だけに開かれたものでした。
発信したければそのような組織に入る必要があるでしょう。

インターネットで変わる情報発信

しかし、インターネットは個人に力を与えました。
安価で気軽にどこへでも情報を届けられるようになったからです。

TwitterやFacebook、Instagramを使えば、文章や画像を使って気軽に発信できます。
俺のようにブログでガッツリ文章を通じて情報発信することもOK。

はたまた動画を通じてYouTubeなどで情報発信するのも今となっては当たり前となりました。
生放送・生配信などという昔はテレビやラジオでしかできなかったようなことも、今となってはスマホのアプリひとつで簡単にできてしまいます。

エンジニアであればアプリサービスをリリースするのもいいですね。
ノートPC1台あればどこでも開発できる時代です。

ちなみに情報発信するために必要なお金はほぼ無料と言えます。
必須なのはネット接続料金くらいですから、ほとんどの人は意識して追加で払わなくてもできちゃうんですよ。

かたぴ

やりたくてもできない時代から、誰にでもできる時代へ。
もはややるかどうかなんですよね。

まとめ

好きなことや得意なことを情報発信しよう

  • 好きなことや得意なことというだけで多くの人より詳しい
  • 何を発信するのかだけでなく誰が発信するのかも同様に大事
  • 情報発信は誰でもほぼ無料でできる
  • 情報発信はできるできないではなく、やるかやらないかの時代

情報発信できる時代だからって、誰もが必ず情報発信しないといけないわけではないですよ。
情報発信しない人がダメだとかクソだとか言うつもりもありません。
そういう生き方ももちろんアリです。

ただ、どっちが面白いかといったらそれはもう情報発信するほうだと個人的には思います。

やはり他者貢献感が高まるのが大きいですね。
情報発信すると誰かしらの役に立てる可能性が生まれるわけです。

  • お礼を言われる
  • ファンになってくれる
  • あなたに対してお金を落としてくれる

自分はここにいていいんだ、という気持ちが高まりますよ。
これからも一人でも多くの人に貢献したい。

情報発信、やってみませんか?
発信するための手段はいろいろあります。

自分の好きなことや得意なことを誰かに活かそうと頑張るあなたはステキです。
応援しています。


こちらの記事も合わせてどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA