「まずはやってみよう!」
時間を大切にして、のびのびと健康に生きるための情報発信ブログ

【Uber Eats】たまには違うエリアに配達に行ってみよう【息抜き&新しい発見】

みなさんこんにちは。かたぴです。

東京や埼玉でUber Eatsの配達を専業としてやっており、配達回数は累計で1,500回を超えました。
また、2019年10月1日よりゴールドパートナーの称号も拝命しております。

さて、先日以下のようなツイートをしました。

やっぱ違うエリアで配達するの楽しいわ〜
いつもと違うところを走る楽しさと、ピックアップ行ったことないお店だらけの新鮮さ
いい気分転換になる😄

2019年11月1日から埼玉県でUber Eatsのサービスエリアが拡大したんですよ。
和光市、朝霞市、志木市、新座市、草加市が新たに加わりました。

普段俺はさいたま市で配達をしているのですが、今回のサービスエリア拡大に合わせて出張してきました。

たまには違うエリアで配達するのも楽しい!
いいリフレッシュになりますから。

いつもと違うところを走る楽しさ

違うところを走るとそれだけでドライブとしても楽しいですよ!

いろいろ新発見もありますから。
こんなふうにね。

  • こんなとこにこんなお店があるのか!
  • 前あったお店が無くなった…!
  • 新しい建物が建ってる…!
  • ここの風景きれいだな〜!
  • この道を行くとあの道路に出るのか〜!

確かに慣れてるという意味では、拠点としているエリアのほうがいいです。
どの道をどう走ればどこへ行けるか分かってますし、ピックアップするお店がどんな立地なのかも分かってますから。

まぁとは言え、ずっと同じところだと飽きちゃうんですよね〜
長く継続するためには、適度にイレギュラーというか、刺激を与えてあげると良いと思います👍

かたぴ

同じことばかりだと飽きてしまうのは人間の性格といいますか笑
スポンサーリンク

ピックアップに行ったことないお店だらけの新鮮さ

これは新しいエリアじゃなくて拠点でもそうなんですが、やっぱり初めてピックアップに行くお店はワクワクするんですよね〜

個人的にいつも言っているのはスタンプラリーをしているみたいだと。
新しいお店にピックアップに行くと、またひとつスタンプが押せたってね。

新エリアはピックアップに行ったことないお店だらけです。
言ってしまえば新しくスタンプカードを発行して、スタンプラリーを新たに始めた的な。

かたぴ

「ガンガン埋めてやるぜ!」って気持ちに鳴ります。

配達バッグと車両があればどこでも仕事できる

Uber Eatsの配達はとても面白い。

サービスエリア内であればどこでも仕事があります。
つまり、配達バッグと車両(自転車 or バイク)を持っていけば、どこでも配達ができてしまう。

稼ぎたい人は都内などのよく鳴るエリアに出向くのも良し。
あえてのんびりやりたい方は地方都市でやるのも良し。
今回の新規サービスエリア開始に合わせて、拠点を移してやるのも良し。

誰に指示されるわけでもなく、自分だけの判断で好きなエリアで好きなだけ稼働できちゃいます。

別のエリアで稼働するのに特に申請もいらないですしな。
思い立ったら即配達です。

かたぴ

こんな仕事今まであったでしょうか?
スポンサーリンク

まとめ

たまには違うエリアに配達に行ってみよう

  • いつもと違うところを走る楽しさ
  • ピックアップに行ったことないお店だらけの新鮮さがある
  • 配達バッグと車両があればどこでも仕事できる

もちろんエリアによって鳴り(注文の多さ)は違います。
よく鳴れば稼げるし、鳴らなかったら稼げません。

新エリアはまだまだ鳴りは弱いです。
そもそも知名度が低いですからね〜。

収入の多さを追求するのもひとつの楽しみですが、いろいろなエリアで配達するのもまたひとつの楽しみであります。
たまには収入度外視でやってみるのも面白いですよ。

すべてはあなたが決められる。
どこで配達するのかも、どの時間に配達するのかも。

それがUber Eatsの配達パートナーという仕事ですから。


Uber Eatsの配達パートナー向け記事のトップページはこちら。

Uber Eatsの配達パートナー解説トップページ

この記事を書いた現役配達パートナーであるかたぴもオススメ!

会社員しながらでも土日限定など限られた時間で副業ができちゃいますよ😆
時間的自由な新しい仕事、始めてみませんか?

↓Uber Eatsの配達パートナーの登録はコチラからできます↓

【a】Uber Eats 配達パートナー募集

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA