「まずはやってみよう!」
時間を大切にして、のびのびと健康に生きるための情報発信ブログ

時間を作り出すために『特定の場所に行かなきゃできないことを減らす』思考を身につけよう

みなさんこんにちは。かたぴ(@katapi1103)です。

時間は大切ですよね。
やりたいことがたくさんあって、時間はあってもあっても足りないくらい。

俺が時間を作り出すために意識していることがあります。
それは特定の場所に行かないとできないことを減らすということ。

特定の場所に行かないとできないというのは、当然ながら身体ごとその場所に行く時間を作り出す必要があります。
お店などの営業時間などで行ける時間が限られてしまうこともあれば、混雑していたために必要以上に時間を取られてしまうということも。

身体はひとつしかないですから、同時間に複数の場所に行くということはできません。
それならば身体がそこになくてもできることを増やさないと。

せっかく便利な時代なんです。
インターネットや色々なサービスを利用して自分の時間を作り出していきましょう!

この記事では、実際に俺が『特定の場所に行かないとできないことを減らす』ためにやっていることを紹介します!

Amazonやネットスーパーを利用して届けてもらう

日用品から食料品まで、毎日生活していると色々使うものがありますよね。
それらを買いに遠いところまで出かけたりしてませんか?

もちろんお出かけ自体は楽しいんですけどね。
ただ、それらを買うことが主目的なのに遠いところまで出かけるのは時間がもったいないと思います。
お店まで行って持って帰ってくる必要がありますから。

時間を作り出したいなら、自分で買いに行って持って帰ってくるんじゃなくて、誰かに持ってこさせましょうよ。
自分が買いに行く時間を誰かの時間で肩代わりさせるわけです。

俺が今もよく使っているのはAmazonです。
Amazonは言わずとしれた、ネットで商品を購入するための超大手のサービス。

Amazonで商品を注文すれば勝手に発送してくれて、ヤマト運輸などの配達員が家まで届けてくれます。
自分はその間、家にいながら他のことをできるわけで。

あとはネットスーパーですね。
主に食料品とかの購入で使います。

イオンネットスーパーは前に彼女と同棲してた頃はよく使っていました。
5,000円以上(※)注文すると配送料がタダになるのです(※地域によって異なります)

かたぴ

家に宅配ボックスがあればAmazonは更に便利。
自分が家にいない時間帯でも受け取れますよ。
スポンサーリンク

銀行の振込はインターネットでやる

最近、銀行のATMから振り込むことがほぼ無くなりました。
なぜなら全部インターネットでやっているからです。

インターネットで振り込むことの何が便利かって、いつでもできることですよね。
ATMが稼働している時間帯でなくていいわけです。

あとはATMの待機列に並ばなくていいこと。
俺、並ぶの好きじゃないんですよ〜。

インターネットでやるなら完全に自分のペースだけで振込できますよね。
銀行のATMだと、実際に行くまでどれくらい混んでいるか分からないので不確定要素が増してしまいます。

三井住友銀行なんか他行宛じゃなければインターネットでの振込手数料は無料ですよ。
他行宛だとしても窓口よりは安いしATMだと同額です。

参考 振込手数料三井住友銀行

かたぴ

インターネット振込を使わない理由ってありますかね・・・??

現金はコンビニでも下ろす

続けて銀行の話。

現金を銀行のATMだけで下ろしていませんか?

銀行のATMだけだと場所が限られてしまうんですよね。
その場所にすら行くことが面倒になります。

そこでコンビニの出番。
コンビニの銀行まで含めれば現金を下ろす場所の候補は一気に増えますよ〜!

三井住友銀行使ってますけど、特定の条件を満たすと月3回までコンビニでのATM手数料は無料です(昔は4回だったような・・・?)
今となってはコンビニで下ろすことのほうが多くなりました。

参考 ATM手数料のご案内三井住友銀行

かたぴ

最近では、その月のATM手数料無料を使い切ってもコンビニで下ろしてしまいます。
手数料なんて108円ですし、銀行まで行く手間を考えたら安いもの(それくらいブログでの収益で取り返してやるくらいの気持ち)
スポンサーリンク

家電をスマホで操作できるようにする

「家に帰ることなくエアコンを付けたり温度調整をしたりしたい」
「ロボット掃除機を可動させて部屋をキレイにしておきたい」

そんなことってあると思います。
昔だったら家に帰らなきゃできないことでした。

でも今はそんなことありません。
みなさんがいつも使っているスマホからでもできちゃうんです。

俺はeRemote Miniを使っています。
これがあると、赤外線に対応した家電はスマホで操作ができるようになるんですよ。

外出先でも仕事先でもスマホがあればどこからでもOK。
家に帰る必要はありません。

後述するスマートスピーカーと組み合わせると更に便利になりますよ。

かたぴ

eRemote Miniは会社の仲間二人にも紹介してきました。
便利に活用してくれてるみたいですよ。

スマートスピーカーを使って声で操作できるようにする

今までは家電は手で操作することが多かったと思います。
家電のスイッチをONにしたりリモコンを操作したりといったように。

更に時間を作り出すことを突き詰めていくと
「家電を操作するために、家電の置いてある場所やリモコンのある場所に行かなくてもいいじゃん?」
ってなるんですよ。

そこで便利なのがスマートスピーカー。
なんと自分の声で命令することで、今の時間を教えてくれたり、目覚まし時計をセットしてくれたり、天気やニュースを読み上げてくれたりします。
手元にスマホがなくてもOK。

スマートスピーカーで有名といえば、Google HomeとAmazon Echoシリーズが人気ツートップと言ったところでしょうか。
俺はAmazon Echoを使っています。

先程のeRemote Miniと、このAmazon Echoを組み合わせることで、声で家電まで操作できちゃうんですよ。

Amazon Echoでは「アレクサ、◯◯して」といったように話しかけると様々な操作が可能になります。
俺がよくやるのは以下のような命令ですね。

  • アレクサ、電気つけて
  • アレクサ、テレビつけて
  • アレクサ、エアコンつけて
  • アレクサ、掃除機かけて
  • アレクサ、行ってきます(エアコン・電気をOFF)

家の中で手だけでなく自分の声で操作できるようになるというのは、家電の操作の手段が増えたということ。
声で操作できれば、家の中でも特定の場所に行かないとできないことを減らすということも可能となります。

ベッドに寝ながら電気を消したり付けたり。
ブログを書きながらロボット掃除機を稼働したり。

かたぴ

一度慣れると便利で仕方ありません。
スマートスピーカーがない実家に行くとそのありがたみはより実感しますね・・・w

自宅PCを遠隔で操作できるようにする

「家のPCに入ってる特定のファイルを持ってくるの忘れた・・・!」
「誰も家にいないから自分が家に戻ってファイル取りに行かなきゃ・・・!」

どの端末からでもファイルを閲覧したり操作したりするクラウドサービスで便利な時代ですが、それでも家のPCにしか置いてないファイルってあるんじゃないでしょうか。

もしそのファイルが手元に必要なのに、あらかじめメールで送るなりGoogleドライブなどのクラウドに上げていなかったりすると家に帰るしかありません。
状況によっては時間的に家まで帰れないということもあるはず。

そんなうっかりミスをしたときの保険として、家のPCにはTeamViewerを入れています。

TeamViewerを使うとPCを遠隔操作することが可能になるんですよ。
自分のスマホから家のPCを操作することだってできちゃいます。

かたぴ

会社まで徒歩3分という職住近接をしてるので普段仕事している分には使うことはなかなかないのですが、旅など遠出をするときには重宝します。

Uber Eatsを利用して料理を運んできてもらう

最近でこそ自炊で一品料理くらいは作るようになった俺ではありますが。
(麻婆豆腐とかカニ玉とか!)

まぁそれでも料理をつくるのが面倒になることはあります。
料理するほど気力がないとか、料理するよりもブログ書きたい!とかね。

そういうときってレンチンだけでできるメシで片付けてしまうんですが、たま〜にレンチンメシの在庫が家になかったということがあります。

買いに行ったり食べに行ったりしたいけど、寒いので外には出たくない。
でもお腹は空いた。

さぁどうしようか?

そんなときはUber Eats(ウーバーイーツ)を使っています。
Uber Eatsとは色々な飲食店の料理を届けてくれるサービスです。

Uber Eats: 地元で人気の料理をお届け

Uber Eats: 地元で人気の料理をお届け
無料
posted withアプリーチ

最近だと俺も月に数回使っています。

Uber Eatsのアプリを開いた時に下の招待コードを入力すると2回目の注文まで500円割引になるのでぜひ使ってみてくださいね〜!
注文料金が安けりゃタダ飯ができるかもしれませんw

500円割引×2回の割引コード
eats-hgikhh

このUber Eats、何が便利かって、飲食店に行かずともそのお店の料理が食べられること。
飲食店が作ってくれるから自分で料理を作る必要もないし、食べ終わったら容器を捨てるだけなので皿洗いなど片付ける手間もありません。

あとは配達員が家まで持ってきてくれることですね〜。
配達員が自分の代わりに飲食店の列に並んでくれるし、家まで届けてくれるので自分でその飲食店まで取りに行く必要がありません。

料理が届くのを待っている間に家事やらブログやら他のことができますよ。

デメリットとしては、配送料が上乗せされるのでお店で食べるより若干高くなります。
配送料は時間帯やお店の場所にもよりますが、安くて110円、たまに200〜300円台とか。

かたぴ

その配送料をどう見るかですね。
金で時間を買うとはまさにこのこと。

まとめ

特定の場所に行かなきゃできないことを減らす

  • Amazonやネットスーパーを利用して届けてもらう
  • 銀行の振込はインターネットでやる
  • 現金はコンビニでも下ろす
  • 家電をスマホで操作できるようにする
  • スマートスピーカーを使って声で操作できるようにする
  • 自宅PCを遠隔で操作できるようにする
  • Uber Eatsを利用して料理を運んできてもらう

総じて言えるのは、自分以外の人の時間を使って自分の時間を作り出すというのと、インターネットを活用するということ。
自分の身体がそこにないとできないということを減らしていくことでより時間を作り出すことができますよ。

せっかく便利なサービスやツールがあふれてるんですから活用しない手はありません。
賢く使ってあなたが自由に使える時間を作り出していきましょ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA