【Uber Eats】注文がキャンセルされた!その原因を解説します【まず第一に現金払いはやめよう】

2021年6月18日(金) 当サイト限定の最新クーポン更新!

まだ一度もUber Eats で注文したことがない方限定!
下記のプロモーションコードをUber Eats のアプリ上で入力いただくと、1,500円以上の注文が1,800円引きになります!

今すぐお得に使えるプロモーションコード
eats-hgikhh

通常は1,200円引きなのですが、只今増額キャンペーン開催中につき1,800円引きに!

大幅値引きでUber Eats の注文を試せるチャンスです!
このチャンスをお見逃しなく!😄

プロモーションコードの入力方法は下記の記事にて画像つきで解説しているので、ぜひ参考にしてくださいね。


かたぴ

みなさんこんにちは。かたぴです。
現役でUber Eats の配達パートナー(ウーバーイーツの配達員)をやっております(累計配達回数は7,900回以上)

「Uber Eats(ウーバーイーツ)で注文したら、キャンセルされてしまった!」
この記事ではこのような疑問にお答えします。

結論から言うと、注文キャンセルになる可能性をゼロにはできませんが、この記事で紹介する対策を実践することでキャンセルになる可能性を大きく下げることはできますよ!

注文キャンセルの考えられる原因

  • 原因①配達員が決まらなかったから
  • 原因②注文した商品が売り切れになってしまったから
  • 原因③店の営業時間外だったから

注文キャンセルの考えられる原因はこの三つ。
ひとつひとつ解説していきます。

原因①配達員が決まらなかったから

この画面で長時間経過していませんか?

上記の画面からなかなか変わらず大幅に時間が過ぎてしまった場合、キャンセルされた原因は配達員が決まらなかったからという可能性が大。

配達員が全然決まらないとUber Eats のシステムによって注文が自動的にキャンセルされてしまうのです。

では、なぜ配達員が決まらないのか?
原因はいくつかありますが、代表的な原因は、支払い方法に現金払いを指定しているときですね。

すべての配達員が現金払いに対応していないというUber Eats の仕様上、現金払いを指定すると、それだけで配達してくれる候補が減ってしまうんです。

かたぴ

現金払い以外で配達員が決まらなかった原因も知りたい方は下記の記事をどうぞ。

原因②注文した商品が売り切れになってしまったから

注文した商品の一部(または全部)が直前に売り切れになってしまい、飲食店が商品を用意できないときが稀にあります。

そうなると、『用意できる商品だけを配達してもらう』か『注文そのものをキャンセルにする』のどちらにするか、確認の電話がUber Eats のサポートセンターから掛かってきます。

この電話に出ないと、注文者に連絡がつかなかったということで注文はキャンセルされてしまいます。

かたぴ

Uber Eats を注文した際は、いつでも連絡ができるよう手元にスマホを置いといてくださいね!

原因③店の営業時間外だったから

店の営業時間が終了する直前の注文だったために、店によって注文がキャンセルされることはあります。
配達員が商品を取りに来ない限り、閉店時間後になっても店員さんがお店を閉められなくなってしまうからです。

また、稀なケースですが、年末年始などの通常と営業時間が違うときに、店がUber Eats で注文できる時間を変更していなかったというミスもあります。
つまり、Uber Eats でその店の商品は注文できてしまうのに、その店自体が営業してなくて商品を用意できないというパターン。

かたぴ

後者はなんとも理不尽な話であり、配達員としても「おいおい!マジかよ!!」という感じです。2021年の元旦にもそのような問題がありました。
スポンサーリンク

注文キャンセルになる可能性を減らすための対策

  • 対策①代金の支払いに現金払いを指定するのをやめよう
  • 対策②いつでも電話に出られるようにしておこう
  • 対策③閉店時間直前の店での注文はやめよう

続いて、Uber Eats で注文キャンセルになる可能性を減らすための対策はこの三つ。
ひとつひとつ解説していきます。

対策①代金の支払いに現金払いを指定するのをやめよう

まず第一に現金払いをやめること、これに尽きますね。

原因のところでも解説しましたが、Uber Eats の仕様上、現金払いにするだけで配達員が決まりづらくなってしまうんです。

支払いをクレジットカードやPayPayといった電子決済にすることで配達可能な配達員の候補が大きく増えるので、ぜひ検討してみてください。

かたぴ

実際に配達している側として感じるのは、雨の日の現金払いという組み合わせは最悪です。配達員が決まらない可能性が一気に高まるので絶対に避けましょう。

対策②いつでも電話に出られるようにしておこう

Uber Eats で注文したら手元にスマホを置いておきましょう。

商品が売り切れになってしまっていたり、みなさんが入力した住所に不備があったりすると電話がかかってくることがあるからです。

電話にさえ出られれば、注文キャンセルになる可能性も減らせますよ!

対策③閉店時間直前の店での注文はやめよう

閉店時間が近いときは警告文が表示される

閉店時間の直前だと上記画像のように画面上部に警告文が表示されます。

このような表示が出ているときは、その店で注文するのは極力避けましょう。
もしかしたら、注文しても店によってキャンセルされるかもしれません。

なお、その店の営業時間は、店舗情報欄の詳細情報を押すと見られますよ。

自動キャンセルならキャンセル代はかからない

  • 原因①配達員が決まらなかったから
  • 原因②注文した商品が売り切れになってしまったから
  • 原因③店の営業時間外だったから

ここまで紹介してきた三つのキャンセルによって注文が自動で取り消された場合であれば、キャンセル代はかかりません。

また、原因②によって掛かってくるサポートセンターからの電話で注文キャンセルを依頼した場合もキャンセル代はかかりません。

まぁお腹が空いたまま待たされたという悲しい気持ちは残ってしまいますがね…
特に配達員が決まらなかった場合は待ち時間が膨大なこともありダメージは大きいことでしょう。

かたぴ

ちなみに配達員がなかなか決まらないからといって、自動キャンセルではなくアプリ上からご自身で注文をキャンセルをしようとすると商品代だけは請求されてしまうので気をつけてください!
スポンサーリンク

まとめ

注文キャンセルにならないためにみなさんができること
  • 対策①代金の支払いに現金払いをやめて電子決済にする
  • 対策②いつでも電話に出られるようスマホを手元に置いておく
  • 対策③閉店時間直前の店での注文はやめる

以上、Uber Eats の注文がキャンセルされる原因とその対策でした。

次回以降の注文では少しでもキャンセルになる可能性を減らせるよう、紹介した対策を実践してみてくださいね!


2021年6月18日(金) 当サイト限定の最新クーポン更新!

まだ一度もUber Eats で注文したことがない方限定!
下記のプロモーションコードをUber Eats のアプリ上で入力いただくと、1,500円以上の注文が1,800円引きになります!

今すぐお得に使えるプロモーションコード
eats-hgikhh

通常は1,200円引きなのですが、只今増額キャンペーン開催中につき1,800円引きに!

大幅値引きでUber Eats の注文を試せるチャンスです!
このチャンスをお見逃しなく!😄

プロモーションコードの入力方法は下記の記事にて画像つきで解説しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA