「まずはやってみよう!」
時間を大切にして、のびのびと健康に生きるための情報発信ブログ

【Uber Eats】ノーシフト&出勤退勤の連絡不要!配達パートナーという仕事がいかに自由で気楽なのか解説するよ

この記事の対象者
  • シフト制の仕事が好きではない人
  • 仕事する時間を自分で決めたい人
  • 空き時間で気楽に副業やバイトしたい人

みなさんこんにちは。かたぴ(@katapi1103)です。

Uber Eatsの配達の仕事(配達パートナー)について話すと大抵驚かれます。

「そんな自由な仕事ってあるのか」
って。

やはり今までにないくらい自由で気楽な仕事だからでしょう。
おかげで俺も、平日に会社員しながら土日の空いた時間でUber Eatsの配達がやれていますよ。

この記事ではUber Eatsの配達の仕事がいかに自由で気楽なのかを解説します!
時間を有効に使いたい方は要チェックですよ😊


現役配達パートナーであるかたぴもオススメ!

会社員しながらでも土日限定など限られた時間で副業ができちゃいますよ😆
学生やフリーターのバイトとしても優秀なので是非どうぞ!

↓Uber Eatsの配達パートナーの登録はコチラからできます↓

【a】Uber Eats 配達パートナー募集

シフトがない

Uber Eatsの配達の仕事にシフトはないんです。
何日も前から「この日この時間に出勤をする」という宣言をする必要はありません。

俺、シフト勤務って苦手なんですよね。

「なんで出勤する日や出勤する時間帯を1ヶ月前とかに決めなくちゃいけないんだろう?」って。
みなさんはシフト勤務についてどう思います?

実際勤務する日が近づいてきたときに、飲み会とかイベントとか楽しい時間が入ることだってあるじゃないですか。
そんなときに事前に決められた仕事のスケジュールを理由に行けないというのが嫌で。

そんな性格もあり、学生時代の俺は派遣会社に登録してスポット勤務(1日だけ)の仕事ばかりやっていました。
前日とかに仕事募集のメールに対して返信して当日向かうみたいな。

Uber Eatsもそんな派遣のスポット勤務のような自由さがあります。

かたぴ

仕事したいときに仕事して、仕事したくないときにはやらない、そんな自由さが最高ですね。
スポンサーリンク

仕事の時間は自分で好きなように決められる

「シフトがないだけだったら、Uber Eatsの配達って派遣会社のスポット勤務と変わらないのでは・・・?」

そんな声もありそうです。

いやいや!
Uber Eatsの配達の自由さは更にその上をいくんです。

なんでかって言うと、仕事の時間は自分で好きなように決められるから。
何時に出勤して何時に退勤するかはすべて自分次第!

派遣会社のスポット勤務だと、出勤と退勤の時間が仕事をする前から決まってるじゃないですか。
例えば、日勤だと9:00〜18:00とか、短時間にしても13:00〜17:00とか。

その勤務時間内に別の予定が入っていたら、仕事を諦めるか、予定をキャンセルするしかないわけです。

一方のUber Eatsは、仕事する時間帯(朝・昼・夜)も、どのくらいの時間仕事するかも、すべてみなさんの自由。
この日は12:00〜13:00の1時間だけ、この日は18:00〜21:00の3時間といった具合にね。

だから、1日の中で空き時間があるなら、その時間だけUber Eatsの配達の仕事をやるということも可能になるわけです。

かたぴ

時間を効率的に使えるんですよ〜。

出勤や退勤、欠勤の連絡も不要

「仕事する時間は自由に決められても、その時間は誰かに連絡しないといけないの?」

ところが、Uber Eatsの配達の仕事は、出勤と退勤はおろか欠勤の連絡すら不要なんですよー。
個人的に、ここがUber Eatsの一番すごいところと思ってます。

家庭の事情とか体調不良になったとかで仕事に行けなくなることも誰にでもあるはず。
一般的な仕事であれば、そんなときはメールや電話で連絡しますよね。
無断欠勤するわけにもいかないし。

でも、欠勤により担当者や上司に文句を言われるときもあれば嫌味も言われることもある。
そもそも自分都合ゆえ相手に迷惑をかけることになるので申し訳なさもある。

そんなことを考えると
「欠勤の連絡するのもなんかイヤ・・・」
みなさんもそんなことありませんか?

Uber Eatsの配達なら、仕事したいと思った1秒後には仕事が始められます。
逆に、仕事を終えようと思った1秒後には仕事が終えられます(※)。

仕事をするときにはスマホでUber Eatsの配達用のアプリを開いて、オンラインモード(いつでも配達に行けるよモード)にするだけ。
誰かにメールや電話をする必要はありません。

MEMO
※もちろん注文を受注したならば、その配達が終わってから帰るようにしましょう!(飲食店と注文者に迷惑をかけないようにね)
スポンサーリンク

まとめ

自由で気楽なUber Eatsの配達の仕事

  • シフトがない
  • 仕事の時間は自分で決められる
  • 出勤・退勤・欠勤の連絡は不要

自分だけの判断で仕事したいときに仕事できる。
Uber Eatsの配達がいかに自由で気楽な仕事であるということが伝わったならば嬉しいです!


Uber Eatsの配達パートナー向け記事のトップページはこちら。

Uber Eatsの配達パートナー解説トップページ

この記事を書いた現役配達パートナーであるかたぴもオススメ!

会社員しながらでも土日限定など限られた時間で副業ができちゃいますよ😆
時間的自由な新しい仕事、始めてみませんか?

↓Uber Eatsの配達パートナーの登録はコチラからできます↓

【a】Uber Eats 配達パートナー募集

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA