「まずはやってみよう!」
チャレンジし続ける会社員を応援する『かたぴ』のブログ

TOTAL FOODS SYSTEMとは?実際に6日間利用してみた俺が解説するよ 〜トータルワークアウトで食事制限〜

この記事の対象者
  • 健康的に食事制限をやろうと思っている方
  • 高タンパク質&低糖質な食事とはどんなものなのか学びたい方
  • 自分で高タンパク質&低糖質の食事を用意するのが面倒な方

みなさんこんにちは。かたぴ(@katapi1103)です。

トータルワークアウトにはTOTAL FOODS SYSTEMというサービスがあります。
ざっくり言えば健康的なカラダづくりのための食事を提供してくれるサービスです。

参考 TOTAL FOODS SYSTEMTOTAL Workout

従来だと、どんな食事をとったかをパーソナルトレーナーに事後報告して、その都度、
「◯◯を食べましょう」
「△△は栄養的に偏ってるから良くないですね」
のように指導を受けることって多いんじゃないでしょうか。

そんな手間もTOTAL FOODS SYSTEMだと不要でした。
一人ひとりの目的に併せてすべて食事を用意してくれるので、あとは食べるだけです。

一方で、料金は結構高め(後ほど書いてますが)。

なのでなかなか一歩を踏み出せない人も多いんじゃないかな〜と。
俺も結構初めはためらいましたから。

そこでこの記事では、実際に6日間TOTAL FOODS SYSTEMを利用した俺が、TOTAL FOODS SYSTEMがどんなサービスなのか、利用するための手順、食事制限中に気をつけることをすべて体験記として書きました!

TOTAL FOODS SYSTEMの概要

どんなメニューなのか

基本的にほとんどの食べ物がパック詰めされ、冷凍されています。
大半は湯煎で解凍するほか、たまに流水解凍する食べ物も。

メニューは肉、魚、シーフード、野菜と様々です。
ただ、どのメニューにも砂糖や油は使われておらず、化学調味料や合成着色料、香料も使われていません。

食材そのものを活かした味と言いましょうか。
実際に6日間食べ続けましたけど、意外にも、普通においしいんですよね。
食塩が使われているのは大きいかも。

かたぴ

たまにサラダとか、ビーフジャーキーとかもあります。
これらは解凍不要なのですぐに食べられますよ。

日付ごとに食事が分類されている

数日間の食事をいっぺんにもらうと、どれをいつ食べるか分からなくなりそうですよね。

その点も安心でした。
食べる日付ごとにジップロックに分けられているからです。

なので、あとはメニュー表を見て、その日に食べる食事を見て食べるだけです!
(メニュー表を見るにはMyPageにログインする必要があります。詳しくはこちら

メニュー表はMyPage上からいつでも見られる

その日に何を食べたらいいのか?
MyPage上でメニュー表を見ればひと目で分かります。

メニュー表にはその日の摂取カロリーとタンパク質も載っていますよ。

かたぴ

メニュー表はパーソナルトレーナーが更新するので、自分自身が何か入力するといったことはありません。

カロリーとタンパク質

あくまで俺の減量用メニューの話として聞いてくださいな。
TOTAL FOODS SYSTEMを利用した場合の、1日分の摂取カロリーは1,000kcalほどです。

めちゃくちゃ少ないですよね。
基礎代謝だけで毎日1,500kcalほど消費しているので、消費カロリーのほうが上回ってます。

あと、TOTAL FOODS SYSTEMを利用するとタンパク質に関しては1日あたり170〜180gも摂れています。
トレーナー曰く「タンパク質は体重(kg)に2を掛けた数字のグラム分を毎日摂ることが目標」とのこと。

俺の体重は食事制限開始時点で65.0kg。
すなわち1日あたり130gのタンパク質が目標となるわけです。

まぁ170〜180gも摂れてるなら余裕で超えてますね。
筋肉が作られるためにはタンパク質が必要ですから。

1日5食以上

TOTAL FOODS SYSTEMは基本、1日5食を原則としています。

俺の場合だと、1日6食や7食なんて日も。
それだけ1回あたりに食べる量は少ないんですが。

そこまで回数が多い理由は、一度に食べすぎず、かつ空腹になりすぎないレベルを保つため。
何より、2〜3時間に一度の少量の食事をとることで、筋肉が分解されて筋肉量が減ってしまうのを防ぐためです。

この筋肉が分解されてしまう現象をカタボリックというのですが、筋トレするにあたってはカタボリックは極力減らさないといけません。

かたぴ

カタボリックについては以下の記事に書いたので、良ければ併せてどうぞ。

料金

料金は、増量減量などの目的によってまちまちです。

俺の場合は減量メニューでしたが、6日間で24,580円でした。
1日にあたりにすると約4,000円。
正直なところ、決して安くはありません。

こればかりは「料金を手間と比較してどう思うか」ですかね。

TOTAL FOODS SYSTEMを利用すると、徹底的な健康的な食事ができることに加え、以下の手間を省くことができます。

  • 自分でメニュー(食事内容)を考える手間
  • 自分で食材を買いに行く手間
  • 自分で調理する手間

かたぴ

金で時間を買いたい方にはオススメです。

期間

TOTAL FOODS SYSTEMの利用は、最長で連続3週間までとされています。
糖質の制限のしすぎはかえってカラダに悪いからです。

連続3週間を終えた後の10日〜14日間は糖質維持期間と決められています。
糖質を増やしすぎず、でも維持できるレベルで糖質を軽めに摂取するといった具合にね。

糖質維持期間が終われば再びTOTAL FOODS SYSTEMが利用できるようになります。
なので365日ずっと利用できるわけではないので注意してくださいね。

スポンサーリンク

TOTAL FOODS SYSTEMを利用して食事制限を始めるまでの手順

TOTAL Workout Lab.会員になる

TOTAL FOODS SYSTEMを利用するためには、上位会員であるTOTAL Workout Lab.会員になる必要があります。
TOTAL Workout Lab.会員は月額4,320円です(2019/4/22執筆時点)。

かたぴ

余談ですが、TOTAL Workout Lab.会員になると他にも、100万円以上する超精密体組成計が使えるほか、パーソナルトレーニング後にBike Trainingという自転車のトレーニングをやることも可能になります。

パーソナルトレーナーに自己申告

晴れてTOTAL Workout Lab.会員になったら、TOTAL FOODS SYSTEMを利用できるようになります。

パーソナルトレーナーに利用したい旨を伝えましょう。
まぁトレーナーから「フードやりませんか?(TOTAL FOODS SYSTEMのこと)」と言われることもありますがw

TOTAL FOODS SYSTEMを利用することにしたら、後日に時間を設けてトレーナーからヒアリングが行われます(ヒアリングはもちろん無料です)。

パーソナルトレーナーからヒアリング

トレーナーから以下のような質問をされます。
受け取る食事に影響があるので正直に答えましょう。

  • 食べ物でアレルギーはあるか?
  • 嫌いな食べ物はあるか?
  • 肉と魚どっちが好きか?
  • 帰宅するまでの間、冷凍食品を一時的に会社で保存できるか?

最後の質問は、TOTAL FOODS SYSTEMで用意される食事は大半が冷凍食品だからです。
家に持って帰るまでに常温保存はあまり良くないから質問されるのでしょう(パック詰めされてるから大丈夫だとは思うけどね)

かたぴ

俺の場合は嫌いな食べ物はなく、肉でも魚でもどっちでも良かったのでその旨伝えました。
また、会社に冷凍庫もあるし、そもそも会社から徒歩3分で家に戻れるので無問題でした。

ヒアリングの数日後から受取可能

ヒアリングから数日経過した次回のパーソナルトレーニングの日に、ようやくTOTAL FOODS SYSTEMの食事が受け取れます。

トレーナー曰く「パーソナルトレーナーが組んだ食事のメニューは一旦上長によるチェックが入る」とのこと。
なので、ヒアリングしてすぐには受け取れないのです。

そのため、食事制限を始めたい日が決まっているなら前もってトレーナーによるヒアリングをお願いしておきましょう。

かたぴ

食事を受け取るのは退館するとき
そのときに料金も払います。

食事制限中に気をつけること

メニュー表通りに食事をとる

指定されたメニュー表に記載の通りに食事をとってください。

メニュー表はトータルワークアウトのMyPage上で見ることができます。

ログインページからログインし、画面上部より
会員情報>TOTAL Workout Lab.会員>TOTAL FOODS SYSTEM(TOF)>Food Menu
と選択するとメニュー表が表示されますよ。

MEMO
ただし、同日内に限り、メニューの順番を入れ替えることは可能です。
例えば、Menu4を先に食べてMenu3を後で食べるという感じにね。

複数のメニューをいっぺんに食べないこと

一食分の食事をとるときっとこう思うはずです。

「たったこれだけ・・・?」
「まだお腹空いてるよ!」

だからといって、いっぺんに複数の食事をとってはダメ。

理由は先程も書きましたが、カタボリックを防ぐためです。

外食、お菓子、飲み会などの参加は一切禁止

書くまでもないことですが、改めて。
食事制限中は出された食事以外はとってはいけません。

そのため、ランチやディナーで外食する、コンビニでお菓子を買う、飲み会に参加する、宅飲みするなどは厳禁。

せっかく高い金を払ってやるんですから、そこは厳密にストイックにやりましょう。

かたぴ

ここで誘惑に負けたらなんのために食事制限してるんだか分からなくなりますからね〜。

自由に飲める飲み物は原則、水かお茶のみ

食べ物に関しては出された食事以外はとってはいけませんが、飲み物に関しては自分で選ぶことができます。

ただし、飲み物に砂糖が入っていてはいけません。
カロリーも極力ゼロのものを選んでください。

そうなると飲み物は自ずと水かお茶になってしまうんですがね。
なので、コーラといった炭酸系飲料(炭酸水は除く)やエナジードリンク、ジュース、清涼飲料水などは食事制限中に飲むのはNG。

ちなみに、飲み物と言っても、プロテインの摂取も不要です。
トレーナー曰く「1日に必要なタンパク質を食事だけで取り切れないときにプロテインを飲んでください」とのこと。

そもそもTOTAL FOODS SYSTEMで出される食事には、1日の必要なタンパク質が含まれています。
なので、プロテインは飲む必要がありません。

かたぴ

ちなみに、トレーニング中に多くの人が摂取するであろうBCAAはOK。
カロリーゼロで砂糖もゼロですからね〜。
スポンサーリンク

まとめ

TOTAL FOODS SYSTEMとは?

  • 健康的なカラダづくりのための食事を提供してくれるサービス
  • トータルワークアウトが監修している
  • 出された料理を食べるだけ
  • 料金は1日あたり約4,000円
  • 食事制限中は用意された食事以外は食べないこと
  • 食事制限中の飲み物は砂糖禁止&極力ゼロカロリーのものを選ぶこと

以上、TOTAL FOODS SYSTEMの体験記でした!
これから利用してみようと思っている人の参考になったのであれば嬉しいです😊

どれくらい減量できたのかは、改めて記事にしたいと思うのでしばしお待ちを。


こちらも併せてどうぞ。


4ヶ月半で体重-12kg&体脂肪率-8%にしたかたぴが書いた『筋トレ&減量』の記事のトップページはこちら。

健康的なカラダづくりは毎日地道に一歩ずつ! 〜筋トレ&減量トップページ〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA