「まずはやってみよう!」
チャレンジし続ける会社員を応援する『かたぴ』のブログ

4ヶ月半で体重12kg&体脂肪率8%減らして思う毎日の9つの変化

みなさんこんにちは!
週3でパーソナルトレーナー付けて筋トレしてるかたぴです!

今通っているトータルワークアウトというジムで、2019/2/1から本格的に減量を始めて早4ヶ月半。
ついに、体重60.0kgを切るという目標を達成!

結論から言うと、4ヶ月半で体重を約12kg減らし、体脂肪率を約8%減らしました!

減量前(2019/2/1) 減量後(2019/6/14)
体重 71.6kg 59.8kg
体脂肪率 21.5% 13.6%

元々60.0kgというと俺が大学2年生の頃(20歳)の体重でした。
高校生の頃からそれまでほとんど体重が変わらなかったのに、大学2年生以降、徐々に体重が増えていく・・・。

カップ麺菓子パンばかり食べたり、新卒入社した会社で不慣れな仕事や学生気分が抜けきらない社会人生活によるストレスを解消しようとドカ食いしたりしてましたから。
元々食に対して幸せを強く感じる性格なので尚更食べちゃいましたよね。

見事に70.0kgオーバーですよ。
どっかりお腹に脂肪が付きました。

それから2019年頭(28歳)まではほぼ70.0kg前後を行ったり来たりしてたんですが・・・いい加減そんな自分にオサラバしたい。
自分でもだらしない身体だって自覚はありましたから。

そこから心機一転、「絶対に60.0kgまで減らしてやるぞ」という覚悟のもと、時間とお金というリソースの配分をジムに回して、ひたすら筋トレと運動してました。

決して慣れない減量はラクではなかったですし、時間もお金も限られたリソースでしたから切り捨てるものも多かったのですが、それだけ得るものも多かったなと今になって思います。

そこでこの記事では、4ヶ月半で体重12kg&体脂肪率8%減らして思う毎日の9つの変化について書きたいと思います。
減量を頑張ってる人にとって励みになれば幸いです!

体系的な変化

変化①ベルトの穴が足らなくなった

体重と体脂肪率を大きく減らして
「やはりお腹周りが一番変わったなぁ」
と思います。

前から使ってたベルトの穴が足らないんですよ。
一番締めても若干緩いレベル。

かたぴ

逆にスーツは減量前までベルト締めてなかったんですが、減量してからはベルトするようになりました。
じゃないとズボンが落ちるから・・・w

変化②ズボンの『わたり幅』がきつくなった

これはどちらかと言うと脚の筋トレをしてたからではあるんですけれども。
お腹周りはスッキリしたのに、逆にズボンのわたり幅(腿周りの幅)がきつくなりました。

きつくなったのを一番感じるのが座った状態から立ち上がるとき。

座ってると若干ズボンの裾がめくれるじゃないですか。
立ってるときより靴下がよく見えるようになるといいますか。

で、その状態で立ち上がるとめくれた裾がストンと落ちるかと思いきや、腿のあたりでズボンの生地が引っかかるんですよね。
だから、立っても裾がめくれたまま靴下が見えてしまうというw

かたぴ

立ち上がる度に、前屈してめくれた裾を直してます。
新しいズボン買えって話でしょうけどね。

変化③立って靴下を履くときにお腹がつっかえなくなった

靴下を履くときに座るところがあればいいんですが。

スーパー銭湯とかで、周りに椅子がないときやそもそも床に座り込むのはちょっと・・・という場で靴下を履こうと思うと、立って前屈して靴下を履くことってよくあるのではないでしょうか。

前まではそれが結構しんどかったんです。
お腹がつっかえていたので。

今ではそんなこともなくなりました。
靴下を立って履くときにいかにお腹の脂肪がこれまで邪魔していたのかがよく分かりますよ。

変化④妊娠◯ヶ月と言う自虐は封印された

それはそれは脂肪でぽっこりなお腹でしたから。

学生時代や社会人なりたての頃。

周りの野郎友達から太ったことやお腹周りのことを指摘される度に
「今妊娠5ヶ月だから」
「とうとう6ヶ月になった」
とかいう自虐をよくやってました(適切かどうかはさておき)。

・・・まぁ今思うと情けないですね。
自分自身の不摂生で堕落した生活ゆえにそうなったというのに。

かたぴ

今は妊娠0ヶ月です。
スポンサーリンク

意識の変化

変化⑤前より更に自信がついた

元々色々やりたがる性格ではありました。

割となんでもチャレンジするというのは自分らしさを語る上で一つの特徴ではあると思ってるんですが、また一つ自信が付きましたね。
「あぁー筋トレや運動も俺やればできるじゃん!」って。

また一つできることが増えましたよ。
着実に成長してる実感あるし、一歩一歩前に進んでる。

本当にやりたくないことや生理的に受け付けないことを無理にやる必要はありませんが、そうでなければまずはやってみるというのは大事だなって。
やってみなきゃ向き不向きも分からんですし。

かたぴ

過去どうだったかは関係ないですね。「今の自分がどうなりたいか?」「何をしたいか?」を考えたほうが有益です。

変化⑥栄養成分表示を見るようになった

スーパーやコンビニで買うものは明らかに変わりました。

買うかどうかは、美味しそうなものや自分が食べたいものではなく、今の減量(増量)という目的に合ったものかどうかという基準です。

その上でよく見るのは栄養成分表示。
カロリー・タンパク質・糖質・脂質がどれくらい含まれているのか必ず見てますよ。

今だと脂質が高めのものは極力避けるようにしてます。
なるべく脂肪が付かないようにね。

かたぴ

かつてよく食べてたカップ麺とかの栄養成分表示を見ると震えますよ。
1食で脂質60gとかなんなん・・・そりゃこんなの食い続けたら脂肪つくわって・・・。

変化⑦全くジムに行かないことに違和感を覚えるようになった

習慣化に関してよくハミガキに例えられますが、ジムでの運動も同じですね。

冒頭でも書きましたが、今は週3でパーソナルトレーナーを付けてトレーニングをしています。
たまにソロでトレーニングもするので、実質、最低週3以上ジムに通っていることに。

以前だったら月に1,2回しか行かないときが多かったのですが、今そんな回数だったら違和感しかないです。
それだけジムに通って筋トレや運動することが習慣になったから。

かたぴ

習慣化されたらしめたもんです。
何事もそうだけど習慣化にたどり着くまでが本当に難しい!

人間関係の変化

変化⑧セルフブランディングになった

まさか自分が筋トレを語るだなんて想像もしていなかった半年前。

「この人は○○が好きな人」
「○○を聞くならあの人に聞こう」
そんな得意分野を持つ色んな人が皆さんの周りには居るはずです。

すっかり俺は筋トレや減量(増量)も語る人になりました。
こうしてブログなどネットで情報発信するのはもちろん、多くの人がその情報を求めてやって来てくれたり話を聞きに来てくれたりするわけで。

かたぴ

そりゃ筋トレや減量(増量)のガチ勢には到底及ばないですが、全く未経験の人に比べたらだいぶ前を歩くことができてるのかなと。
学んだことを自分自身で実践しているので、今だったらある程度の知見を自分の言葉で語れますよ。

変化⑨周りから見る目が変わった

さすがに体重12kg&体脂肪率8%も減らすと見た目が大きく変わります。
自分でも過去の写真見てやべーなこれって思いますもん。

「痩せたね〜!」
「何kg減ったの?」
「毎日何食べてんの?」

見た目が変わると家族、友達、仕事仲間、色んな人からそりゃもう言われる言われる。

「人は外見じゃない!中身だ!」
なんてことはよく思ってますけど、やっぱ外見の威力は強力です。

かたぴ

人はどうしても見た目から入っちゃうと言いますか。
内向的魅力外向的魅力だけでなく外見的魅力も更に磨いていきたいところです。
スポンサーリンク

まとめ

4ヶ月半で体重12kg&体脂肪率8%減らして思う毎日の変化

  • ベルトの穴が足らなくなった
  • ズボンの『わたり幅』がきつくなった
  • 立って前屈して靴下を履くときにお腹がつっかえなくなった
  • 妊娠◯ヶ月と言う自虐は封印された
  • 前より更に自信がついた
  • 栄養成分表示を見るようになった
  • 全くジムに行かないことに違和感を覚えるようになった
  • セルフブランディングになった
  • 周りから見る目が変わった

見た目の変化は自分にとっても他者にとっても影響を与えたな〜と思います。
意識が変われば行動が変わりますから。

ちなみに減量期間中で俺が減量のために買ったものについては以下の記事にまとめました!
ぜひ参考にしてもらえれば幸いです。

さて、当初の目的は減量だけだったのですが、減量をやり始めたら筋トレそのものが面白くなってきたのもあって、今度は増量に励んでます。
減量してるときはなるべく筋肉を落とさないよう脂肪だけ落とすことが目的でしたが、増量ではなるべく脂肪を付けないように筋肉だけ増やすことが目的です。

せっかく筋トレし始めて成果が出始めてるので、減量だけでなく増量も経験として積んでおきたいじゃないですか。
そしたら両方語れるようになるし。

今後は増量に関する情報も発信していこうと思ってますので引き続きよろしくお願いしますね😆


4ヶ月半で体重-12kg&体脂肪率-8%にしたかたぴが書いた『筋トレ&減量』の記事のトップページはこちら。

健康的なカラダづくりは毎日地道に一歩ずつ! 〜筋トレ&減量トップページ〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA